陳継儒

1558-1639, 中国・明代末期の書家、画家

陳 継儒(ちん けいじゅ、嘉靖37年(1558年) - 崇禎12年(1639年))は、中国明代末期の書家画家は仲醇、号は眉公・麋公。董其昌の親友として知られる。

陳継儒の画像

略歴編集

松江府華亭県泖橋(現在の上海市金山区楓涇鎮[1])の人。書は蘇軾米芾などに師法した。またその文才は王錫爵王世貞らに推賞されるほどであった。29歳の時に崑山に草庵を建て隠遁し晩年は東佘山に隠れた。度々宮廷から招聘されたが生涯仕官することなく、文筆をもって生計を立てた。書画に造詣が深かったが、自らは余技として墨竹山水を得意とした。董其昌とは終生の友情を分かち合った。『皇明書画史』・『妮古録』・『眉公秘笈』・『書画金湯』など編著多数。蘇軾の書を刻した法帖『晩香堂帖』は書家に著名である。

逸話編集

 
雲山幽趣図

陳継儒は当時「通隠」として有名だったが、陶望齢は二度まで訪問したが二度とも会えず、その後やっと太倉の宰相邸で面会することができた。陶望齢が笑いながら、「陳先生は高士だから、深山窮谷の中に居られるとばかり私は想像していました。こういうお屋敷でお目にかかろうとは、全く夢にも思いませんでしたよ」と言ったので、さすがの陳眉公もいたく赤面した、という[2]尤侗『艮斎続説』より)。

代表作編集

 

脚注編集

  1. ^ 楓涇鎮人民政府 陳継儒
  2. ^ 松枝茂夫・訳 『模糊集』生活社、1944年、P.59頁。 

参考文献編集