メインメニューを開く

陳 霸先(ちん はせん)は、南朝の初代皇帝。「梁上の君子」の故事で有名な潁川陳氏の陳寔の末裔にあたる[1]

武帝 陳霸先
初代皇帝
Emperor Wu of Chen.jpg
王朝
在位期間 557年 - 559年
都城 建康
姓・諱 陳霸先
興国
小字 法生
諡号 武皇帝
廟号 高祖
生年 天監2年(503年
没年 永定3年6月21日
559年8月9日
陳文讃
董氏
后妃 章皇后
陵墓 万安陵
年号 永定 : 557年 - 559年

目次

生涯編集

呉興郡長城県(現在の浙江省湖州市長興県)の人。の軍人として活躍し、太清元年(547年)に交州で反乱を起こした李賁を討って頭角を現した。侯景が反乱を起こした時も、王僧弁と協力して承聖元年(552年)にこれを討っている。これらの功績から征北将軍に任じられた。

承聖3年(554年)に元帝西魏とその傀儡の後梁の軍により殺害されると、陳霸先は王僧弁と共に敬帝蕭方智を擁立する。だが、その後北斉により閔帝蕭淵明が皇帝として送り込まれると、閔帝を支持する王僧弁と対立し、結局天成元年(555年)には王僧弁を討って閔帝を廃し、自らは敬帝を擁して実権を掌握した。さらにその後、南下してきた北斉の大軍を打ち破るなどして、確実に実力と人望をつけた陳霸先は、太平2年(557年)に敬帝に禅譲を迫り、陳王朝を開いた。敬帝は同年のうちに殺害されている。

だが即位後は、自らが討った王僧弁の残党の反攻に苦しみ、この鎮圧に追われて、国政を磐石なものとすることなく生涯を終えた。

妻子編集

后妃編集

  • 昭皇后銭氏(早年に死別)
  • 宣皇后章要児

男子編集

  • 孝懐太子 陳克 - 母は銭皇后
  • 豫章献王 陳立
  • 長沙思王 陳権
  • 衡陽献王 陳昌 - 母は章皇后

女子編集

  • 永世公主(銭蕆の妻)
  • 会稽公主(沈君理の妻)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 陳霸先は陳寔の四男の陳諶の末裔であり、陳寔の長男の陳紀の家系である三国時代の陳羣陳泰とは別の系統。