陳 鏞基(チェン・ヨンジー、1983年7月13日 - )は、台湾中華民国)の台東県出身のプロ野球選手内野手)。右投右打。現在は、統一ライオンズに所属している。

陳 鏞基
Chen Yung-Chi
統一ライオンズ #13
Chen Yung-Chi(2013).jpg
2013年
基本情報
国籍 中華民国の旗 中華民国台湾
出身地 台東県成功鎮
生年月日 (1983-07-13) 1983年7月13日(37歳)
身長
体重
179 cm
89 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手遊撃手二塁手
プロ入り 2004年 アマチュアFA
初出場 2011年3月20日
年俸 月給62万台湾元(2020年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム チャイニーズタイペイの旗 チャイニーズタイペイ代表
五輪 2004年
WBC 2006年2013年2017年
プレミア12 2015年
陳 鏞基
各種表記
繁体字 陳 鏞基
簡体字 陈 镛基
拼音 Chén Yōngjī
和名表記: ちん ようき
発音転記: チェン・ヨンジー
英語名 Chen Yung-Chi
テンプレートを表示
獲得メダル
男子 野球
チャイニーズタイペイの旗 チャイニーズタイペイ
アジア競技大会
2006
2010

経歴編集

MLB傘下時代編集

2004年シアトル・マリナーズと契約。マイナーリーグでたびたび高打率を記録したシュアな打撃に俊足を持ち合わせる。

2006年開幕前の3月に開催された第1回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)チャイニーズタイペイ代表に選出された。同大会では1次リーグの中国戦でWBC初の満塁本塁打を記録している。

シーズンではオールスター・フューチャーズゲームに、同じ台湾出身の胡金龍と共に選出された。

オフには第16回IBAFインターコンチネンタルカップドーハアジア競技大会のチャイニーズタイペイ代表に選出された。アジア競技大会では優勝を果たした。

2009年オークランド・アスレチックス2010年ピッツバーグ・パイレーツ傘下のマイナーチームでプレーした。11月に開催された広州アジア競技大会の野球チャイニーズタイペイ代表に選出された。同大会では準優勝を果たした。

統一ライオンズ時代編集

2011年からは、中華職業棒球大聯盟統一セブンイレブン・ライオンズに所属している。

2012年9月21日に第3回WBC予選のチャイニーズタイペイ代表に選出された[1]。オフの11月には第3回WBC予選前にキューバ代表との国際親善試合である「サンダーシリーズ」のチャイニーズタイペイ代表に選出されている[2]

2013年1月14日に第3回WBC本戦のチャイニーズタイペイ代表に選出された[3]

2015年9月30日に第1回WBSCプレミア12チャイニーズタイペイ代表に選出された[4]

2016年開幕前の1月29日に「侍ジャパン強化試合 日本 vs チャイニーズタイペイ」のチャイニーズタイペイ代表27名に選出された[5]

2017年1月23日に第4回WBCチャイニーズタイペイ代表に選出され[6]、2大会連続3度目の選出を果たした。

2020年7月24日の中信兄弟戦でCPBL史上26人目となる通算1000安打を放った[7]。8月26日の富邦ガーディアンズ戦ではCPBL史上24人目となる通算100盗塁を決めた事により、CPBL史上8人目の1000安打、100本塁打、100盗塁を達成した[8]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
2011 統一 69 303 268 43 84 18 2 7 127 45 5 1 1 4 30 0 0 38 8 .313 .377 .474 .851
2012 104 446 392 54 107 21 2 8 156 57 6 1 1 5 46 0 2 59 14 .273 .348 .398 .746
2013 101 433 385 71 121 17 2 9 169 51 18 2 0 6 40 0 2 46 7 .314 .376 .439 .815
2014 100 394 353 55 111 21 3 6 156 54 14 3 2 6 29 2 2 58 13 .314 .367 .442 .809
2015 107 387 342 56 95 23 2 14 164 50 16 3 3 5 34 0 3 57 10 .278 .344 .480 .824
2016 99 436 394 78 129 19 0 20 208 95 11 2 0 3 35 0 4 87 5 .327 .385 .528 .913
2017 111 428 377 60 115 14 0 15 174 69 9 3 4 9 37 0 1 71 10 .305 .361 .462 .823
2018 96 347 306 46 93 11 0 12 140 54 8 0 2 3 32 2 2 95 3 .304 .370 .458 .828
2019 85 303 267 42 85 13 0 11 131 44 6 2 1 2 32 0 1 66 7 .318 .391 .491 .882
通算:9年 872 3477 3084 505 940 157 11 102 1425 519 93 17 14 43 317 4 17 577 77 .305 .368 .462 .830
  • 2019年度シーズン終了時

表彰編集

記録編集

背番号編集

  • 13 (2011年 - )

代表歴編集

脚注編集

  1. ^ 2012 WBC資格賽中華隊28人名單最後確認 CPBL公式サイト (中国語) (2012年9月21日) 2015年3月28日閲覧
  2. ^ WBC 資格賽《賽前組訓熱身賽》球員出賽參考名單 (中国語) 2015年4月19日閲覧
  3. ^ 2013 WBC中華隊28人名單 CPBL公式サイト (中国語) (2013年1月14日) 2015年3月28日閲覧
  4. ^ 2015第一屆世界12強棒球錦標賽 中華隊28人名單正式公布 中華民國棒球協會官方網站 (中国語) (2015年9月30日) 2015年10月9日閲覧
  5. ^ 中職日職對抗賽 代表隊參賽名單出爐 中華職棒大聯盟全球資訊網The Official Site of CPBL (中国語) (2016年1月29日) 2016年2月17日閲覧
  6. ^ 快訊/經典賽中華隊28人名單 陽岱鋼入列 ETtoday運動雲 (中国語) (2017年1月23日) 2017年1月24日閲覧
  7. ^ 中時新聞網. “中職》等4打席終於敲安!陳鏞基千安達陣 - 體育” (中国語). 中時新聞網. 2020年7月24日閲覧。
  8. ^ 陳鏞基達千安百轟百盜里程碑 中職史上第8人[影 | 運動 | 中央社 CNA]” (中国語). www.cna.com.tw. 2020年8月26日閲覧。

外部リンク編集