メインメニューを開く

阿部 良雄(あべ よしお、1932年5月23日 - 2007年1月17日)は、日本のフランス文学者東京大学名誉教授。

目次

人物編集

東京に生まれる。東京大学文学部仏文科卒業、同大学院修了。フランス政府招聘留学生として高等師範学校(エコール・ノルマル・シュペリユール)に学び、パリのCNRS(国立科学研究センター)研究員、東洋語学校講師として長くパリに滞在。その間、中央大学助教授の職も経験。1970年より東大教養学部助教授、教授。1993年定年退官後は上智大学教授。同大学定年退官後は、帝京平成大学文化情報学科教授。

ボードレール研究の第一人者で、『全集』の個人完訳を刊行、『シャルル・ボードレール 現代性の成立』で博士号取得、和辻哲郎文化賞、日仏翻訳文学賞受賞。追悼誌に『水声通信No.18  特集阿部良雄の仕事』(2007年6月号、水声社)がある。

父は英文学者・作家の阿部知二。妻はフランス文学・美術研究者・詩人の與謝野文子与謝野晶子の孫)、弟に美術評論家の阿部信雄。娘は美術史研究者の阿部真弓(イタリア政府給費留学生、日本学術振興会特別研究員、独立行政法人国立美術館・国立新美術館勤務を経て、国立西洋美術館リサーチフェロー)。義兄弟に与謝野馨、与謝野達(BNPパリバ(本部フランス)日本支店勤務のバンカー)。

著書など編集

単著編集

  • 『若いヨーロッパ--パリ留学記』 河出書房新社, 1962年/中公文庫, 1979年・復刊1991年
  • 『夢の展開』私家版 1965年
  • 『西欧との対話--思考の原点を求めて』 河出書房新社, 1972年/第三文明社レグルス文庫〉, 1991年
  • 『群衆の中の芸術家--ボードレールと十九世紀フランス絵画』 中央公論社, 1975年/中公文庫, 1991年/ちくま学芸文庫, 1999年
  • 『悪魔と反復--ボードレール試解』 牧神社, 1975年
  • 『絵画が偉大であった時代』 小沢書店, 1980年
  • 『ひとでなしの詩学』 小沢書店, 1982年
  • 『イメージの魅惑』 小沢書店, 1990年
  • 『モデルニテの軌跡--近代美術史再構築のために』 岩波書店, 1993年
  • 『シャルル・ボードレール--現代性の成立』 河出書房新社, 1995年

共著編集

翻訳編集

編著編集

  • 『新しいフランス』(渡辺一夫と共編) 河出書房新社, 1964年
  • 『ユリイカ臨時増刊 ボードレールの世界』1973年5月号, 青土社。単行判1976年
  • 『クールベ 現代世界美術全集5』 講談社, 1981年
  • 『バルテュス』(与謝野文子と共編)白水社, 1986年。新装版2001年
  • 宮川淳著作集』全3巻(共編) 美術出版社, 1999年