阿部氏 (徳川譜代)

阿部氏(あべし)は、武家華族だった日本の氏族。三河の松平氏(徳川氏)譜代の家臣で江戸時代には譜代大名(宗家は備後国福山藩主)だった。維新後には宗家は華族の伯爵家に列した[1]

出自編集

始祖は孝元天皇の第一皇子阿部大彦命であると称する。阿倍比羅夫阿倍仲麻呂らもこの一族という[2]

阿部定吉などの系統編集

戦国時代においては、のちの柳営秘鑑の中で『安祥譜代7家』の1つに挙げられるほどの古参であり、そこでは下記のように記されている。

一、三河安祥之七御普代、酒井左衛門尉、元来御普代上座、大久保本多、元来田ニ作(?)、中興ニ至テ美濃守故有之多ニ改。阿部、石川植村、右七家を云

この当時、著名な人物に徳川家康の祖父・松平清康の時代から松平氏に仕えた阿部定吉がいる。

森山崩れによって主家の存亡が危ぶまれるが、遠征中の主君・清康を殺した張本人というのが定吉の子・阿部正豊であった。遠征先で即座に討ち果たされた正豊について、その罪を問われることなく、その後も松平氏に仕え続けた定吉ではあったが、系統は彼の代で断絶した(もっとも井上氏は定吉の流れといわれる)。

松平氏に仕えた阿部氏は、他にも阿部正勝の系統が知られる。ただし、定吉とのつながりは明確でない。

系譜編集

阿部定時
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
定吉定次
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
正豊井上氏
井上清秀
忠政
[正吉 1]
 
 
[旗本]
正之
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大久保正朝大久保忠隆正重
  1. ^ 大久保忠次の子。

阿部正勝流編集

阿部正勝の系統は、正勝の子・正次江戸幕府大坂城代を務めたことをきっかけに、分家でも大名に取り立てられて広がっていく。正次以降でも、幕閣を担った人材を多数輩出してきた。中でも徳川家光の頃に老中を務めた阿部忠秋、幕末の老中筆頭を務めた備後福山藩主の阿部正弘などが知られている。以下の一覧や系図に挙がっている以外にも、旗本として分家した家系が複数存在している。維新後大名の阿部氏のうち本家にあたる備後福山藩主家は伯爵[1]、分家の棚倉藩主家と佐貫藩主家は子爵に列した[3]。阿部伯爵家の邸宅は東京市本郷区駒込西片町にあった[4]。棚倉阿部子爵家の邸宅は東京市麻布区霞町[5]、佐貫阿部子爵家の邸宅は千葉県君津郡佐貫町にあった[6]

本家
  正次流(宗家)
  1. 武蔵国鳩ヶ谷藩5000石(1616年(元和2年)時で2万2000石) 1600年(慶長5年)入封
  2. 上総国大多喜藩3万石 1617年(元和3年)入封
  3. 相模国小田原藩5万石 1619年(元和5年)入封
  4. 武蔵国岩槻藩5万5000石(1647年(正保4年)時で9万9000石) 1623年(元和9年)入封
  5. 丹後国宮津藩9万9000石 1681年(天和元年)入封
  6. 下野国宇都宮藩10万石 1697年(元禄10年)入封
  7. 備後国福山藩10万石(1852年(嘉永5年)時で11万石) 1710年(宝永7年) - 1871年(明治4年)廃藩
分家
  忠秋流(豊後守家)※
※ただし忠秋には嫡子がなく、従兄弟の政澄から養子をとったので、血統は政澄の流れ。
  1. 下野国壬生藩2万5000石 1635年(寛永12年)入封
  2. 武蔵国忍藩5万石(1694年(元禄7年)時で10万石)1639年(寛永16年)入封 
  3. 陸奥国白河藩10万石 1823年(文政6年)入封 
  4. 磐城国棚倉藩10万石(1871年(明治4年)時で4万石) 1866年(慶応2年) - 1871年(明治4年)廃藩
  正春流(因幡守家)
  1. 三河国刈谷藩1万5000石 1702年(元禄15年)入封
  2. 上総国佐貫藩1万6000石 1710年(宝永7年) - 1871年(明治4年)廃藩

大名阿部氏系譜編集

出典編集

  1. ^ a b 小田部雄次 2006, p. 323.
  2. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典『阿部氏』 - コトバンク
  3. ^ 小田部雄次 2006, p. 327.
  4. ^ 華族大鑑刊行会 1990, p. 104.
  5. ^ 華族大鑑刊行会 1990, p. 402.
  6. ^ 華族大鑑刊行会 1990, p. 306.

参考文献編集

  • 小田部雄次『華族 近代日本貴族の虚像と実像』中央公論新社中公新書1836〉、2006年(平成18年)。ISBN 978-4121018366
  • 華族大鑑刊行会『華族大鑑』日本図書センター〈日本人物誌叢書7〉、1990年(平成2年)。ISBN 978-4820540342

関連項目編集