陸上自衛隊化学学校

陸上自衛隊化学学校(りくじょうじえいたいかがくがっこう、JGSDF Chemical School)は、陸上自衛隊の機関のひとつ。陸上自衛隊における、NBC兵器(核・生物・化学兵器)防護要員として必要な知識・技能を修得させるための教育訓練を主任務としている。埼玉県さいたま市北区大宮駐屯地)に所在しており、2007年平成19年)で創設50周年を迎えた。

以前は地下鉄サリン事件東海村JCO臨界事故で災害派遣出動したことで有名な第101化学防護隊を隷下においていたが、同隊は平成12年度末(平成13年3月)に東部方面隊隷下に編成替えされ、2007年3月には第101特殊武器防護隊と改称し中央即応集団隷下となった。更に2008年3月には中央特殊武器防護隊へと改編された。現在第101化学防護隊が担当していた教育支援任務は、化学教導隊が担っている。

日本は化学兵器禁止条約を批准しており、化学兵器の開発・生産・貯蔵を行っていない。ただし、化学兵器防護目的の機材の研究・開発は条約でも認められており、そのために申告及び査察の制限下で、小規模な化学物質の生産が認められている。

化学学校は、「化学兵器の禁止及び特定物質の規制等に関する法律」及びその施行令の定めにより、少量(10kgまで)の特定物質を保有し、実験を行うことを許可されている日本で唯一の機関である[1]。2002年から2012年にかけては、サリンソマンタブンルイサイトVXガス等の多種の特定物質を年間グラム単位で合成している[2]

また、化学兵器禁止に則り、化学兵器の生産・保有状況について、数年ごとに国際機関・化学兵器禁止機関(OPCW)の査察も受け入れている。[3]

目次

沿革編集

  • 1953年昭和28年)6月:臨時化学教育隊として宇治駐屯地にて新編
  • 1954年(昭和29年)7月:臨時化学教育隊が正規編制となり、富士駐屯地に移駐
  • 1956年(昭和31年)1月:隷属部隊として第301化学発煙中隊を新編
  • 1957年(昭和32年)10月15日:化学教育隊が化学学校に昇格・改編、大宮駐屯地に移駐[4]
  • 1970年(昭和45年)8月5日:第301化学発煙中隊を改編し第101化学防護隊と称号変更
  • 1995年(平成7年)3月:地下鉄サリン事件に対応し、教官数人を専門職として実働派遣。
  • 2001年平成13年)3月:教育支援部隊として化学教導隊を新編、第101化学防護隊は東部方面隊隷下に異動

組織編成編集

  • 企画室
  • 総務部
    • 総務課
    • 警備課
    • 管理課
  • 教育部
  • 研究部
  • 化学教導隊:化学学校入校学生に対する教育支援を担当

主要幹部編集

官職名 階級 氏名 補職発令日 前職
陸上自衛隊化学学校長
兼 大宮駐屯地司令
陸将補 吉野俊二 2015年12月18日 第15旅団副旅団長
那覇駐屯地司令
副校長
兼 企画室長
1等陸佐 田子和明 2017年08月01日 中央特殊武器防護隊
総務部長 2等陸佐 速水孝智 2017年03月23日 陸上自衛隊化学学校勤務
教育部長 1等陸佐 小島茂 2017年08月01日 陸上自衛隊補給統制本部化学部長
研究部長 1等陸佐 筒渕紀之 2017年08月01日 陸上自衛隊幹部学校
歴代の陸上自衛隊化学学校長
(陸将補)
氏名 在職期間 出身校・期 前職 後職
1 外山秀雄
1等陸佐
1957年10月15日 - 1960年7月31日 陸士43期・
陸大55期
陸上自衛隊化学教育隊長 陸上幕僚監部化学課長
2 藤井一美
(1等陸佐)
1960年8月1日 - 1962年3月15日 陸士45期・
陸大53期
陸上幕僚監部第5部学校班長 第10師団副師団長
兼 守山駐とん地司令
3 鈴木辰三郎 1962年3月16日 - 1966年3月15日 陸士45期・
東京帝国大学
技術研究本部第1研究所
→1963年7月1日 陸将補昇任
陸上幕僚監部付
→1966年6月30日 退職
4 安藤栄作
(1等陸佐)
1966年3月16日 - 1967年7月1日 東京帝国大学 化学学校副校長兼企画室長 退職
5 吉田大桂司 1967年7月17日 - 1970年3月15日 陸士49期・
陸大59期
防衛研修所所員兼主任所員
→1968年7月1日 陸将補昇任
陸上幕僚監部付
→1970年7月1日 退職
6 川崎松之助 1970年3月16日 - 1972年6月30日 陸士52期 陸上幕僚監部化学課長
→1971年7月1日 陸将補昇任
退職
7 稜野邦雄 1972年7月1日 - 1974年3月15日 陸士54期 陸上幕僚監部化学課長 陸上幕僚監部付
→1974年6月30日 退職
8 續芳雄 1974年3月16日 - 1976年3月15日 大阪帝国大学 陸上幕僚監部化学課長 陸上幕僚監部付
→1976年7月1日 退職
9 竹澤力夫 1976年3月16日 - 1977年10月31日 軍官校2期 陸上幕僚監部化学課長 陸上幕僚監部付
→1978年1月1日 退職
10 重信正隆 1977年11月1日 - 1979年7月31日 陸士60期 陸上幕僚監部化学課長
→1978年7月28日 陸将補昇任
陸上幕僚監部付
→1980年1月1日 退職
11 阿達憲 1979年8月1日 - 1981年6月30日 横浜工専 化学学校副校長兼企画室長
→1980年7月1日 陸将補昇任
自衛隊大阪地方連絡部長
12 杉浦敏夫 1981年7月1日 - 1983年3月15日 早稲田大学 関西地区補給処桂支処長
兼総務部長兼桂駐とん地司令
→1982年3月16日 陸将補昇任
装備開発実験隊
13 蒲田孔明 1983年3月16日 - 1985年3月15日 学習院大学 東部方面総監部幕僚副長 関西地区補給処長
兼 宇治駐屯地司令
14 伊藤三雄 1985年3月16日 - 1986年3月16日 早稲田大学 陸上自衛隊幹部候補生学校副校長
兼 企画室長
陸上幕僚監部付
→1986年7月1日 退職
15 甘利富重 1986年3月17日 - 1988年7月6日 防大1期 化学学校副校長兼企画室長
→1986年8月1日 陸将補昇任
退職
16 十河洋一郎 1988年7月7日 - 1990年3月15日 岡山大学 第1師団副師団長
兼 練馬駐屯地司令
陸上幕僚監部付
→1990年4月1日 退職
17 井上忠雄 1990年3月16日 - 1991年3月15日 防大3期 防衛医科大学校学生部長 陸上幕僚監部付
→1991年4月1日 退職
18 小川敏彦 1991年3月16日 - 1993年3月23日 防大6期 第6師団副師団長
兼 神町駐屯地司令
陸上自衛隊幹部学校副校長
兼 企画室長
19 内藤幸雄 1993年3月24日 - 1995年3月22日 防大6期 第12師団副師団長
兼 相馬原駐屯地司令
陸上幕僚監部付
→1995年4月1日 退職
20 安藤正武 1995年3月23日 - 1997年6月30日 防大7期 陸上自衛隊幹部学校教育部長 退職
21 森勝信 1997年7月1日 - 1999年7月8日 防大9期 第11師団副師団長
兼 真駒内駐屯地司令
退職
22 成田昌弘 1999年7月9日 - 2000年6月29日 東洋大学 東北補給処副処長 退職
23 山里洋介 2000年6月30日 - 2002年6月30日 熊本大学 北部方面総監部装備部長 退職
24 秋山一郎 2002年7月1日 - 2004年7月31日 防大15期 化学兵器禁止機関(OPCW)
技術事務局査察局長
化学兵器禁止機関(OPCW)
技術事務局査察局長
25 鬼塚隆志 2004年8月1日 - 2005年12月5日 防大16期 陸上自衛隊富士学校特科部長 退職
26 菊川俊広 2005年12月5日 - 2007年7月2日 防大19期 研究本部研究開発企画官 陸上自衛隊関西補給処長
兼 宇治駐屯地司令
27 岩城征昭 2007年7月3日 - 2009年12月6日 防大20期 中部方面後方支援隊
兼 桂駐屯地司令
退職
28 山澤將人 2009年12月7日 - 2011年8月4日 防大23期 自衛隊福岡地方協力本部
29 川上幸則 2011年8月5日 - 2013年8月21日 防大25期 陸上自衛隊関西補給処副処長
30 今浦勇紀 2013年8月22日 - 2015年12月17日 愛媛大学[5] 陸上自衛隊関西補給処長
兼 宇治駐屯地司令
31 吉野俊二 2015年12月18日 - 防大31期 第15旅団副旅団長
兼 那覇駐屯地司令

脚注編集