メインメニューを開く
阿部重孝

阿部 重孝(あべ しげたか、1890年2月11日 - 1939年6月5日)は、日本の教育学者。新潟県生まれ。

1913年東京帝国大学文科大学教育学科を卒業。1919年文学部教育学講座助教授、1934年教授に就任。専門は教育制度および教育行政。教育学研究室教育思潮研究会の基礎を作った。海外教育思潮の研究者兼紹介者。制度の分析に関しては、国を代表する第一人者の立場にあった。六・三・三制(6・3制)への移行を唱えた。アメリカ教育制度を研究し、ロシア教育学における心理学応用を紹介した[1]。教育科学という術語の普及をはかった一人でもある。晩年には、教育研究会[2]を組織し、これは1937年5月教育改革同志会に発展、同年の教育制度改革案の作成を主導した。[3][4]

論文編集

  • 「学制改革問題」1931年
  • 「学科過程論」1932年
  • 「教育財政」1933年
  • 「教育研究法」1933年
  • 「敎育科檢定試驗問題の分析」1933年[5]

著書編集

  • 『藝術教育』教育研究會、1922年
  • ドルトン案の教育』教育研究會、1923年
  • 『小さい敎育學』廣文堂、1927年
  • 『敎育學』春秋社・春秋文庫、1929年
  • 『歐米學校教育發達史』目黒書店、1930年
  • 『學校敎育論』敎育研究會、1930年
  • 『昭和十二年度教育学槪論』東京プリント刊行会、1936-37年 
  • 『新興日本の教育』日本青年館、1937年
  • 『教育改革論』岩波書店、1937年
  • 『敎育制度』帝国敎育会第七回世界敎育會議日本事務局、1937年
  • 阿部重孝著作集』全8巻(伊ケ崎暁生寺崎昌男共編)日本図書センター、1983年

:共著

:共編著

  • 『教育学辞典』第1-5巻 編 岩波書店 1936-40年(のうち生前編集部分に参加)

訳編書編集

  • 『モイマン実験教育学綱要』(上野陽一と共編)大日本図書、1919年

参加シンポジウム(誌上討論)編集

  • 「小学校教育の問題シムポジウム」(岩波講座『教育科学』13所収)1932年
  • 「中学校教育の問題シムポジウム」(岩波講座『教育科学』15所収)1932年

脚注編集

  1. ^ アレクサンドル・ネチャーエフらによる心理学と実験教育学とに関する研究を紹介した。
  2. ^ 後藤文夫、関口泰、宮島清、田澤義鋪、佐々木秀一、後藤隆之助、阿部が構成員。
  3. ^ 『阿部重孝著作集全8巻』日本図書センター、1983年
  4. ^ 城戸幡太郎著『教育科学七十年』北大図書刊行会、1978年
  5. ^ 雑誌『教育』第1巻第1號p120 岩波書店、1933年4月

外部リンク編集

  • デジタル版日本人名大辞典[1]
  • "阿部重孝". Find a Grave. Retrieved 2016年6月12日.
  • 阿部重孝 - 歴史が眠る多磨霊園