メインメニューを開く

阿部 翔平(あべ しょうへい、1983年12月1日 - )は、神奈川県出身のサッカー選手。ポジションはDF(おもに左サイドバック)。

阿部 翔平 Football pictogram.svg
名前
愛称 アベショー
カタカナ アベ ショウヘイ
ラテン文字 ABE Shohei
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1983-12-01) 1983年12月1日(35歳)
出身地 神奈川県横浜市
身長 171cm
体重 70kg
選手情報
在籍チーム TOKYO CITY F.C.
ポジション DF
利き足
ユース
1999-2001 市立船橋高校
2002-2005 筑波大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2006-2013 名古屋グランパス 226 (0)
2014-2015 ヴァンフォーレ甲府 67 (2)
2016-2017 ジェフユナイテッド千葉 33 (1)
2017 →ヴァンフォーレ甲府 (loan) 24 (1)
2018 ヴァンフォーレ甲府 0 (0)
2019- TOKYO CITY F.C.
代表歴
2009  日本 0 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2019年2月19日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

来歴編集

小学校1年生で黒滝サッカークラブでサッカーを始める。中学校時に地元の横浜フリューゲルスジュニアユースへ推薦を受け[1]、そのままチームが消滅する1998年まで所属した。

船橋市立船橋高等学校へ進学。3年生時にはミッドフィールダーとして背番号10を背負ってキャプテンを務め、第80回全国高等学校サッカー選手権大会にも出場した[2]筑波大学進学後はディフェンダー(サイドバック)へ転向し、4年生時にはユニバーシアード日本代表に選出された[3]。大学での同期には来栖由基秋葉陽一藤本淳吾中野洋司がいる。

2006年名古屋グランパスエイトへ入団。2007年シーズン途中から主に左サイドバックや左サイドハーフでの出場機会が増え、また負傷者が続出したチーム事情からセンターバックを務める場面もあった[4]。体格は大きくないながらも高い身体能力で守備をこなし、この年のチームの新人王を獲得した。

2008年に就任したストイコビッチ監督によって、基本システムが3バックから4バックに変更される過程で左サイドバックに定着し、リーグ戦全34試合に出場した。また、前年まで有村光史が背負っていた背番号6に変更された。6月8日ヤマザキナビスコカップ予選リーグ第6節浦和レッズ戦でプロ入り初ゴールを決めた。12月には日本代表に初招集され[5]Jリーグアウォーズ優秀選手賞にも選出された[6]。2009年1月のAFCアジアカップ2011 (予選)で代表に選出された[7]

2009年以降も左サイドバックのレギュラーとしてほぼ全試合に出場を続けたが、2013年シーズンをもって契約満了により名古屋を退団した[8]

2014年1月7日、ヴァンフォーレ甲府への加入が発表された[9]。8月23日のガンバ大阪戦でJリーグ初得点を記録。247試合目での初得点は桑原裕義の244試合を更新するJ1最遅初得点記録となった[10]。 甲府では全試合に左ウイングバックとして先発出場し、2年連続のJ1残留に貢献した。

2015年12月15日、ジェフユナイテッド市原・千葉への完全移籍が発表された[11]。初めてのJ2でのプレーとなる。

2017年3月、ヴァンフォーレ甲府へ期限付き移籍で復帰[12]。5月7日、第10節のジュビロ磐田戦で史上92人目となるJ1通算300試合を達成した[13]。シーズン終了後に完全移籍で甲府に加入した[14]

2019年2月19日、TOKYO CITY F.C.に完全移籍により加入すると発表された[15]

所属クラブ編集

個人成績編集

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2002 筑波大 20 - - - 1 0 1 0
2005 7 - - - 1 1 1 1
2006 名古屋 31 J1 9 0 3 0 0 0 12 0
2007 27 0 5 0 2 0 34 0
2008 6 34 0 8 1 2 0 44 1
2009 32 0 1 0 5 0 38 0
2010 31 0 6 0 1 0 38 0
2011 32 0 2 0 1 0 35 0
2012 29 0 3 0 2 0 34 0
2013 32 0 5 0 1 0 38 0
2014 甲府 27 34 1 4 0 1 0 39 1
2015 33 1 3 0 0 0 36 1
2016 千葉 J2 33 1 - 1 0 34 1
2017 0 0 - - 0 0
甲府 J1 24 1 0 0 1 0 25 1
2018 J2 5 0 4 0 3 0 12 0
2019 東京C 東京都2部 -
通算 日本 J1 317 3 39 1 17 0 373 4
日本 J2 38 1 4 0 4 0 46 1
日本 東京都2部 - -
日本 - - 2 1 2 1
総通算 355 4 43 1 23 1 421 6
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFCACL
2009 名古屋 6 8 0
2011 7 0
2012 6 0
通算 AFC 21 0

代表歴編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 阿部翔平オフィシャルブログ ブログならしゃABEります!? (2008年9月26日). “たけうち☆あきら”. 2009年12月25日閲覧。
  2. ^ スポーツナビ. “第80回高校サッカー 出場校横顔 千葉県代表 市立 船橋(3年連続13回目)”. 2013年5月25日閲覧。
  3. ^ 【全国】ユニバーシアード代表候補最終選考合宿メンバー - ウェイバックマシン(2005年7月11日アーカイブ分) - 大学サッカーニュース(2005年6月24日)
  4. ^ 中日スポーツ (2007年7月8日). “「集中力」でスタメン定着だ DF阿部翔平”. 2009年12月25日閲覧。
  5. ^ 日刊スポーツ (2008年12月26日). “名古屋DF阿部翔平を日本代表に追加招集”. 2009年12月25日閲覧。
  6. ^ サポティスタ (2008年12月13日). “Jリーグが優秀選手賞優秀新人賞を発表”. 2009年12月25日閲覧。
  7. ^ AFCアジアカップ2011カタール予選”. 日本サッカー協会. 2019年2月19日閲覧。
  8. ^ 名古屋グランパス (2013年11月22日). “契約満了選手のお知らせ”. 2014年8月23日閲覧。
  9. ^ ヴァンフォーレ甲府 (2014年1月7日). “阿部 翔平選手 名古屋グランパスより加入のお知らせ”. 2014年8月23日閲覧。
  10. ^ ゲキサカ (2014年8月23日). “甲府DF阿部が247試合目、J1最遅初ゴールも…G大阪が意地のドローに持ち込む”. 2014年8月23日閲覧。
  11. ^ ジェフユナイテッド市原・千葉 (2015年12月15日). “阿部翔平選手加入のお知らせ”. 2015年12月15日閲覧。
  12. ^ ヴァンフォーレ甲府 (2017年3月12日). “阿部 翔平選手 ジェフユナイテッド千葉より期限付き移籍加入のお知らせ”. 2017年3月12日閲覧。
  13. ^ 2017明治安田生命J1リーグ 第10節 阿部 翔平 選手(甲府)J1通算300試合出場達成”. Jリーグ.jp (2017年5月7日). 2018年8月31日閲覧。
  14. ^ 阿部 翔平選手 ジェフユナイテッド千葉より完全移籍加入のお知らせヴァンフォーレ甲府 2017年12月30日
  15. ^ “阿部翔平選手 ヴァンフォーレ甲府より完全移籍のお知らせ” (プレスリリース), TOKYO CITY F.C., (2019年2月19日), https://tcfc.jp/news/detail/id/10906 2019年2月19日閲覧。 
  16. ^ a b 菅田小卒のJリーガー 阿部翔平選手が「夢」語る 40周年記念で講演”. タウンニュース神奈川区版 (2012年2月2日). 2019年2月19日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集