陽気な墓ルーマニア語: Cimitirul Vesel 発音 [t͡ʃimiˈtirul ˈvesel] )は、ルーマニアマラムレシュ県サプンツァ村にある墓地。鮮やかな色の墓標に、埋葬されている人々の生涯の場面を独創的かつ詩的な方法で描いた素朴な絵画で有名である。陽気な墓は野外博物館となりルーマニアの観光名所になった。

陽気な墓(video)
陽気な墓の墓標

この墓地は、死を消えることのない厳粛なものと見なすヨーロッパの一般的な信仰とは全く異なる特徴を持つ。現地のダキア文化では、魂の不滅性を哲学的信条とし、死はより良い生活への喜びと期待に満ちた瞬間であるとされており、陽気な墓はその信仰を象徴している(ザルモクシス信仰en:Zalmoxianismを参照)。

陽気な墓の碑文は、2017年にRoxana Mihalcea [1]が編纂した書籍Crucile de la Săpânța、およびPeter Kayafasによる写真集The Merry Cemetery of Sapantaに収集されている。[1]

創設者編集

墓地の創設者は、最初の十字架を彫刻した地元の芸術家、スタン・ヨン・パトラシュである。 1935年にパトラシュは最初の碑文を彫り、1960年代の時点では樫の木の十字架は800を超えた。彼の十字架の碑文には次のように書かれている。

ルーマニア語 日本語
De cu tînăr copilaș 小さい頃から
Io am fost Stan Ion Pătraș 私はスタン・ヨン・パトラシュとして知られていた
Să mă ascultaț oameni buni 聞いてくれ
Ce voi spune nu-s minciuni 私が言おうとしていることに嘘はない
Cîte zile am trăit 私は人生を通じて
Rău la nime n-am dorit 私は誰にも危害を加えず
Dar bine cît-am putut できる限り良くしてきた
Orișicine mia cerut 求められた人々に
Vai săraca lumea mea ああ、世界よ
Că greu am trăit în ea とても生きづらかった

面白い碑文編集

ルーマニア語 日本語
Sub această cruce grea この重い十字架の下に
Zace biata soacră-mea 私の最愛の姑眠る
Trei zile de mai trăia もしあと3日生きていたら
Zăceam eu și cetea ea. 私がここに横たわり、姑が(この十字架を)読むことになっただろう
Voi care treceți pă aici ここを通りかかっているあなた
Incercați să n-o treziți 決して姑を起こさないで
Că acasă dacă vine 姑が家に戻ったら
Iarăi cu gura pă mine きっと私は叱られる
Da așa eu m-oi purta はい、私も気をつけます
Că-napoi n-a înturna 姑が墓から戻らないように
Stai aicea dragă soacră-mea ここにいて、私の最愛の姑!

関連項目編集

参考文献編集

  1. ^ The Merry Cemetery of Sapanta”. Purple Martin Press. 2020年6月17日閲覧。

外部リンク編集