メインメニューを開く

阿部 致康(あべ おきやす)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武士陸奥国湯長谷藩(福島県いわき市)の家臣、阿部五次右衛門家の祖。官位従五位下右衛門尉右京亮

 
阿部致康
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 天正13年(1585年
死没 正保2年(1645年
改名 勧修寺致房/致康→阿部致康
官位 従五位下右衛門尉右京亮
主君 徳川家康
氏族 勧修寺家阿部氏
父母 父:勧修寺晴豊、母:土御門有脩
兄弟 勧修寺光豊甘露寺経遠伊達行源
坊城俊昌致康鳳林承章
佐久間安政継室
芝山宣豊
養子:房豊

経歴編集

准大臣勧修寺晴豊の五男として誕生。初名は勧修寺致房(または、勧修寺致康)。始め神祇管領長上吉田兼治の猶子、のち出家し愛宕山大善院の別当となる。

慶長8年(1603年)、兄・勧修寺光豊武家伝奏)の命で還俗し徳川家康に仕える。のちに、徳川家康より偏諱「康」の字を賜い武士となる。寛永3年(1626年)、大坂城代阿部正次の猶子となり、阿部右京と称す。

養子(孫)・阿部房豊(五次右衛門)は、大坂定番遠山政亮(初代・湯長谷藩主)に仕え、子孫は代々給人格(扶持米取)に列す。