陳誠は永楽帝の命を受け、陸路で中央アジアのティムール朝を訪問した。(経由地はGoodrich & Tay 1976に基づく、緑色の線) また、鄭和は海上ルート (黒) で、亦失哈中国語版は河川ルート (青) で周辺諸国への使節として派遣された。

陳誠 (ちん せい、簡体字: 陈诚繁体字: 陳誠拼音: Chén Chéngラテン文字:Chen Cheng、1365年1457年、字は子魯、号は竹山) は外交官探検家である。

目次

生涯編集

陳誠は1365年江西省撫州臨川に生まれた。1393年、彼は挙人に、1394年には貢士となり、後に殿試において同進士出身の称号を得た。

1396年、陳誠はツァイダム盆地西方地区へ国境防衛施設設立のために派遣された。1397年、陳誠は永楽帝によりベトナムへの使節として派遣された。1406年から1411年まで北京紫禁城文淵閣中国語版において永楽大典の編纂に関わった。

1414年、1416年、1420年に陳誠は明の使節としてティムール朝の都サマルカンドを訪れ[1]、この際の見聞を西域番国志及び西域行程記中国語版に記した[2]

著作編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ Tsai 2002, p. 162.
  2. ^ 間野英二 (1964年6月30日). “十五世紀初頭のモグーリスターン -ヴァイス汗の時代-”. 東洋史研究 (1964), 23(1): 1-27, KURENAI : Kyoto University Research Information Repository. 2013年3月1日閲覧。
  3. ^ 伴真一朗 (2012年5月23日). “明初における対モンゴル政策と河西におけるサキャ・パンディタのチョルテン再建 P.61”. Journal of Asian and African Studies, No.84, 2012, 東京外国語大学. 2013年3月1日閲覧。
  4. ^ クラビホ - 大辞林 第三版の解説”. コトバンク. 2013年3月1日閲覧。

参考文献編集