陸上自衛隊武器学校

陸上自衛隊武器学校(りくじょうじえいたい ぶきがっこう、JGSDF Ordnance School)は、土浦駐屯地茨城県阿見町)に所在する陸上自衛隊防衛大臣直轄機関のひとつ。武器科隊員に対する教育訓練を主要任務としている。阿見町立施設である「予科練平和記念館」に隣接している。警備隊区は茨城県のうち、「土浦分区」と呼称される3市2町1村を担任とする[1]

本部庁舎
地図

沿革編集

  • 1951年(昭和26年)10月 3日:警察予備隊の車両整備講習所(東京都立川市)として創設。
  • 1952年(昭和27年)
    • 1月21日:車両整備講習所を廃止、総隊武器学校として立川駐屯地で新編[2]
    • 9月15日:土浦駐屯地に移転。
    • 9月25日:土浦移駐開庁式。
  • 1954年(昭和29年)7月 1日:防衛庁設置、陸上自衛隊発足に伴い陸上自衛隊武器学校に改称。
  • 1959年(昭和34年)8月13日:武器教導隊編成完結。
  • 2007年(平成19年)3月28日:教育部を廃止し、第1教育部及び第2教育部を設置。
  • 2018年(平成30年):兵站センター事務局運営開始(センター長は武器学校長が兼務)。

組織編成編集

  • 企画室
  • 総務部(駐屯地や学校の総務業務(庶務、人事、広報、施設管理、会計、厚生、衛生など)を実施)
    • 総務課
    • 厚生課
    • 管理課
    • 会計課
    • 衛生課
    • 教材課
  • 第1教育部(学生に対し、後方支援を担任する兵站部隊の指揮官及び幕僚を養成する基本教育を実施)
    • 教務課
  • 第2教育部(学生に対し、陸上自衛隊の戦車、火砲、車両など武器科装備品の整備(故障探求、部品交換、修理、検査、点検、板金など)、部品の工作や、弾薬補給、爆発装置の処理及び不発弾処理を担任する専門技術者を養成する基本の教育を実施)
    • 教務課
  • 研究部(武器科職種の教育訓練に関する研究、武器科職種部隊の運用及び武器科装備品の補給整備に関する調査研究などを実施)
  • 主任教官
  • 学校教官
  • 研究員
  • 武器教導隊(武器学校の実施する教育訓練及び調査研究支援を実施)
    • 武器教導隊本部「武教-本」
    • 第1武器中隊「武教-1」
    • 第2武器中隊「武教-2」

主要幹部編集

官職名 階級 氏名 補職発令日 前職
陸上自衛隊武器学校長
兼 土浦駐屯地司令
陸将補 坂本正義 2020年12月22日 中部方面総監部装備部長
副校長
兼 企画室長
1等陸佐 酒巻勝 2021年12月01日 陸上自衛隊教育訓練研究本部主任教官
総務部長 1等陸佐 武石政之 2021年12月01日 陸上自衛隊補給統制本部装備計画部
装備計画課長
第1教育部長 1等陸佐 栫憲記 2020年12月22日 防衛装備庁調達管理部調達企画課連絡調整官
第2教育部長 1等陸佐 時岡秀和 2021年12月22日 陸上自衛隊補給統制本部火器車両部
補給計画第1課長
研究部長 1等陸佐 栗田和典 2022年03月14日 陸上自衛隊武器学校勤務
歴代の陸上自衛隊武器学校長
(特記ない限り陸将補
氏名 在職期間 出身校・期 前職 後職
01 谷本政一
1等保安正
1952.1.21 - 1953.8.15 海機33期 保安隊需品補給しよう長
兼 松戸駐とん地部隊長
02 池上巌 1953.8.16 - 1957.8.11 海兵54期・
海大37期
北部方面幕僚長
→1954.3.16 保安監補昇任
陸上幕僚監部武器課長
03 久保功 1957.8.12 - 1959.7.31 北海道帝国大学 陸上幕僚監部武器課 陸上自衛隊武器補給処長
兼 霞ケ浦駐とん地司令
04 浦部聖 1959.8.1 - 1961.7.31 海兵56期 第三管区副総監
兼 伊丹駐とん地司令
北部方面総監部付
→1961.11.15 停年退官
05 土屋正夫 1961.8.1 - 1964.3.15 東京工業大学 第五管区副総監
兼 帯広駐とん地司令
技術研究本部技術開発官
06 岡新次 1964.3.16 - 1969.3.16 北海道帝国大学 陸上自衛隊武器補給処副処長
→1968.7.1 陸将昇任
陸上幕僚監部付
→1969.7.1 退職
07 宇宿行久 1969.3.17 - 1970.7.15 大阪帝国大学 陸上自衛隊武器学校副校長
兼 企画室長
陸上幕僚監部付
→1970.12.31 退職
08 榮啓二郎 1970.7.16 - 1972.6.30 東京帝国大学 陸上自衛隊武器補給処副処長
→1972.1.1 陸将昇任
陸上自衛隊武器補給処長
兼 霞ケ浦駐とん地司令     
09 川上進 1972.7.1 - 1974.3.15 陸士53期 中部方面総監部幕僚副長 陸上自衛隊九州地区補給処
兼 目達原駐とん地司令 
10 森下茂 1974.3.16 - 1976.3.15 京都帝国大学 陸上自衛隊幹部学校教官 陸上幕僚監部付
→1976.4.1 退職    
11 森清 1976.3.16 - 1978.7.27 陸航士58期 陸上自衛隊武器学校副校長
兼 企画室長
陸上自衛隊九州地区補給処長
兼 目達原駐とん地司令
12 樋口浩一郎 1978.7.28 - 1980.6.30 海機55期 調達実施本部東京支部副支部長
→1979.8.1 陸将昇任
退職
13 井原公夫 1980.7.1 - 1982.3.15 新居浜工専 自衛隊熊本地方連絡部長
→1981.7.1 陸将昇任
陸上自衛隊九州地区補給処長
兼 目達原駐とん地司令
14 磯野盛雄 1982.3.16 - 1984.3.15 陸士60期 自衛隊兵庫地方連絡部長
→1982.9.1 陸将昇任
退職
15 高木謙次
(陸将)
1984.3.16 - 1985.6.30 北海道大学 陸上幕僚監部装備部長 調達実施本部副本部長
(調達管理第一担当)
16 八田浩明
(陸将)
1985.7.1 - 1988.3.15 金沢大学 調達実施本部東京支部副支部長 退職
17 坂柳成功 1988.3.16 - 1990.3.6 防大1期 防衛大学校教授 死亡
18 郷原一保 1990.3.6 - 1991.6.30 防大2期 調達実施本部東京支部副支部長 退職
19 木村欣浩 1991.7.1 - 1994.3.22 防大5期 陸上幕僚監部装備部副部長 技術研究本部技術開発官
(陸上担当)
20 衛藤貞宗 1994.3.23 - 1995.6.29 防大5期 陸上自衛隊航空学校副校長 退職
21 土井義尚 1995.6.30 - 1997.3.25 防大9期 統合幕僚会議事務局
第4幕僚室長
技術研究本部技術開発官
(陸上担当)
22 田原明彦 1997.3.26 - 1998.3.25 防大9期 調達実施本部副本部長
(調達管理第二担当)
23 小田宮誠 1998.3.26 - 2000.6.30 防大10期 調達実施本部東京支部副支部長
→1998.7.1 陸将補昇任
退職
24 後藤健次 2000.6.30 - 2002.3.22 防大11期 第6師団副師団長
神町駐屯地司令
25 神本光伸 2002.3.22 - 2004.3.29 防大14期 防衛医科大学校学生部長
26 飯島矢素夫 2004.3.29 - 2005.3.28 防大15期 契約本部副本部長
(契約管理第二担当)
27 安井剛 2005.3.28 - 2006.8.4 防大16期 陸上自衛隊関東補給処副処長
28 福田裕 2006.8.4 - 2008.8.1 防大20期 陸上自衛隊九州補給処長
目達原駐屯地司令
29 新村暢宏 2008.8.1 - 2009.12.6 防大21期 中部方面総監部装備部長 陸上自衛隊中央業務支援隊
市ヶ谷駐屯地司令
30 若月寿一 2009.12.7 - 2011.8.4 防大23期 東北方面総監部幕僚副長 陸上自衛隊北海道補給処
島松駐屯地司令
31 濱﨑久実 2011.8.5 - 2013.12.18 陸上自衛隊東北補給処 退職
32 宮本忠明 2013.12.18 - 2015.3.30 防大24期 装備施設本部副本部長
(武器需品担当)
33 市川文一 2015.3.30 - 2017.8.1 防大27期 自衛隊愛知地方協力本部
34 眞弓康次 2017.8.1 - 2019.8.22 防大31期 防衛監察本部監察官 防衛装備庁調達事業部調達総括官
35 六車昌晃 2019.8.23 - 2020.12.21 生徒25期
日本大学
陸上自衛隊関東補給処副処長 退職
36 坂本正義 2020.12.22 - 防大32期 中部方面総監部装備部長

警備隊区編集

龍ケ崎市牛久市稲敷市阿見町河内町美浦村

保管・展示品やイベント編集

武器学校が展示する兵器として61式戦車74式戦車90式戦車主力戦車を筆頭に、保安隊・陸自創成期に日米相互防衛援助協定(MSA協定)によりアメリカ軍より供与されたM4中戦車M24軽戦車ソ連軍労農赤軍)のZiS-3 76mm野砲対戦車砲野砲)やM-42 45mm対戦車砲などを保管する。

また、帝国陸軍三式中戦車(チヌ)八九式中戦車乙型も収蔵されている。中でも三式中戦車は世界で唯一現存するものであり、八九式中戦車については隊員教育の一環として、また2007年(平成19年)10月14日の駐屯地開庁55周年記念の駐屯地祭のサプライズ公開として、自走できる状態までレストアされた。

敷地内のも有名である。2018年3月18日には、自転車レース「アーミライド」の会場となる予定である[3]

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集


座標: 北緯36度02分58秒 東経140度13分24秒 / 北緯36.04933度 東経140.22336度 / 36.04933; 140.22336