メインメニューを開く

プロフィール編集

  • 身長:175cm
  • 体重:62kg
  • 血液型:RH+O
  • 趣味:水泳

1997年は全日本カート競技選手権にスポット参戦し、1998年よりFAクラスをフル参戦しシリーズ9位。MOTEGIカート選手権も参戦し、FAクラスでシリーズ2位。那須スーパーカップにも参戦しFAクラス優勝した。MOTEGI CUPにも参戦しFAクラスを優勝。1999年には全日本カート競技選手権・東地域を参戦し、東西統一戦はFAクラス6位、シリーズランキング2位を獲得。FMK-FIA WORLD CUP KART RACE IN JAPAN FAクラス出場。

2000年鈴鹿サーキットレーシングスクール フォーミュラ入学。2001年から2002年はフォーミュラ・ドリーム参戦。2003年から2005年までフォーミュラ・トヨタ参戦し、2005年は優勝4回している。

2006年SUPER GTのチーム・タケウチのオーディションを受けるが、嵯峨宏紀にポジションを奪われ、活動を休止している。2007年はカレラカップジャパンに参戦し、見事優勝を飾る。 2008年RACING PROJECT BANDOHからSUPER GT GT300クラスにフル参戦し、第7戦(ツインリンクもてぎ)では最後尾スタートから優勝を果たした。2009年はUP START タイサンポルシェで参戦。

2010年はGT300クラスのアップスタート MOLA Zのレギュラードライバーとして第2戦岡山で優勝を飾るなどしたが、2011年はレギュラーシートを失い、第3戦セパンでのアレキサンドレ・インペラトーリ(SG CHANGI IS350)の代役でのスポット参戦に留まる。 2012年はSUPER GTのスポット参戦もなく、スーパー耐久などに出場していたが、2013年1月、自身のブログでレース活動の引退を発表[1]。現役当時は会社員(株式会社NGWジャパン)として働きつつ[2]レース活動を行っていた。

レーシングドライバー引退後、エナジードリンクブランド「KiiVA」(キーバ)を設立。2017年現在、同社の製品はミニストップの一部店舗で取り扱っているほか、通信販売での購入も可能。関口雄飛の個人スポンサーも務めている。

レース戦績編集

SUPER GT編集

所属チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 順位 ポイント
2008年 RACING PROJECT BANDOH トヨタ・セリカ GT300 SUZ
7
OKA
Ret
12位 40
レクサス・IS350 FSW
9
SEP
Ret
SUG
15
SUZ
19
TRM
1
AUT
10
FSW
5
2009年 TEAM TAISAN ポルシェ・911 GT3RS GT300 OKA
10
SUZ
10
FSW
4
SEP SUG
7
SUZ
16
FSW
14
AUT
9
TRM
9
13位 18
2010年 MOLA 日産・フェアレディZ GT300 SUZ
2
OKA
1
FSW
12
SEP
6
SUG
8
SUZ
16
FSW
C
TRM
14
6位 43
2011年 Team SGC レクサス・IS350 GT300 OKA FSW SEP
Ret
SUG SUZ FSW AUT TRM NC 0

脚注・出典編集

外部リンク編集