阿部 正興(あべ まさおき)は、上総佐貫藩の第2代藩主。佐貫藩阿部家3代。

 
阿部 正興
時代 江戸時代中期
生誕 享保18年(1733年
死没 宝暦14年3月11日1764年4月11日
改名 増五郎(幼名)、正興
別名 正之(別名)
戒名 浄恵院殿覚峯理玄大居士
墓所 東京都台東区西浅草の東光院
官位 従五位下、山城守、因幡
幕府 江戸幕府
上総国佐貫藩
氏族 阿部氏
父母 父:阿部正福、母:福地氏
養父:阿部正鎮
兄弟 正右正興
正室:阿部正鎮の長女・於雄(徳相院)
継室:大久保忠胤の娘・於状(浄影院)
養子:正賀、娘(阿部正保室)
テンプレートを表示

享保18年(1733年)、備後福山藩阿部正福の四男として生まれる(生年は享保19年(1734年)3月26日とも)。

延享3年(1746年)1月に佐貫藩主阿部正鎮の養子となる。寛延2年(1749年)12月に従五位下・山城守に叙位・任官する。宝暦元年(1751年)の正鎮の死去により家督を継ぐ。宝暦7年(1757年)に因幡守に遷任する。

宝暦14年(1764年)3月11日に死去した。享年32。跡を養子の正賀(正鎮の実子)が継いだ。