メインメニューを開く

陸軍諜報33』(りくぐんちょうほう33、Army Intelligence 33 )は、1968年日本映画主演千葉真一監督小林恒夫製作東映モノクロシネマスコープ、88分[1]

陸軍諜報33
Army Intelligence 33
監督 小林恒夫
脚本 高岩肇金子武郎
出演者 千葉真一
緑魔子
吉田輝雄
今井健二
萩玲子
瞳麗子
室田日出男
根上淳
池部良
丹波哲郎
音楽 木下忠司
撮影 仲沢半次郎
編集 長沢嘉樹
製作会社 日本の旗 東映
配給 日本の旗 東映
公開 日本の旗 1968年2月9日
上映時間 88分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

解説編集

家族の絆や友情など過去との繋がりを一切断ち、黙々と使命に取り組むスパイの活躍をリアルタッチで再現した作品[2]諜報員を育成する陸軍中野学校で厳しい訓練を受けた将校が、暗躍する外国諜報機関の企みを暴く任務に就く主人公・山本和夫に千葉真一が扮する[3]。同年のテレビドラマ『キイハンター』でスパイと戦う国際警察の一員として千葉は主演しているが、本作では陸軍中野学校で訓練を受けて一人前のスパイとなり、北ボルネオイギリス軍による油田爆破計画を阻止する物語が描かれている[3]。主な脇役には和夫の義理の弟・柿沼に吉田輝雄。ドイツ人スパイの情婦緑魔子。柿沼を騙して運び屋をさせ、祖国を裏切る大学教授根上淳。日本の協力者でボルネオにいるスハルト・ダナンに池部良、尋常でない手段で和夫を陸軍中野学校へスカウトする秋山少佐に丹波哲郎らが配された。キャッチコピーは「軍隊脱走!死んだ筈の男が生きていた - 型破りの千葉アクションでみせるスパイ大作戦!!」。1974年に同じモチーフだがキャストや物語が異なる『ルバング島の奇跡 陸軍中野学校』(1974年)が製作され、この映画でも千葉は主演している。

ストーリー編集

1940年昭和15年)、陸軍将校・山本和夫は新郎の柿沼と新婦で妹の素子と柿沼の結婚式に出席し、幸せに包まれていた。その帰りに身に覚えのない罪で逮捕軍法会議位階勲等を剥奪され、懲役刑を言い渡される。これは和夫を陸軍中野学校の四期生へ引き抜き、家族・友人・社会との繋がりを絶つために行われたものであった。和夫は同期のメンバーと共に厳しい訓練を受け、一人前の諜報員に養成されていく。1941年(昭和16年)、卒業した和夫は外国の諜報網を壊滅、北ボルネオでの特殊作戦などの任務に就き、祖国のために粉骨砕身の活躍をする。

キャスト編集

スタッフ編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 陸軍諜報33”. 映画ライフログサービス KINENOTE. 2014年11月24日閲覧。
  2. ^ 陸軍諜報33”. 東映チャンネル. 2014年11月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年11月24日閲覧。
  3. ^ a b 陸軍諜報33”. 日本映画製作者連盟. 2014年11月24日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集