陳善美

大韓民国の弁護士、政治家 (1967-)

陳善美(チン・ソンミ、朝鮮語: 진선미1967年5月14日 - )は、韓国弁護士女性政治家フェミニスト。元女性家族部長官、第19・20・21代国会議員[1]

陳善美
진선미
Jin Sunmee in 2012.jpg
生年月日 (1967-05-14) 1967年5月14日(55歳)
出生地 大韓民国の旗 韓国全羅北道淳昌郡
出身校 成均館大学校法学科
所属政党民主統合党→)
民主党→)
新政治民主連合→)
共に民主党

大韓民国の旗 第7代 女性家族部長官
在任期間 2018年9月21日 - 2019年9月8日
大統領 文在寅

選挙区比例代表→)
ソウル江東区
在任期間 2012年5月30日 - 現職
テンプレートを表示

経歴編集

全羅北道淳昌郡生まれ。淳昌女子高等学校、成均館大学校法学科卒業。女性新聞諮問委員、韓国家庭法律相談所相談委員、環境運動連合公益法律センター運営委員、民主社会のための弁護士会女性人権委員会委員長などを務めた。法律事務所などで弁護士としても活動している[1]

第19代総選挙民主統合党(後の新政治民主連合)の比例代表として初当選。第20代総選挙第21代総選挙では共に民主党からソウル江東区甲選挙区で出馬し当選した[1]。国会議員在任中に女性の保護に力を入れ、生活同伴者保護法の成立やアダルトサイトの閉鎖を達成した[2][3]。2018年9月21日に文在寅政権女性家族部長官に任命された[4]

女性家族部長官在任中、国会議員の初当選時に男性嫌悪電子掲示板メガリアの会員から1000万ウォン以上の献金を受けたことがわかった[5]

脚注編集

  1. ^ a b c 대한민국헌정회”. www.rokps.or.kr. 2022年4月3日閲覧。
  2. ^ 김규남 (2018年8月31日). “호주제·소라넷 폐지 앞장…진선미 “성평등 컨트롤타워 될 것”” (朝鮮語). news.naver.com. 2022年4月3日閲覧。
  3. ^ 홍혜은 (2018年9月20日). “30대 비혼 여성인 나, 진선미 내정자가 달리 보입니다” (朝鮮語). news.naver.com. 2022年4月3日閲覧。
  4. ^ 최경민 |기자 (2018年9月21日). “文대통령, 유남석 헌재소장-정경두·진선미 등 장관 4명 임명” (朝鮮語). news.naver.com. 2022年4月3日閲覧。
  5. ^ 이명수 (2018年12月20日). ““진선미, ‘메갈리아’ 회원들에게 후원금 받았다”” (朝鮮語). 헤럴드경제. 2022年4月3日閲覧。