メインメニューを開く

陸前高砂駅

日本の宮城県仙台市宮城野区にある東日本旅客鉄道の駅

陸前高砂駅(りくぜんたかさごえき)は、宮城県仙台市宮城野区福室(ふくむろ)二丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)仙石線である。

陸前高砂駅
Rikuzen-Takasago-stn.jpg
駅舎(2011年7月)
りくぜんたかさご
Rikuzen-Takasago
福田町 (0.9km)
(1.7km) 中野栄
所在地 仙台市宮城野区福室二丁目6-10
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 仙石線
キロ程 8.6km(あおば通起点)
電報略号 タコ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
5,438人/日(降車客含まず)
-2018年-
開業年月日 1925年大正14年)6月5日
備考 業務委託駅
みどりの窓口
仙 仙台市内
テンプレートを表示

歴史編集

 
旧駅舎(2007年10月)

駅名由来は開業時の所在地、高砂村から採ったもの。既に鉄道省に高砂駅があったので、陸前の冠詞をつけた。

年表編集

駅構造編集

相対式ホーム2面2線を有する地上駅。南側に駅舎があり、互いのホームは跨線橋で連絡している。

多賀城駅管理の業務委託駅JR東日本東北総合サービス委託)。みどりの窓口(営業時間 6:40~20:30、途中休憩時間あり)、自動券売機自動改札機設置。JRの特定都区市内制度における「仙台市内」の駅である。

小さな駅舎と比べて大きな駐輪場とロータリーを持つ駅前広場が付属する。これは、仙台市のオムニバスタウン指定における施策で、「アクセス30分構想」の乗換駅の1つとされたためである(この施策の対象駅は、市内に同駅を含めて9箇所ある)。

のりば編集

番線 路線 方向 行先
1 仙石線 上り 仙台あおば通方面[1]
2 下り 松島海岸石巻方面[1]

利用状況編集

JR東日本によると、2018年度(平成30年度)の1日平均乗車人員は5,438人である[利用客数 1]

近年の推移は以下のとおりである。

乗車人員推移
年度 1日平均
乗車人員
出典
1999年(平成11年) 4,250
2000年(平成12年) 4,284 [利用客数 2]
2001年(平成13年) 4,197 [利用客数 3]
2002年(平成14年) 4,115 [利用客数 4]
2003年(平成15年) 4,329 [利用客数 5]
2004年(平成16年) 4,489 [利用客数 6]
2005年(平成17年) 4,603 [利用客数 7]
2006年(平成18年) 4,669 [利用客数 8]
2007年(平成19年) 4,670 [利用客数 9]
2008年(平成20年) 4,849 [利用客数 10]
2009年(平成21年) 4,859 [利用客数 11]
2010年(平成22年) 4,659 [利用客数 12]
2011年(平成23年)    
2012年(平成24年) 4,788 [利用客数 13]
2013年(平成25年) 5,047 [利用客数 14]
2014年(平成26年) 5,032 [利用客数 15]
2015年(平成27年) 5,098 [利用客数 16]
2016年(平成28年) 5,207 [利用客数 17]
2017年(平成29年) 5,345 [利用客数 18]
2018年(平成30年) 5,438 [利用客数 1]
1日平均乗車人員(単位:人/日)
 

駅周辺編集

仙台市都心部から見て北東の仙塩地区にある。周辺は、七北田川左岸の自然堤防上にある旧来からの市街地と、その周囲の沖積平野水田造成して出来た比較的新しい市街地からなる。駅前広場に接して国道45号が通る。

バスのりば編集

隣の駅編集

東日本旅客鉄道(JR東日本)
仙石線
福田町駅 - 陸前高砂駅 - 中野栄駅

脚注編集

[ヘルプ]

記事本文編集

  1. ^ a b 時刻表 陸前高砂駅”. 東日本旅客鉄道. 2019年8月14日閲覧。

利用状況編集

  1. ^ a b 各駅の乗車人員(2018年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年7月18日閲覧。
  2. ^ 各駅の乗車人員(2000年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月9日閲覧。
  3. ^ 各駅の乗車人員(2001年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月9日閲覧。
  4. ^ 各駅の乗車人員(2002年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月9日閲覧。
  5. ^ 各駅の乗車人員(2003年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月9日閲覧。
  6. ^ 各駅の乗車人員(2004年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月9日閲覧。
  7. ^ 各駅の乗車人員(2005年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月9日閲覧。
  8. ^ 各駅の乗車人員(2006年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月9日閲覧。
  9. ^ 各駅の乗車人員(2007年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月9日閲覧。
  10. ^ 各駅の乗車人員(2008年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月9日閲覧。
  11. ^ 各駅の乗車人員(2009年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月9日閲覧。
  12. ^ 各駅の乗車人員(2010年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月9日閲覧。
  13. ^ 各駅の乗車人員(2012年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月9日閲覧。
  14. ^ 各駅の乗車人員(2013年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月9日閲覧。
  15. ^ 各駅の乗車人員(2014年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月9日閲覧。
  16. ^ 各駅の乗車人員(2015年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月9日閲覧。
  17. ^ 各駅の乗車人員(2016年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月9日閲覧。
  18. ^ 各駅の乗車人員(2017年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月9日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集