メインメニューを開く

陳聖宗(ちんせいそう、ベトナム語: Trần Thánh Tông (チャン・タイン・トン)、1240年10月12日 - 1290年7月3日)は、大越陳朝の第2代皇帝(在位1258年 - 1278年)。初代皇帝太宗の長子。聖宗は廟号である。名は陳 晃ベトナム語: Trần Hoảng / 陳晃)、または陳 日烜ベトナム語: Trần Nhật Huyên / 陳日烜)とも。

陳聖宗
陳朝
2代皇帝
国号 大越
王朝 陳朝
在位期間 1258年 - 1278年
都城 昇龍(現ハノイ
姓・諱 陳晃(陳日烜)
尊号 光尭慈孝太上皇帝
諡号 玄功盛徳仁明文武宣孝皇帝
廟号 聖宗
生年 (1240-10-12) 1240年10月12日
没年 (1290-07-03) 1290年7月3日(49歳没)
太宗
順天皇后李氏罃
后妃 元聖皇后陳氏韶
陵墓 裕陵
元号 紹隆 1258年 - 1273年
宝符 1273年 - 1278年

略歴編集

元豊8年(1258年)2月、父の太宗が譲位したため、即位することとなった。しかし実権は、太上皇となった父が掌握していた。

クビライから服属要求を受けるが、聖宗はこれを拒絶して、元と抗戦する姿勢を示している。宝符5年(1277年)4月に太宗が没すると政治の実権を握り、翌6年10月22日(1278年11月8日)、子の仁宗に譲位して太上皇となる[1]

1284年チャンパ遠征のため鎮南王脱歓の率いる元軍が派遣されたが、ベトナムは領内通過を拒否。チャンパと協力し、元軍に応戦した。紹宝7年(1285年)正月、万劫・普頼山の戦に敗れ、紅河が渡河されると、聖宗は国都タンロンを明け渡し、天長・長安の地に逃れる。しかし、4月には攻撃に転じ、5月に元軍が撤兵すると、これを追撃した。6月6日、聖宗はタンロンに帰還した。

重興3年(1287年)、元が再び遠征軍を派遣し、水陸三方面よりベトナムに侵入した。12月、元軍が紅河東岸に達すると、聖宗は叔父を使者として送るが、交渉は決裂。元軍が渡河すると、国都を棄てて天長海口の地に逃れ、さらに海上に逃れた。しかし、ベトナム軍が後方連絡を遮断すると、元軍に糧食欠乏が生じ、さらに疫病が発生した。このため、重興4年(1288年)2月末には全軍撤退が決定された。3月、撤退する元の水軍を、興道王陳国峻の指揮するベトナム軍が白藤江で待ち伏せ攻撃し、聖宗も遅れてこれに参加し、大勝した。3月27日(1288年4月28日)に国都城に帰還。

重興6年5月25日(1290年7月3日)、死去した[2]

脚注編集

  1. ^ 大越史記全書 本紀巻之五 陳紀 聖宗皇帝 宝符6年冬10月22日
  2. ^ 大越史記全書 本紀巻之五 陳紀 仁宗皇帝 重興6年5月25日

参考文献編集


先代:
太宗
ベトナム陳朝の皇帝
1258年 - 1278年
次代:
仁宗