陳其邁

台湾の医師、政治家

陳 其邁(ちん きまい、チェン・チーマイ、1964年12月23日[1] - )は、中華民国台湾)の医師内科医[2]産婦人科医[注 1])、政治家民主進歩党所属)。高雄市長(代理、2005年)、立法委員(通算5期)を経て[3]2018年中華民国統一地方選挙で高雄市長候補として出馬するも敗退[4]。2019年より蘇貞昌内閣の行政院副院長[5]。2020年8月、高雄市長に当選[6][注 2]。祖籍は台南県善化鎮(現・台南市善化区)。

陳其邁
Chen Chi-mai
Chen Chi-mai election infobox.jpg
生年月日 (1964-12-23) 1964年12月23日(56歳)
出生地 中華民国の旗 中華民国 (台湾)
台湾省基隆市(現・基隆市)
出身校 中山医学大学医学部
国立台湾大学公共衛生研究所
所属政党 Green Island with White Cross.svg 民主進歩党
配偶者 吳虹

中華民国の旗 高雄市の旗 第3代高雄市長
当選回数 1回
在任期間 2020年8月24日 -

内閣 蘇貞昌(第2次)
在任期間 2019年1月14日 - 2020年6月19日

中華民国の旗 第8-9期立法委員
選挙区 不分区中国語版
当選回数 2回
在任期間 2012年2月1日 - 2018年11月3日

高雄市の旗(代理)高雄市長(高雄県と合併改制前)
在任期間 2005年2月1日 - 2005年9月26日

在任期間 2004年5月20日 - 2005年2月1日
テンプレートを表示
陳 其邁
出身地: 中華民国の旗 中華民国 (台湾)台湾省高雄市
職業: 医師、政治家
籍貫地 中華民国の旗 中華民国 (台湾)台湾省台南県善化鎮
(現・台南市善化区
出生地: 中華民国の旗 中華民国 (台湾)台湾省基隆市
各種表記
繁体字 陳其邁
簡体字 陈其迈
拼音 Chén Qímài
通用拼音 Chén Qí-mài
注音符号 ㄔㄣˊ ㄑㄧˊ ㄇㄞˊ
台湾語 Tân Kî-māi
和名表記: ちん き まい
発音転記: チェン チー マイ
英語名 Chen Chi-mai
テンプレートを表示

経歴編集

学歴編集

学生時代には父の影響もあり、三月学運に参加していた[8]。台大ではのちに中華民国副総統となる陳建仁の門下生として公衆衛生分野も修めた[9]長庚医院中国語版(内科[10][注 1])での勤務を経て、その後政界に進出[3]

政界編集

党職員、立法委員(第3-5期)[3]を経て、2005年に当時の高雄市長謝長廷が行政院長へ転身したことに伴い代理市長(直轄市では当時最年少)となり[10]第55回ベルリン国際映画祭銀熊賞(芸術貢献賞)を受賞した台湾映画の『西瓜(原題:天邊一朵雲)』について、舞台となった高雄の知名度を飛躍させたとして、監督の蔡明亮に報奨金1,000万ニュー台湾ドルを授与している[12]。同年8月に発生した高雄捷運建設事業現場での外国人労働者の暴動(zh:高雄捷運泰勞抗暴事件)で引責辞任[10]ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス客員研究員(2005-2006)を経て[10]、再度立法委員(第8、9期)を務める[3]

行政院副院長編集

2019年初夏に地元の高雄でデング熱が蔓延し、陳が中央政府の一員として派遣されたが、新市長の韓国瑜の対応の遅れが目立っていたことから中国語版ウィキペディアでは陳の記事に兼任高雄市長と記述されてしまうほどだった[13]

COVID-19編集
 
国家衛生指揮中心(NHCC)での蔡英文(左)、陳時中(中央)、陳其邁(右)。(2020年2月7日)

2019年末から2020年1月上旬にかけて、新型コロナウイルスの中国での流行とヒトからヒトへの感染可能性を察知すると、中華民国総統選挙を目前にし、かつ空軍ヘリ墜落事故などの対応にも追われる中でも、防疫の専門家として上官の蘇貞昌(行政院長)とともに水際対策における各省庁の横断的な調整を一手に担った。陳と行政院秘書長を務める李孟諺中国語版[注 3]2人が各部会との協議で集約した意見を蘇に上申し、蘇が即座に政府決定として実行に移すという「鉄のトライアングル」と称される体制で防疫にあたった[14]

渡航歴や行動歴、マスク購入歴を健康保険ICカードと紐づけるシステムを数日で構築させた際には「まるで脅迫」と自嘲している[15]

マスクの確保では「予算と責任は自分が負う」として、沈栄津経済部部長で工場自動化が専門)には国内での生産ライン構築に注力させ、在庫管理と製造装置の調達を支援。数ヶ月かかると言われた日産1,000万枚体制を1か月弱で実現した。流通面では唐鳳(IT担当政務委員)との会議で生まれたアイデアを採用し、実名制と在庫の可視化を通じてトップダウンながらも市民生活への影響を最小限に抑えるべく奔走した[16]

国民への広報は陳時中中央流行疫情指揮中心(CECC)指揮官で衛生福利部部長)に一任し、自分は最前線に立つ時中の兵站役に徹していると語っている[17]

高雄市長選挙再出馬編集

2020年6月6日の罷免投票で韓国瑜の解任が決定し、12日に失職が決定したことに伴う補選(投票日は8月15日)で其邁の出馬が決定し、行政院長蘇貞昌へ辞表を提出した[18]

民選選挙が施行されて初の直轄市長補欠選挙は、期間中に女性高雄市議だった国民党の公認候補が国立中山大学での論文瓢窃疑惑が取りざたされたことや[19]、陳が行政院副院長としての新型コロナ防疫で政治家として目に見える実績を残したことから序盤から陳陣営優位に展開し[20]、2020年3度目となる市内大型投票だったことから投票率は正規の市長選から大幅に落ち込み、6月の罷免投票とほぼ同じ40%台だった。そのような情勢で陳は2014年の選挙で陳菊が記録した68%を更新する同市歴代最高の70.03%の得票率を獲得、38行政区中35行政区を制し圧勝した[21]阿蓮区では陳の得票率が77.69%に達し、年初の総統選・立法委員選および6月の罷免投票で全市最高の投票率だった橋頭区は今回も市内最高の投票率49.06%で、陳の得票率も77.32%だった[21]。選挙期間中にはGoogleで『韓國瑜 發言人[注 4]』の検索結果に陳が表示されたり、投票日前にもかかわらず中国語版ウィキペディアの陳の記事が『第3代高雄市長』と書き換えられるなどの騒動があった[22]。8月21日、24日の就任を控え市政府の新人事を発表[23]

家庭編集

父の陳哲男中国語版も立法委員などを務めた政治家[8]マレーシア華僑の家系の夫人は其邁と同じ大学出身の産婦人科医で、高雄長庚医院での勤務を経て高雄市内で開業医[24]。夫人との間に一男一女をもうけた[10]

第14代総統蔡英文とともに猫好きで知られ[25]、2018年の市長選挙で敗れて落胆する支持者に感謝と慰労の動画メッセージを配信中に飼い猫の小米(シャオミー、野良猫だったが陳が保護)が乱入し、視聴者の注目を浴びた。動画は累計55万人に視聴された[26]

2018年高雄市長選挙編集

 
高雄市長選挙得票分布。
2018年高雄市長選挙結果[27][28]
候補者番号 候補者名 性別[1] 生年[1] 政党 得票数 得票率 当落
1 韓国瑜 1957   中国国民党 892,545 53.87%  
2 陳其邁 1964   民主進歩党 742,239 44.80%
3 璩美鳳 1966 無所属 7,998 0.48%
4 蘇盈貴 1958 無所属 14,125 0.85%
有権者数  2,281,338 [29]
投票数  1,677,650
有効票  1,656,907
無効票  20,743
投票率  73.54%

2020年高雄市長補欠選挙編集

 
高雄市長選挙得票分布。
2020年高雄市長補欠選挙結果[21]
候補者番号 候補者名 性別[30] 生年[30] 政党 得票数 得票率 当落
1 陳其邁 1964   民主進歩党 671,804 70.03%  
2 呉益政中国語版 1963   台湾民衆党 38,960 4.06%
3 李眉蓁中国語版 1979   中国国民党 248,478 25.9%
有権者数  2,301,597 [30]
投票数  962,826
有効票  959,242
無効票  3,584
投票率  41.83%

著書編集

  • 1995年 - 『新黨震盪』(廖雨辰との共著、ISBN 9579243018
  • 1995年 - 『台灣陣痛-急診台灣公共政策』(ISBN 9786666243876
論文
  • 2020年4月 - 『Containing COVID-19 Among 627,386 Persons in Contact With the Diamond Princess Cruise Ship Passengers Who Disembarked in Taiwan: Big Data Analytics』[31](新型コロナウイルスでのビッグデータ活用に関するもの。共著)
翻訳

脚注編集

[脚注の使い方]

註釈編集

  1. ^ a b 産婦人科勤務の報道もあるほか[8]、中絶薬のミフェプリストンに関する知見を寄稿したこともある[11]
  2. ^ 韓国瑜のリコールに伴う補選のため、韓の本来の任期である2022年12月までの2年4ヶ月となる。
  3. ^ 蘇貞昌が台北県長時代の県政府水利局長。
  4. ^ スポークスパーソンを意味する中国語。

出典編集

  1. ^ a b c (繁体字中国語)高雄市第3屆市長選舉選舉公報”. 高雄市選舉委員會. 中央選挙委員会 (2018年11月15日). 2020年8月16日閲覧。
  2. ^ (繁体字中国語)“大數據防疫 陳其邁撰文登國際期刊”. 華視 (Yahoo奇摩). (2020年5月7日). https://tw.stock.yahoo.com/news/%E5%A4%A7%E6%95%B8%E6%93%9A%E9%98%B2%E7%96%AB-%E9%99%B3%E5%85%B6%E9%82%81%E6%92%B0%E6%96%87%E7%99%BB%E5%9C%8B%E9%9A%9B%E6%9C%9F%E5%88%8A-045600596.html. "其邁說:「我並不是學科技出身,我本身是一個內科醫師跟一個流行病學家。」" 
  3. ^ a b c d e f g (繁体字中国語)第九屆 第八會期 本屆立委>陳其邁委員”. 立法院. 2020年1月8日閲覧。
  4. ^ 民進党牙城の高雄市陥落、陳其邁氏が敗北宣言/台湾”. 中央社フォーカス台湾 (2018年11月24日). 2018年11月25日閲覧。
  5. ^ (繁体字中国語)昔日對手接副閣揆 韓:請陳其邁照顧高雄 2019-01-10,TVBS
  6. ^ “高雄市長補選、陳其邁氏が勝利宣言「世界一流の港湾都市目指す」/台湾”. 中央社フォーカス台湾. (2020年8月15日). http://japan.cna.com.tw/news/apol/202008150005.aspx 
  7. ^ (繁体字中国語)立法委員>歷屆立委> 第4屆>陳其邁委員”. 立法院. 2020年1月8日閲覧。
  8. ^ a b c (繁体字中国語)吳江泉 、徐子晴 (2014年1月13日). “陳其邁被地方打入畏戰組”. 中国時報. https://www.chinatimes.com/newspapers/20140113000350-260102?chdtv 
  9. ^ (繁体字中国語)“賴清德、柯文哲領風騷 政壇吹起「醫生世代」?”. 聯合報. (2017年9月8日). https://theme.udn.com/theme/story/6773/2689418 
  10. ^ a b c d e (繁体字中国語)林麒瑋 (2019年7月14日). “【政壇時光機】他去年輸了選舉 搖身轉型成「政壇新暖男」”. 台灣蘋果日報. https://tw.appledaily.com/new/realtime/20190714/1598608/ 2020年1月9日閲覧。 
  11. ^ (繁体字中国語)“醫療人權和RU486”. 自由時報. (2001年4月18日). http://old.ltn.com.tw/2001/new/apl/18/today-o1.htm#o4 
  12. ^ (繁体字中国語)“天邊一朵雲 獲千萬獎金”. 華視. (2005年3月17日). https://news.cts.com.tw/cts/entertain/200503/200503170171733.html 
  13. ^ (繁体字中国語)「原市長忙選舉」?陳其邁維基百科被改為「兼任高雄市長」”. 風傳媒 (2019年7月1日). 2019年9月15日閲覧。
  14. ^ (繁体字中国語)“防疫行動讓國際讚爆 不只陳時中,還有他們撐起台灣防護網!”. 財訊. (2020年3月17日). https://www.wealth.com.tw/home/articles/24733 
  15. ^ “台湾、省庁横断でコロナ対策 行政院副院長が橋渡し役に”. フォーカス台湾. (2020年3月10日). http://japan.cna.com.tw/news/apol/202003100007.aspx 
  16. ^ (繁体字中国語)“武漢肺炎》陳其邁除夕一通急電 開啟口罩大作戰”. 自由時報. (2020年3月7日). https://news.ltn.com.tw/news/life/breakingnews/3092169 
  17. ^ (繁体字中国語)“陳其邁專訪/陳時中前線衝鋒 「我們的工作是為他準備足夠彈藥」”. ETtoday新聞雲. (2020年3月14日). https://www.ettoday.net/news/20200314/1667336.htm 
  18. ^ “高雄市長補選 民進党公認は陳其邁氏 2年前に韓氏に敗北/台湾”. フォーカス台湾. (2020年6月17日). http://japan.cna.com.tw/news/apol/202006170006.aspx 
  19. ^ (繁体字中国語)“李眉蓁抄論文重創校譽 中山大學校長怒了!公開信痛批:不愛惜羽毛”. 新頭殼 newtalk. (2020年7月27日). https://newtalk.tw/news/view/2020-07-27/441575 
  20. ^ (繁体字中国語)“謝龍介看高雄補選 支持度6比3比1”. 新頭殼 newtalk. (2020年7月9日). https://newtalk.tw/news/view/2020-07-09/433099 
  21. ^ a b c (繁体字中国語)“得票率破高雄市長選舉紀錄 陳其邁大獲全勝”. 中央通訊社 (新頭殼 newtalk). (2020年8月15日). https://newtalk.tw/news/view/2020-08-15/451448 
  22. ^ “陳其邁維基百科資料被竄改是"第三屆高雄市長" 遭藍營支持者截圖狂酸:還沒當選就忍不住改維基?”. 三立inews (Youtube). (2020年8月5日). https://www.youtube.com/watch?v=R3s9-5hizCQ 
  23. ^ (繁体字中国語)“陳其邁小內閣完整名單揭曉! 24日走馬上任”. 聯合報. (2020年8月21日). https://udn.com/news/story/7327/4799839 
  24. ^ (繁体字中国語)“移居27年! 陳其邁妻子拍片談高雄情”. 民視/Yahoo奇摩. (2018年11月13日). https://tw.news.yahoo.com/%E7%A7%BB%E5%B1%8527%E5%B9%B4-%E9%99%B3%E5%85%B6%E9%82%81%E5%A6%BB%E5%AD%90%E6%8B%8D%E7%89%87%E8%AB%87%E9%AB%98%E9%9B%84%E6%83%85-113500310.html 
  25. ^ (繁体字中国語)貓奴快看!蔡英文推毛小孩小物…陳其邁再開箱「總統貓邸”. 三立新聞網 (2019年12月7日). 2020年1月8日閲覧。
  26. ^ (繁体字中国語)陳其邁直播貓亂入、55萬人次觀賞 段宜康:選黨主席”. 自由時報 (2018年11月29日). 2020年1月8日閲覧。
  27. ^ (繁体字中国語)“逐鹿百里侯 2018九合一選戰特別報導”. 華視. https://event.cts.com.tw/2018vote/#ALL 2019年7月15日閲覧。 
  28. ^ (繁体字中国語)2018高雄市長即時開票”. ETToday. 2019年7月15日閲覧。
  29. ^ (繁体字中国語)107年直轄市長選舉 選舉概況”. 中央選挙委員会 (2018年11月24日). 2020年4月16日閲覧。
  30. ^ a b c (繁体字中国語)(繁体字中国語)高雄市第3屆市長補選網站”. 高雄市選舉委員會 (2020年8月15日). 2020年8月16日閲覧。
  31. ^ Containing COVID-19 Among 627,386 Persons in Contact With the Diamond Princess Cruise Ship Passengers Who Disembarked in Taiwan: Big Data Analytics”. Journal of Medical Internet Research英語版 (2020年4月22日). 2020年5月17日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集

 中華民国
先代:
韓国瑜
楊明州中国語版(代理)
  第3代高雄市長
2020年8月24日 -
次代:
現職
先代:
施俊吉
  行政院副院長
2019年 - 2020年6月
次代:
沈栄津
先代:
謝長廷
  高雄市代理市長
(高雄県合併前)
2005年2月 - 2005年9月
次代:
葉菊蘭(代理)