メインメニューを開く

陸 胤(りく いん、拼音: Lu Yinベトナム語: Lục Dận、生没年不詳)は、中国三国時代の人物。字は敬宗本貫揚州呉郡呉県(現在の江蘇省蘇州市呉中区)。兄は陸凱。子は陸式

陸胤

西陵督・都亭侯
出生 生年不明
揚州呉郡呉県
死去 没年不明
拼音 Lu Yin
主君 孫権孫亮孫休
テンプレートを表示
陸胤
各種表記
繁体字 陸胤
簡体字 陆胤
拼音 Lu Yin
発音: ルー・イン
日本語読み: りく いん
英文 Lu Yin;Lục Dận
テンプレートを表示

生涯編集

若い頃、侍御史尚書選曹郎の役職にあり、名声があったため、後に孫和から礼を持って遇された。全寄楊竺孫覇を担ぎ、孫和派(太子派)と孫覇派(魯王派)との争いが勃発する(二宮の変)と、陸胤が武昌に行くことになった。太子に暇乞いをする際に、孫和から密命を受け族父の陸遜に廃嫡諫止の上表を依頼した。しかし禁中のことを漏らしたため、陸胤は収監されて拷問を受けた。陸胤は孫和を庇おうとして、発言を一切しなかった。

无事出獄後、衡陽督軍都尉となった。赤烏十一年(248年)には、交州九真郡の趙国達・趙嫗兄妹が呉に対して反乱を起こし、九真の呉軍はこの反乱軍に連戦連敗した。趙嫗が城や村を陥落させ州郡が騒然となったこと、象の頭にまたがり山中において群衆を率いた。この報告を聞いた孫権は、陸胤らに命じて九真郡の反乱を平定させた。交州刺史・安南校尉の陸胤が軍を率いてくると半年にわたる激戦となり、呉軍は趙国達・趙嫗兄妹の反乱軍に連戦連勝した。その後も周辺の郡の反乱を鎮圧し、反乱の首魁の黄呉を降参させ、数万以上の降伏者を兵士として軍に編入し強勢を誇ったという。激戦の末に趙嫗は敗れ自害した。この功で安南将軍を加官された。

太平三年(258年)、孫休が即位すると、陸胤は交州から召還され西陵督に任じられた上で、都亭侯に封ぜられた。後に虎林の地の守備に就いたという。華覈は陸胤を高く評価し、中央に召還し高い地位を与えるよう朝廷に上奏した。

その後の、陸胤の記述は途絶えており、没年も不明である。

子の陸式が爵位を継ぎ、柴桑督、揚武将軍となったが、天冊元年(275年)には孫皓によって、陸胤の兄の陸凱の一族と共に交州に強制移住させられた。しかし、天紀二年(278年)には建業に呼び戻され、元の将軍の号と侯の爵位とを与えられた。

陳寿は陸胤を「清廉潔白で職務に励み、南方で名声を得た」と評している。

家系図編集

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
陸続
 
陸褒
 
陸紆
 
陸駿
 
陸遜
 
陸延
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
陸抗
 
陸晏
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
陸景
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
陸玄
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
陸機
 
陸蔚
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
陸雲
 
 
陸夏
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
陸耽
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
陸瑁
 
陸喜
 
陸育
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
陸英
 
陸曄
 
陸諶
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
陸嘏
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
陸玩
 
陸始
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
陸納
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
陸康[ft 1]
 
陸儁
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
陸績[ft 2]
 
陸宏
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
陸叡
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
陸凱[ft 3]
 
陸禕
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
陸胤
 
陸式
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  1. ^ 三国志巻58に「遜少孤,隨従祖廬江太守康在官」とある。
  2. ^ 三国志巻57に「瑁従父績」とある。
  3. ^ 三国志巻61に「丞相遜族子也」とある。