隆崇院(りゅうそういん、慶安元年(1648年) - 寛文9年5月14日1669年6月12日))は、甲府藩主・徳川綱重正室。父は関白二条光平。母は賀子内親王

生涯編集

関白・二条光平の娘として生まれ、後に九条兼晴の養女となり、寛文2年(1662年)に甲府藩主・徳川綱重に嫁いだ。綱重は隆崇院が嫁ぐ以前に、側室の於保良との間に虎松(後の6代将軍・家宣)を出産していたが、二条家出身の正室に憚って家臣に虎松をあずけた。

寛文9年(1669年)に死去した。享年22。戒名は隆崇院殿理廓良智大禅定尼。墓所は東京都文京区にある伝通院。また東京都品川区にある浄土宗善長山隆崇院は、6代将軍・徳川家宣が、父・綱重の正室であった隆崇院のために建てたとされる。

参考文献編集

  • 『幕府祚胤伝』
  • 秋元茂陽『徳川将軍家墓碑総覧』(パレード、星雲社2008年