陳昌

中国南朝陳の皇族

陳 昌(ちん しょう、537年 - 560年)は、南朝陳皇族。衡陽献王。武帝陳霸先の六男。は敬業。

経歴編集

545年大同11年)、陳霸先が南征して交州李賁を討つと、陳昌は章要児とともに沈恪に従って故郷の長城県に帰った。551年大宝2年)、陳霸先が侯景を討つために豫章におもむくと、陳昌は章要児や陳蒨とともに侯景の軍に捕らえられた。552年(大宝3年)、侯景の乱が平定されると、陳昌は長城国世子・呉興郡太守に任じられた。陳霸先は謝哲蔡景歴を派遣して陳昌の呉興郡統治を補佐させ、また杜之偉を派遣して陳昌に経書を教えさせた。まもなく陳頊とともに荊州におもむき、元帝に仕えて員外散騎常侍となった。554年承聖3年)、江陵西魏の侵攻により陥落すると、陳昌は陳頊とともに関中に連行された。

557年永定元年)、陳が建国されると、陳霸先はたびたび陳頊と陳昌の身柄を返還するよう北周に要請し、北周はこれを許可しながら送還しようとしなかった。559年(永定3年)、陳霸先が死去すると、陳昌は帰国の途についた。当時、王琳長江中流域を占拠していたため、陳昌は帰国できず、安陸にとどまった。560年天嘉元年)2月、陳昌は安陸から出発して、魯山を経由して長江を渡ろうとした。陳の文帝(陳蒨)により使持節・散騎常侍・都督湘州諸軍事・驃騎将軍・湘州牧に任じられ、衡陽郡王に封じられた。

3月、国境を越え、長江を渡る途中、中流で船が沈没して溺死した。4月、柩が建康に帰った。侍中・仮黄鉞・都督中外諸軍事・太宰揚州牧の位を追贈された。は献といった。

子はなく、陳蒨の七男の陳伯信が跡を嗣いだ。

伝記資料編集