メインメニューを開く

陸前小野駅

日本の宮城県東松島市にある東日本旅客鉄道の駅

陸前小野駅(りくぜんおのえき)は、宮城県東松島市牛網字上江戸原にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)仙石線である。

陸前小野駅
駅舎(2012年3月)
駅舎(2012年3月)
りくぜんおの
Rikuzen-Ono
宮城県東松島市牛網字上江戸原43
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
電報略号 オノ←ヲノ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
345人/日(降車客含まず)
-2018年-
開業年月日 1928年昭和3年)4月10日
乗入路線
所属路線 仙石線
キロ程 36.0km(あおば通起点)
野蒜 (2.6km)
(1.6km) 鹿妻
所属路線 仙石東北ライン*
キロ程 34.2km(仙台起点)
野蒜 (2.6km)
(4.2km) 矢本
備考 簡易委託駅
* 正式路線名称は仙石線
テンプレートを表示

高城町駅から東北本線へ直通する仙石東北ラインの列車も停車する。

目次

歴史編集

駅構造編集

 
ホーム(構内踏切側から撮影)。左が1番線、右が2番線

島式ホーム1面2線を有する地上駅である。ホームへは構内踏切で連絡している。線路は1線スルーになっている。

石巻駅管理の簡易委託駅(東松島市が受託し、奥松島観光公社に再委託)。駅売店にPOS端末が設置され、乗車券定期券回数券自由席特急券を取り扱いしている(払い戻し業務はなし)。乗車駅証明書発行機と簡易Suica改札機設置。

のりば編集

番線 路線 方向 行先
1・2 仙石線
仙石東北ライン含む)
下り 矢本石巻方面[5]
仙石線 上り 松島海岸仙台方面[5]
仙石東北ライン 仙台方面[5]
  • 基本的に上下ともに2番線を使用する。

利用状況編集

JR東日本によると、2018年度(平成30年度)の1日平均乗車人員は345人である[利用客数 1]

近年の推移は以下のとおりである。

乗車人員推移
年度 1日平均
乗車人員
出典
2000年(平成12年) 391 [利用客数 2]
2001年(平成13年) 385 [利用客数 3]
2002年(平成14年) 368 [利用客数 4]
2003年(平成15年) 371 [利用客数 5]
2004年(平成16年) 396 [利用客数 6]
2005年(平成17年) 378 [利用客数 7]
2006年(平成18年) 364 [利用客数 8]
2007年(平成19年) 371 [利用客数 9]
2008年(平成20年) 390 [利用客数 10]
2009年(平成21年) 364 [利用客数 11]
2010年(平成22年) 346 [利用客数 12]
2011年(平成23年)    
2012年(平成24年) 175 [利用客数 13]
2013年(平成25年) 191 [利用客数 14]
2014年(平成26年) 206 [利用客数 15]
2015年(平成27年) 304 [利用客数 16]
2016年(平成28年) 333 [利用客数 17]
2017年(平成29年) 332 [利用客数 18]
2018年(平成30年) 345 [利用客数 1]


駅周辺編集

隣の駅編集

東日本旅客鉄道(JR東日本)
仙石線
普通
野蒜駅 - 陸前小野駅 - 鹿妻駅
仙石東北ライン
特別快速
通過
快速(赤快速)・快速(緑快速)
野蒜駅 - 陸前小野駅 - 矢本駅

脚注編集

[ヘルプ]

記事本文編集

  1. ^ 東北地方の運転見合わせ区間”. JR東日本 (2012年2月23日). 2012年2月24日閲覧。
  2. ^ 仙石線「陸前小野駅」新駅舎使用開始について (PDF) (JR東日本仙台支社プレスリリース 2012年3月13日)
  3. ^ 2015年5月 ダイヤ改正について (PDF) (JR東日本仙台支社プレスリリース 2015年2月26日)
  4. ^ JR仙石線全線、15年度にも復旧、一部区間を内陸に移設 『日本経済新聞』 2012年1月27日朝刊社会面
  5. ^ a b c 時刻表 陸前小野駅”. 東日本旅客鉄道. 2019年8月14日閲覧。

利用状況編集

  1. ^ a b 各駅の乗車人員(2018年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年7月18日閲覧。
  2. ^ 各駅の乗車人員(2000年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月8日閲覧。
  3. ^ 各駅の乗車人員(2001年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月8日閲覧。
  4. ^ 各駅の乗車人員(2002年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月8日閲覧。
  5. ^ 各駅の乗車人員(2003年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月8日閲覧。
  6. ^ 各駅の乗車人員(2004年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月8日閲覧。
  7. ^ 各駅の乗車人員(2005年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月8日閲覧。
  8. ^ 各駅の乗車人員(2006年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月8日閲覧。
  9. ^ 各駅の乗車人員(2007年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月8日閲覧。
  10. ^ 各駅の乗車人員(2008年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月8日閲覧。
  11. ^ 各駅の乗車人員(2009年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月8日閲覧。
  12. ^ 各駅の乗車人員(2010年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月8日閲覧。
  13. ^ 各駅の乗車人員(2012年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月8日閲覧。
  14. ^ 各駅の乗車人員(2013年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月8日閲覧。
  15. ^ 各駅の乗車人員(2014年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月8日閲覧。
  16. ^ 各駅の乗車人員(2015年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月8日閲覧。
  17. ^ 各駅の乗車人員(2016年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月8日閲覧。
  18. ^ 各駅の乗車人員(2017年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月8日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集