本来の表記は「陰夔」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

陰 夔(いん き、生没年不詳)は、中国後漢時代末期の政治家、武将。

事跡編集

姓名 陰夔
時代 後漢時代
生没年 〔不詳〕
字・別号 〔不詳〕
出身地 〔不詳〕
職官 豫州刺史
爵位・号等
陣営・所属等 袁尚
家族・一族 〔不詳〕

袁紹の三男袁尚の配下。かつては豫州刺史を務めたとされるため、袁氏家臣団の中でもかなり高位の人物と見られる。

建安7年(202年)の袁紹没後に、長男の袁譚と三男の袁尚が後継争いを起こした。その際に、騎都尉崔琰を双方が招聘したが、崔琰は病気と称していずれにも与さなかった。そのため崔琰は、怒った袁尚に収監されてしまう。袁尚配下の陰夔と陳琳が取りなしたおかげで、なんとか赦免された。

建安9年(204年)、袁尚は、を守備する袁尚の参謀審配を救援するために、鄴を包囲する曹操軍と戦う。しかし敗北を積み重ね、ついには降伏の使者として陰夔と陳琳を曹操の下に派遣したが、拒絶される。陰夔は都督将軍馬延・射声校尉郭昭と共に曹操に投降した。[1]

小説『三国志演義』では、曹操への降伏の使者となった時のみ登場している。

参考文献編集

  • 後漢書』列伝64下袁紹伝(付・袁譚伝)
  • 三国志』魏書1武帝紀 魏書6袁紹伝(付・袁譚袁尚伝) 魏書12崔琰伝
  • 三国演義

注釈編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 陳琳『檄呉将校部曲文』(蕭統文選』巻44に引用)