メインメニューを開く

阿部 正勝(あべ まさかつ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将徳川家の家臣。

 
阿部正勝
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 天文10年6月1日1541年7月4日
死没 慶長5年4月7日1600年5月19日
改名 徳千代(幼名)→正勝
別名 豊臣正勝
官位 伊予守
主君 徳川家康
氏族 阿部氏
父母 父:阿部正宣
江原定次
女子、正次忠吉永井直勝正室、正与

略歴編集

阿部家は徳川家譜代の臣で、正勝は徳川家康今川氏の人質だった頃から仕えた。今川家甲斐武田家などとの戦いで活躍した。

天正18年(1590年)、家康の関東移封に伴い、武蔵国鳩ヶ谷に5000石(のちの鳩ヶ谷藩)を与えられた。慶長元年(1596年)、豊臣姓を下賜された。

慶長5年(1600年)4月、関ヶ原の戦い以前に大坂で死去した。家督は長男の正次が継いだ。

登場作品編集