メインメニューを開く

阿部 秀司(あべ しゅうじ、1949年8月7日[1] - )は、日本の映画プロデューサー阿部秀司事務所代表。東京都出身。

元CMディレクター、クリエイティブディレクター、コピーライター

目次

経歴編集

慶應義塾大学法学部政治学科卒業。

広告代理店・第一企画(現:アサツー ディ・ケイ)から独立後、企画制作プロダクションROBOTを設立。

岩井俊二の映画デビュー作品『Love Letter』『Undo』『PiCNiC』の制作をきっかけに映画プロデュースを開始。他にも、本広克行森淳一羽住英一郎小泉徳宏らの映画デビュー作を世に送り出している。

フジテレビ日本テレビテレビ朝日など民放キー局との連携を武器に圧倒的なプロモーション活動を展開、

ALWAYS 三丁目の夕日』などの大ヒット作を送り出している。

2005年、日本映画テレビプロデューサー協会選出のエランドール賞を受賞。

2010年3月、ROBOTを退職、創業者・顧問に就任。

2010年7月、株式会社阿部秀司事務所を設立。

2015年、『STAND BY ME ドラえもん』の製作において伊藤善章・梅澤道彦とともに、第34回藤本賞を受賞[2]

映画編集

関連項目編集

注釈編集

  1. ^ 阿部秀司事務所・プロフィールより
  2. ^ 第34回藤本賞に「STAND BY ME ドラえもん」製作陣、続編製作に意欲”. 映画.com (2015年6月4日). 2015年6月5日閲覧。

参考文献編集

  • 阿部秀司『じゃ、やってみれば: “感動という商品”を創り続ける男の言葉36』日本実業出版社、2012年1月。ISBN 978-4-534-04910-0

外部リンク編集