メインメニューを開く

陶山神社(すえやまじんじゃ)は佐賀県西松浦郡有田町大樽に鎮座する神社八幡宮)である。神社名は俗に「とうざんじんじゃ」とも音読される。

陶山神社

Ceramic torii of Sueyama Shrine.jpg磁器製の鳥居

所在地 佐賀県西松浦郡有田町大樽2丁目5-1
位置 北緯33度11分19.9秒 東経129度53分57.9秒 / 北緯33.188861度 東経129.899417度 / 33.188861; 129.899417座標: 北緯33度11分19.9秒 東経129度53分57.9秒 / 北緯33.188861度 東経129.899417度 / 33.188861; 129.899417
主祭神 応神天皇
社格 旧村社
創建 万治元年(1658年)
本殿の様式 入母屋造
例祭 10月16・17日
主な神事 神事町注連受渡神事(11月23日)
陶祖祭(5月4日)
テンプレートを表示
参道を佐世保線が横切る

江戸時代に当時有田の統治と有田焼及び陶工に関する管理を行っていた鍋島藩皿山代官の指示により造営されたと伝わり、「有田焼陶祖の神」として陶工たちの崇敬を集めた。

祭神編集

応神天皇八幡神)を主祭神に、鍋島直茂李参平を配祀する。

由緒編集

万治元年(1658年)8月に、有田皿山代官の命により、現伊万里市二里町鎮座の神之原八幡宮から分霊を勧請して創祀され、皿山代官管轄下の全神社の筆頭の意で「有田皿山宗廟八幡宮」と称された。明治初年に現社名に改め、明治5年(1872年)に村社に列した。

大正6年(1917年)10月に有田焼創成300年を記念して有田焼の祖とされる李参平公を顕彰する記念碑が神社後方の山頂に建てられた。

祭祀編集

10月16・17日両日の祭典は椎谷神社の秋祭りと併せて有田くんちと呼ばれる。

文化財編集

  • 青銅製燈籠 - 1884年明治17年)奉納。高さ2メートル。祭礼の神事当番町を執り行った記念として、大樽町から陶山神社に奉納される。台座に「佐賀郡長瀬町 鋳師 谷口清八」と刻まれている。重要文化財。

その他編集

神社の境内へと入る石段を上り切ると、目の前に九州旅客鉄道(JR九州)佐世保線の線路があり踏切が設置されている。踏切警報機は備えられているが遮断機がないため、通行には注意が必要である。2008年5月14日に放送された『ナニコレ珍百景』(テレビ朝日系)の中で「スリル満点の神社」として珍百景に認定された。

アクセス編集

佐世保線上有田駅より徒歩。

参考文献編集

  • 砂田光紀『九州遺産 近現代遺産編101』 弦書房、2005年 ISBN 4-902116-35-9

外部リンク編集