メインメニューを開く
艦歴
建造所 アメリカマサチューセッツ
起工
進水 万延元年(1860年[1]
竣工 元治元年(1864年[1]
就役 慶応元年(1865年)秋田藩が購入
慶応4年8月25日借上
その後 明治2年8月10日秋田藩へ返還
明治3年(1870年)売却
要目
排水量 530トン
全長 長さ:56.2m
全幅 幅:8.4m
吃水
機関 蒸気内車 280馬力
速力
航続距離
燃料
乗員
兵装 砲6門

陽春丸(ようしゅんまる)は、日本海軍軍艦明治政府軍として箱館湾海戦に参加した。艦名は春の盛りの時期を意味する。

目次

艦歴編集

元はアメリカで建造された砲艦で原名「サガモア(Sagamore)」。元治元年(1864年)に竣工し、その後民間に売却され汽船として使用されていたのを慶応元年(1865年)に秋田藩が購入し「カガノカミ」と命名、慶応4年(1868年)に「陽春丸」と改名された。同年8月25日(1868年10月10日)に新政府軍が借り上げて「陽春」と称し、翌明治2年(1869年)の榎本艦隊追撃に参加した。

以上は『日本海軍史』によったが『幕末の蒸気船物語』によると1861年12月「サガモア」建造、1865年に民間に売却され米商船「カガノカミ」と改名、慶応4年8月(1868年9月から10月)に秋田藩が購入し「陽春丸」となった、としている。

1869年4月24日(旧暦で明治2年3月13日)に浦賀を出港した「陽春」を含む艦隊は4月27日(旧暦3月16日)に宮古湾に到着、5月6日(旧暦3月25日)には「回天」の攻撃を受けた(宮古湾海戦)。「陽春」らは追撃のため当日に宮古湾を出港し、5月8日(旧暦3月27日)に青森港に入港した。5月19日(旧暦4月8日)に部隊を載せた輸送船と共に青森を出港、翌日に函館へ部隊を上陸させ、「陽春」らは艦砲射撃を実施し味方の進軍を助けた。6月5日(旧暦4月25日)には箱館湾に進入し榎本艦隊の軍艦および陸上砲台と砲撃戦を行った(箱館湾海戦)。また6月16日(旧暦5月7日)と海戦の最終日となった6月20日(旧暦5月11日)の砲撃戦にも「陽春」は参加している。海戦終了後の9月15日(旧暦8月10日)に秋田藩に返還された。

『近世帝国海軍史要』では正式に日本海軍軍艦として入籍した扱いとなっているという[2]

1870年(明治3年)に民間に売却され、大阪東京間の定期船として利用された。同年末にさらに売却されアメリカ人船主が所有、「ダイミョウ(Daimyo)」と改名し極東で使用された。ダイミョウのその後は明らかになっていない。

要目編集

右上にあるインフォボックスの要目は『日本海軍史』による。『幕末の蒸気船物語』によると「サガモア」は南北戦争時に急速建造された「90日砲艦」と呼ばれる砲艦であり、その要目は以下のようであった。

  • 排水量:691トン
  • 水線長:48.26m
  • 幅:8.53m
  • 吃水:2.90m
  • 機関出力:400馬力(IHP)
  • 速力10ノット

また『聯合艦隊軍艦銘銘伝』によると『近世帝国海軍史要』に排水量1500と記されているという。これは単純換算すると767容積トンとなる。

参考文献編集

  • 海軍歴史保存会『日本海軍史 第7巻』(第一法規出版、1995年)
  • 片桐大自『聯合艦隊軍艦銘銘伝』(光人社、1993年) ISBN 4-7698-0386-9
  • 元綱数道『幕末の蒸気船物語』(成山堂書店、2004年) ISBN 4-425-30251-6

脚注編集

  1. ^ a b 『日本海軍史』による。『幕末の蒸気船物語』によると1861年12月に建造。
  2. ^ 『聯合艦隊軍艦銘銘伝』p208。