メインメニューを開く

阿部 正房(あべ まさふさ)は、江戸時代旗本忍藩阿部正能の三男。

 
阿部 正房
時代 江戸時代前期
生誕 万治元年(1658年
死没 享保13年9月30日1728年11月1日
改名 以信(致仕号)
別名 長吉郎、兵庫(通称
官位 従五位下越中守遠江守
幕府 江戸幕府 小姓組番頭、書院番
主君 徳川綱吉家宣家継吉宗
氏族 阿部氏
父母 父:阿部正能、母:牧野信成の娘
兄弟 正武正明正房正員、女(松平康宦正室)
不明
兵庫(早世)、正興、千之助、万之助、岩之丞、正甫、娘(戸田氏常室)、宝蓮院(阿部正喬養女、間部詮言正室)、娘
テンプレートを表示

万治元年(1658年)、阿部正能の三男として生まれる。寛文12年12月8日(1673年)、将軍徳川家綱にはじめて御目見する。延宝5年(1677年)7月4日、兄阿部正武の所領から上総国夷隅郡のうち3000石を分与され、寄合に列する。

貞享4年(1687年)6月13日、小姓組番頭となり、同年12月25日、従五位下越中守に叙任された。元禄10年(1697年)8月28日、書院番頭。宝永3年(1706年)11月26日に江戸城西の丸に勤務し、宝永6年(1709年)から本丸勤めになった。

享保7年(1722年)7月1日、辞職。そして同年12月22日に隠居し以信と名乗る。この時、息子の正興から隠居料として600石を譲られた。享保13年(1728年)9月晦日、死去。享年71。家督は正興が継いだ。

参考文献編集