メインメニューを開く
阿部正教像

阿部 正教(あべ まさのり、1840年1月21日天保10年12月17日) - 1861年7月4日文久元年5月27日))は、備後福山藩阿部家8代藩主。阿部家宗家12代。

第6代藩主・阿部正寧の長男。母は大河内氏。正室は新発田藩主・溝口直溥の娘。第7代藩主・阿部正弘の甥で養子。官位は従五位下、伊予守。

生涯編集

備後福山藩の前藩主・阿部正寧の長男として江戸で生まれる。父・正寧は正教の生まれる前に弟(正教の叔父)の正弘に家督を譲っていたため、正教は安政4年(1857年)に正弘の養子となる。同年、正弘の死去により19歳で家督を継いだ。しかし4年後の文久元年(1861年)、23歳で早逝した。子はおらず、跡は弟の正方が継いだ。

藩主在任中に国内は日米修好通商条約調印、安政の大獄桜田門外の変日米和親条約締結と激動の時代であったが、正教がそれらに関与することはなく、国元の福山藩も特に大きな事件は起きていない。

墓地は西福寺台東区浅草)、のち谷中墓地(台東区谷中)に改葬。は恭德院殿温誉了法性。

外部リンク編集