陳 菊(ちん きく、1950年6月10日 - )は、台湾政治家民主進歩党)。現職の監察院院長。過去に、総統府秘書長[1]高雄市長、民進党代理主席などを歴任した。

陳 菊
Chen Chu in August 2020.jpg
生年月日 (1950-06-10) 1950年6月10日(71歳)
出生地 中華民国の旗 中華民国 台湾省台北県羅東区三星郷
出身校 世新大学国立中山大学
所属政党 民主進歩党

中華民国の旗 中華民国
第10代 監察院院長
在任期間 2020年8月1日 -

在任期間 2018年4月23日 - 2020年5月20日

中華民国の旗 中華民国
高雄県合併後初代-2代 高雄市長
当選回数 2回
在任期間 2010年12月25日 - 2018年4月22日

中華民国の旗 中華民国
民選直轄第4代 高雄市長
当選回数 1回
在任期間 2006年12月25日 - 2010年12月24日

民主進歩党主席代理
在任期間 2012年2月29日 - 2012年5月30日
テンプレートを表示
陳菊
職業: 政治家
各種表記
繁体字 陳菊
簡体字 陈菊
拼音 Chén Jú
台湾語 Tân Kiok
和名表記: ちん きく
発音転記: ダン ぎょっ
英語名 Chen Chu
Kiku Chen
テンプレートを表示

経歴編集

 
陳菊の人形

台湾省議会議員秘書時代に民主化運動に関わり、1980年美麗島事件で逮捕された。懲役12年の判決を言い渡され、約6年入獄した後、民進党の結成に参画した。

李登輝政権下で名誉回復後、国民大会代表に選出。1994年から陳水扁台北市長のもとで、1998年から謝長廷高雄市長のもとで要職を歴任し、2000年から約5年間、陳水扁政権で行政院労工委員会主任委員(閣僚級)を務めた。

2006年12月、高雄市長選挙に民進党候補として立候補し、国民党候補である黄俊英との激戦の末、1,114票差で勝利し、高雄市長に選出された[2]

2010年11月、高雄県と合併し誕生した新たな高雄市で行われた市長選挙に出馬、当選し、初代市長に就任した。

2012年2月、蔡英文主席の後任として、民進党代理主席を務めることが決まったが、同年5月に蘇貞昌が党主席に選出された。

2014年11月、対立候補に得票数で大きく差をつけ圧勝し、再選を果たした[3]

2018年4月、高雄市長を退任し、総統府秘書長に就任することを発表し[4]、4月23日より総統府秘書長に着任[5]。2020年5月20日、第2次蔡英文政権発足に伴い退任[6]。その後7月に監察院院長就任が立法院で可決された[7]。8月1日より監察院長および兼任で同日同院傘下に設置された国家人権委員会(総統府人権諮詢委員会中国語版の後継組織。)主任委員に就任[8]

中国との関係編集

2009年5月、民進党幹部として初めて訪中、郭金龍北京市長韓正上海市長と相次いで会談し、入国手続きを免除されるなど民進党穏健派を取り込みたい中国政府の思惑から厚遇された[9]。また、2009年7月にダライ・ラマ14世を台湾訪問させており、対中国政策もとっている。2009年10月の高雄映画祭では、世界ウイグル会議ラビア・カーディル主席のドキュメンタリー映画を放映する計画を発表した。

日本との関係編集

2008年5月、「高雄市観光セールス団」の団長として高雄市の政財界関係者を引き連れて来日。大阪名古屋日本人観光客が高雄を訪れるようアピールした後、東京台北経済文化代表処で開かれた昼食会に出席した[10]

2009年ワールドゲームズ高雄大会の宣伝のため来日し、「『高雄』の旧名は台湾語で打狗(ターカオ)と呼び、日本語の『たかお』と発音が同じだ」と述べ、日本と高雄の関係を好意的に語った[11]

2015年12月14日、高雄市が同市に拠点を置く日系企業3社を表彰した際、陳は「日系企業が高雄の家族になることを歓迎する」「第2の故郷だと思ってもらえれば」と述べた[12]

2016年4月14日より発生した熊本地震に対しては、自身の1ヶ月分の給与を義援金とすることを表明した[13][14]

その他編集

  • 宇宙人の要去高雄のMV(官方完整版)に出演している。
  • 台湾でも放送されていた日本アニメ『あたしンち(台湾名:我們這一家)』の「母(同:花媽)」に似ている[15]、とされ、本人もイベント宣伝のため実際にコスプレをしたり[16][17]、facebookで似たイラストを使用している。

脚注編集

  1. ^ 陳菊氏が総統府秘書長に就任「全力で総統支える」/台湾中央通訊社2018/04/24
  2. ^ “台北、高雄市長選挙が終了 郝龍斌、陳菊氏が当選”. 台湾週報 (台北駐日経済文化代表処). (2006年12月11日). http://www.roc-taiwan.org/ct.asp?xItem=43738&ctNode=3591&mp=202 2015年12月9日閲覧。 
  3. ^ “台湾・高雄市長選、現職の陳菊氏が圧勝 爆発事故などの影響受けず”. フォーカス台湾. (2014年11月29日). http://japan.cna.com.tw/news/apol/201411290009.aspx 2015年12月9日閲覧。 
  4. ^ 陳菊氏、総統府秘書長就任へ 高雄市長退任を発表/台湾中央通訊社
  5. ^ 陳菊氏が総統府秘書長に就任「全力で総統支える」/台湾”. 中央社フォーカス台湾 (2018年4月24日). 2018年12月21日閲覧。
  6. ^ “蔡政権2期目 総統府秘書長に蘇前立法院長=人事発表/台湾”. フォーカス台湾. (2020年5月19日). http://japan.cna.com.tw/news/apol/202005190007.aspx 
  7. ^ “監察院長に陳菊氏 立法院、賛成多数で可決/台湾”. 中央社フォーカス台湾. (2020年7月17日). http://japan.cna.com.tw/news/apol/202007170004.aspx 
  8. ^ (繁体字中国語)“今正式接任監察院長、人權委員會主委 陳菊:好像回到從政初衷”. 民視. (2020年8月1日). https://www.ftvnews.com.tw/news/detail/2020801P04M1 
  9. ^ 産経新聞『台湾・民進党幹部に異例の待遇 中国、穏健派取り込みか』2009年5月22日
  10. ^ “陳菊・高雄市長が来日、大阪・名古屋・東京で高雄の魅力をアピール”. 台湾週報 (台北駐日経済文化代表処). (2008年5月9日). http://www.roc-taiwan.org/ct.asp?xItem=58658&ctNode=3591&mp=202 2015年11月30日閲覧。 
  11. ^ “陳菊・高雄市長が東京で「2009ワールドゲームズ高雄大会」をPR”. 台北駐日経済文化代表処. (2009年3月6日). http://www.roc-taiwan.org/JP/ct.asp?xItem=81646&ctNode=3522&mp=202&nowPage=4&pagesize=30 2015年11月30日閲覧。 
  12. ^ “陳菊・高雄市長、優良日系企業を表彰 「第2の故郷だと思って」”. フォーカス台湾. (2015年12月15日). http://japan.cna.com.tw/news/aeco/201512150006.aspx 2015年12月20日閲覧。 
  13. ^ “台湾の市長ら支援表明「給与1か月分義援金に」”. 読売新聞. (2016年4月16日). http://www.yomiuri.co.jp/world/20160416-OYT1T50103.html 2016年4月16日閲覧。 
  14. ^ 不要讓這個笑容消失!”. 陳菊. 2016年4月16日閲覧。
  15. ^ TVBS-Nニュース映像(Youtube)
  16. ^ (繁体字中国語)“2008動漫高雄 陳菊巧扮「花媽」”. 自立晩報. (2008年12月19日). https://www.idn.com.tw/news/news_content.aspx?artid=20081219abcd008&catdid=0 
  17. ^ (繁体字中国語)“菊姊扮花媽 熱炒動漫季”. 蘋果日報. (2008年12月20日). https://tw.appledaily.com/lifestyle/daily/20081220/31247031/ 

外部リンク編集

  中華民国
先代:
張博雅中国語版
監察院院長中国語版
(第10代)
2020年8月1日 -
次代:
現職
先代:
吳釗燮
(代理)劉建忻中国語版
中華民国総統府秘書長中国語版
2018年 - 2020年
次代:
蘇嘉全
先代:
葉菊蘭(代理)
  高雄市長
(高雄県合併前→合併後)
2006年12月 - 2018年4月
次代:
許立明中国語版(代理)
韓国瑜
民主進歩党
先代:
柯建銘中国語版(代理)
党主席(代理)
2012年2月 - 2012年5月
次代:
蘇貞昌