メインメニューを開く

陽池穴(ようちけつ)は、手の少陽三焦経に所属する4番目の経穴である。同経の原穴である。

部位編集

手関節後面横紋のほぼ中央にあり、総指伸筋腱と小指伸筋腱の間、手関節後面横紋中で、橈骨端と尺骨茎状突起間で、手根骨との間の陥凹部に取穴する。

名前の由来編集

陽は手の背側、池は陥凹、間隙のことで池の形に似ているため名づけられた。

効能編集

腕痛、肩臂痛、難聴、瘧疾、消渇、口乾、喉の炎症や痛みに使われる。 

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集