陸 慧曉(りく けいぎょう、439年 - 500年)は、南朝宋からにかけての官僚は叔明。本貫呉郡呉県。高祖父は陸玩。曾祖父は陸始。祖父は陸万載。父は陸子真。

経歴編集

陸子真の子として生まれた。会稽郡太守張暢に幼くして見出され、「江東の裴・楽(裴頠楽広)なり」と評された。州郡の召辟に応じて、秀才に挙げられ、衛尉史となり、諸府の行参軍を歴任した。老齢の母を養うため家に帰り、十数年にわたって官に仕えなかった。蕭道成が政権を掌握して南朝宋の順帝を輔弼すると、慧曉は尚書殿中郎に任じられた。一族が祝いを述べにやってくると、慧曉は酒を掲げて「陸慧曉めは年30を越えて、妻の父に引き立てられて、始めて尚書郎になった。卿らがまた祝うようなことか」と言った。蕭道成が奢侈を禁じる上表をおこなったとき、順帝の答詔の草案を慧曉が書いた。そのことについて蕭道成の賞賛を受けて、慧曉は太傅東閤祭酒として召された。479年建元元年)、太子洗馬となった。481年(建元3年)、武陵王蕭曄が会稽郡太守となると、慧曉はその下で征虜功曹となった。何点が豫章王蕭嶷に推薦したため、慧曉は蕭嶷の下で司空掾に任じられた。483年永明元年)、長沙王蕭晃の下で鎮軍諮議参軍となった。安陸侯蕭緬が呉郡太守となると、慧曉はその下で諮議参軍となった。484年(永明2年)、始興王蕭鑑の下で前将軍安西諮議となり、冠軍録事参軍を兼ねた。司徒従事中郎に転じ、右長史となった。竟陵王蕭子良の下で西邸の書記をつとめた。

490年(永明8年)、西陽王蕭子明の下で征虜長史となった。巴陵王蕭子倫の下で後軍長史となった。492年(永明10年)、臨汝公蕭昭文の下で輔国長史となり、南豫州の事務を代行した。再び西陽王蕭子明の下で左軍長史となり、会稽郡丞を兼ね、会稽郡の事務を代行した。494年隆昌元年)、晋熙王蕭銶の下で冠軍長史・江夏内史となり、郢州の事務を代行した。

同年(建武元年)、西中郎長史に任じられた。まもなく黄門郎として召還され、受けないうちに吏部郎に転じた。明帝は慧曉を侍中として任用しようとしたが、体型が小さかったために取りやめられた。495年(建武2年)、慧曉は晋安王蕭宝義の下で輔国将軍・鎮北司馬となった。498年永泰元年)、征北長史・東海郡太守に任じられ、南徐州の事務を代行した。入朝して五兵尚書となり、揚州の事務を代行した。500年永元2年)、右軍将軍の号を受け、監南徐州として出向した。6月、持節・都督南兗兗徐青冀五州諸軍事・輔国将軍・南兗州刺史に任じられた。赴任してまもなく、病のため辞職して帰り、死去した。享年は62。太常の位を追贈された。

子女編集

伝記資料編集