阿部 正精(あべ まさきよ)は、江戸時代後期の大名備後国福山藩5代藩主。江戸幕府の幕閣で老中を務めた。阿部家宗家9代。官位従四位下侍従

 
阿部正精
Abe Masakiyo(福山).jpg
阿部正精像
時代 江戸時代後期
生誕 安永3年12月24日1775年1月25日
死没 文政9年6月20日1826年7月24日
官位 対馬守備中守従四位下侍従
幕府 江戸幕府 奏者番寺社奉行老中
主君 徳川家斉
備後福山藩
氏族 阿部氏
父母 阿部正倫津軽信寧
兄弟 正精土岐頼潤、定子、松平乗寛正室、
稲葉正備正室、島、三浦毗次正室、
板倉勝尚正室、土井利謙正室ら
土屋篤直松平頼謙娘錫
井出氏、高野貝美子
正粹正寧正弘戸田忠温正室、
井上正春正室、久世広周正室ら
テンプレートを表示

生涯編集

4代藩主・阿部正倫の三男として江戸で生まれる。享和3年(1803年)に正倫の隠居により30歳で家督を相続する。

襲封から半年も経たない文化元年(1804年)に奏者番に就任し、同年寺社奉行を兼任する。その後、病を患い寺社奉行を辞任するが、文化7年(1810年)に再任される。文化14年(1817年)、寛政の改革期から通算26年間にわたり幕閣内に残留する老中首座・松平信明が危篤に陥ったため、将軍徳川家斉は密かに幕閣改造を企てる。まず側近の水野忠成側用人兼務のまま老中格に上げ、続いて正精を寺社奉行から大坂城代京都所司代を飛び越えさせて老中に抜擢した。これは、家斉が寛政の改革の厳しさを嫌っての人事であり、正精が保守派にとって都合の良い存在であったことが伺える。実際、正精の老中在任中に空前の賄賂政治が横行することになった。

正精の老中在職中の功績として、江戸の範囲を確定したことが挙げられる。それには次のようなエピソードがある。

江戸御府内という言葉があるが、言葉だけが独り歩きして、区画が具体的にどこからどこまで指すのかが不明であった。ある大名から書面で伺い書が出され、正精は文政5年(1822年)12月、朱線で囲った地図とともに次のような通達を出している。これは「書面伺之趣、別紙絵図朱引ノ内ヲ御府内ト相心得候様」というもので、

  • 東 … 中川限り
  • 西 … 神田上水限り
  • 南 … 南品川町を含む目黒川辺
  • 北 … 荒川・石神井川下流限り

としたものである。

文政6年(1823年)、正精は病のため老中職を辞し、同9年(1826年)に53歳で藩主在任のまま卒する。跡は三男・正寧が継いだ。

藩政において正精は、先代・正倫の始めた財政再建を継承し、経費削減と負債償還を目指して特定の豪商・豪農に便宜を図り、藩財政に寄与させ、鞆港(鞆の浦)の整備に力を入れた。しかし、10万両を超えるといわれる負債は利子を返済するのがやっとで、財政の健全化に程遠い状況なのは変わりはなかった。

また、江戸駒込藩邸内に学問所を設置したり、民間救済機関で文化教育に取り組む「福府義倉」を援助し、朱子学菅茶山に歴史書「福山志料」の編纂を命じているなど、文化政策に熱心であった。そのため、文化の興隆は阿部期の福山藩で最盛期を迎え、自身も多くの書画を残した。

年表編集

系譜編集

関連項目編集

外部リンク編集