陳浩基(ちん こうき、サイモン・チェン、1975年 - )は香港推理作家SF作家ホラー小説作家。男性。香港や台湾で作品を発表している。台湾推理作家協会の海外会員。

サイモン・チェン
陳浩基
誕生 1975年
職業 小説家
ジャンル 推理小説SF小説ホラー小説
代表作 『世界を売った男』(2011年)
主な受賞歴 台湾推理作家協会賞(2009年)
倪匡SF賞中国語版(2010年)
島田荘司推理小説賞(2011年)
台北国際ブックフェア賞中国語版(2015年)
デビュー作 「ジャックと豆の木殺人事件」(未訳)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示
サイモン・チェン
陳浩基
出身地: 香港
各種表記
繁体字 陳浩基
簡体字 陈浩基
拼音 Chén Hàojī
和名表記: ちん こうき
発音転記: チェン ハオジー
テンプレートを表示

来歴編集

香港中文大学計算機科学系を卒業。Webサイトのデザインやゲームの企画、脚本の執筆、漫画の編集者などを務めた[1]

2008年、第6回台湾推理作家協会賞で短編「傑克魔豆殺人事件(ジャックと豆の木殺人事件)」が最終候補に残る。翌年、第7回の同賞で短編2作「藍鬍子的密室(青髭公の密室)」、「窺伺藍色的藍(青き青を窺う)」がともに最終候補に残り、前者が受賞作となった。

2010年、コミックリズ映画小説賞(可米瑞智百萬電影小說獎)で長編ミステリ『合理推論(合理的な推理)』が第三席(春天出版社より出版予定)[2]。同年、香港のSF作家・倪匡中国語版(げいきょう)の名を冠した第10回倪匡SF賞でSF短編「時間就是金錢(時は金なり)」が第三席[3]

2011年、『世界を売った男』が台湾の出版社が主催する公募の長編推理小説賞・第2回島田荘司推理小説賞を受賞した。

2015年、『13・67』で台北国際ブックフェア賞(小説部門)、第1回香港文学季推薦賞を受賞[4][5]

愛好する作家として、アーサー・コナン・ドイルモーリス・ルブラン横溝正史京極夏彦清涼院流水石田衣良を挙げている[1]

作品リスト編集

単行本編集

推理小説

ホラー小説

  • 倖存者 (明日工作室、2011年5月)
  • 氣球人 (明日工作室、2011年7月) - 短編4編収録
  • 魔蟲人間 (明日工作室、2011年9月)

ファンタジー小説

  • 大魔法搜查線 1 (明日工作室、2012年6月)
  • 大魔法搜查線 2 完結篇 (明日工作室、2012年7月)
  • 山羊獰笑的剎那(皇冠文化出版、2018年3月)

アンソロジー、雑誌等収録短編編集

  • 推理小説
    • 「傑克魔豆殺人事件」 - 『魔鬼交易』(明日工作室、2008年3月)に収録
    • 「藍鬍子的密室」 - 『神的微笑』(明日工作室、2009年3月)に収録
    • 「窺伺藍色的藍」 - 『神的微笑』(明日工作室、2009年3月)に収録
    • 「物理學家的夢魘」 - 『闇黑密使』(明日工作室、2009年7月)に収録 - SFミステリ
    • 「隠身的X」 - 『九曲堂』創刊号(同人誌、2011年2月)、『岁月·推理』2012年10月銀版に収録
    • 「作家出道殺人事件」 - 『台灣推理作家協會會訊2011』(台湾推理作家協会、2011年5月)、『岁月·推理』2012年11月銀版に収録
    • 「加拉星第九號事件」 - 『台灣推理作家協會會訊2012』(台湾推理作家協会、2012年8月)、『岁月·推理』2013年1月銀版、『歧路島』創刊号(台湾推理作家協会、2014年5月)に収録 - SFミステリ
    • 「床板上的杀意」 - 2012年10月銀版に収録。陳嘉振文善との競作
    • 「聖誕老人謀殺案」 - 『岁月·推理』2012年12月銀版に収録
    • 「惡魔黨殺(怪)人事件」 - 『岁月·推理』2013年6月銀版に収録
  • SF小説
    • 「時間就是金錢」 - 『死亡考試:倪匡科幻獎作品集4』(貓頭鷹、2011年3月)に収録
  • ホラー小説
    • 「氣球人」 - 『異能者』(明日工作室、2011年6月)に収録
    • 「肚臍」 - 『鬼門關』(明日工作室、2011年8月)に収録

日本語訳作品編集

  • 『世界を売った男』(文藝春秋、2012年6月、玉田誠 訳、ISBN 9784163814506)(原題:遺忘・刑警(2011))
  • 『13・67』(文藝春秋、2017年9月、天野健太郎 訳、ISBN 9784163907154)(原題:13・67(2014))
  • 「青髭公の密室」(『オール讀物』文藝春秋、2018年8月号 掲載、稲村文吾 訳)(原題:藍鬍子的密室 2009年3月)
  • 「藍(あお)を見つめる藍(あお)」(『ミステリマガジン』早川書房、2019年3月号 掲載、稲村文吾 訳)(原題:窺伺藍色的藍)
  • 『ディオゲネス変奏曲』(早川書房、2019年4月、稲村文吾 訳、ISBN 9784150019426)(原題:第歐根尼變奏曲 2019年1月)
  • 「ジャックと豆の木殺人事件」(『オール讀物』文藝春秋、2019年8月号 掲載、玉田誠 訳)(原題:傑克魔豆殺人事件 2008年3月)

受賞歴編集

ミステリ・ランキング編集

週刊文春ミステリーベスト10
  • 2017年 - 『13・67』海外部門1位
  • 2019年 - 『ディオゲネス変奏曲』海外部門7位
このミステリーがすごい!
  • 2018年 - 『13・67』海外編2位
  • 2020年 - 『ディオゲネス変奏曲』海外編5位
本格ミステリ・ベスト10
  • 2018年版 - 『13・67』海外1位
  • 2020年版 - 『ディオゲネス変奏曲』海外3位
ミステリが読みたい!
  • 2020年版 - 『ディオゲネス変奏曲』海外編3位

脚注編集

  1. ^ a b 『魔鬼交易』著者紹介参照
  2. ^ コミックリズ映画小説賞公式ブログ、2009百萬電影小說獎得獎名單(2010年2月10日)(中国語)および3月19頒獎日(2010年3月19日)(中国語)参照
  3. ^ 第10回倪匡SF賞受賞作リスト(中国語)参照
  4. ^ 2015年台北国際ブックフェア賞受賞作リスト(中国語)参照
  5. ^ 首屆香港文學季月底啟動 推薦書選率先公佈(中国語)参照

参考文献編集

  • 『魔鬼交易』(明日工作室、2008年3月)著者紹介
  • 『世界を売った男』(文藝春秋、2012年6月)著者紹介 (未訳作品の日本語タイトルはこれに従った)

外部リンク編集