阿部 真琴(あべ まこと、1908年明治41年)11月6日[1] - 1988年昭和63年)1月13日)は、日本史学者

愛知県岡崎市出身[1]。1931年東京帝国大学文学部国史学科卒、1951年神戸大学文理学部助教授、1958年文学部教授、1972年定年退官、名誉教授徳川林政史研究所。1988年、急性心不全のため死去[1]

著書編集

  • 『上知問題』東方書院 日本宗教講座、1934
  • 『新講大日本史 第7巻 幕末維新時代史』雄山閣、1942
  • 『兵庫米騒動記』新日本新書、1969

共編著編集

翻訳編集

  • スウェッテナム『英領マライ史 英国の経略過程』北海出版社、1943

脚注編集

  1. ^ a b c 『現代物故者事典 1988~1990』(日外アソシエーツ、1993年)p.31

参考編集