メインメニューを開く

隈 研吾(くま けんご、1954年昭和29年〉8月8日 - )は、昭和平成令和時代の日本建築家一級建築士)。神奈川県横浜市出身。著名な親族として、篠原聡子(建築家)のほか、遠い親戚の後藤勇吉航空機パイロット)がいる[1]

隈研吾
Kengo Kuma at Strelka Institute.jpg
2014年6月(60歳前)
生誕 (1954-08-08) 1954年8月8日(65歳)
日本の旗 日本 神奈川県横浜市
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京大学大学院建築意匠専攻
職業 建築家
配偶者 篠原聡子
受賞 日本建築学会賞作品賞(1997年)
村野藤吾賞(2001年)
リーフ賞(2008年)
毎日芸術賞(2010年)
芸術選奨(2011年)
公式サイト kkaa.co.jp
所属 慶應義塾大学
東京大学工学部
隈研吾建築都市設計事務所
建築物 M2ビル
水/ガラス
伝統芸能伝承館森舞台
那珂川町馬頭広重美術館
石の美術館
GREAT (BAMBOO) WALL
サントリー美術館
根津美術館本館

株式会社隈研吾建築都市設計事務所主宰。東京大学教授1990年代半ば以降(ゆすはら座関連設計以降)、木材を使うなど「(日本)」をイメージしたデザインを旨としており[2]、「和の大家」とも称される[2]

来歴編集

神奈川県横浜市大倉山出身。三菱金属鉱業(現・三菱マテリアル)のサラリーマンであった父親(長崎県大村市出身で東京・日本橋育ち[3])が45歳の時の息子で[4][5]、医院を営んでいた母方の祖父が建てた大倉山駅近くの古い家で育つ[4][6]

初めは好きゆえに獣医を志していたが、家屋の修繕をするデザイン好きの父親に付き合ううちに、建築に興味を持つようになる[5]大田区立田園調布小学校に通っている時、1964年(昭和39年)の開催を控えた東京オリンピックの建築物を目にし、いよいよ本気で建築家を志すこととなった[4][7]栄光学園高校では、189センチメートルの長身を生かしてバスケットボール部でセンターを守っていた[7]

東京大学工学部建築学科を卒業後、東京大学大学院建築意匠専攻修士課程を修了(1979年[8])。在学中は、芦原義信槇文彦内田祥哉原広司らに師事した。同級生には小林克弘首都大学東京教授)や大江匡(建築家)、村田誉之大成建設)がいた[9]

大学院で修士論文を書いていた時期に、同級生の多くは当時話題の新鋭・安藤忠雄に憧れていたが、隈はその逆を行くことを選択し、アトリエ系事務所ではなく、社会に揉まれるためにと大手設計事務所の日本設計に就職した[10]

その後、戸田建設米国コロンビア大学建築・都市計画学科客員研究員(1985-1986年〈昭和60~61年〉)を経て、1990年(平成2年)に隈研吾建築都市設計事務所を設立する。法政大学工学部建設工学科非常勤講師、慶應義塾大学環境情報学部特別招聘教授(1998年〈平成10年〉4月から1999年〈平成11年〉3月)、早稲田バウハウス・スクール講師(1999年〈平成11年〉から2002年〈平成14年〉春・夏)、慶應義塾大学理工学部客員教授(2002年〈平成14年〉4月から2007年〈平成19年〉3月)慶應義塾大学理工学部システムデザイン工学科教授(2007年〈平成19年〉から2009年〈平成21年〉3月)、米国イリノイ大学建築学科客員教授(2007年〈平成19年〉から2008年〈平成20年〉)を経て、2009年(平成21年)4月より東京大学工学部建築学科教授に就任。2007年(平成19年)3月に博士論文「建築設計・生産の実践に基づく20世紀建築デザインと大衆社会の関係性についての考察」を慶應義塾大学に提出し、博士(学術)の学位を取得。2008年(平成20年)には、フランスの首都パリに Kuma & Associates Europe を設立。 2018年(平成30年)には、開校予定の高知県立林業大学校の初代校長に決まる[11]

初期はドーリック南青山ビルM2ビルなどポストモダニズムに一部脱構築主義要素を加えた建物を発表していたが、高知県高岡郡檮原町の「ゆすはら座」存続への関わりをきっかけとして[12]、木材などの自然素材を生かした建築や、縦格子を多用したデザインが特徴的な作品を多く手がけるようになる。近年[いつ?]は活躍の場を海外にも広げ、国際コンペでの受賞も着実に増やしており、世界的に注目される日本人建築家の一人として認識されつつある。また、設計のほか、室内演出や家具[13]食器などのデザイン、ホテルマンションの監修も手がける。

2010年代には、自らのデザインポイントの一つとして、ストラクチャーを際立たせ過ぎないための「粒感」を挙げている[14]

2005年日本国際博覧会(愛知万博)では、会場計画プロジェクトチームに所属して会場とパビリオンの設計に携わっていたが、自然保護団体の反対で度々計画が縮小したため、辞任した。

中華人民共和国北京市郊外のグレート(バンブー)ウォール2008年北京オリンピックのCMにも使われた[15]韓国では、知韓派の建築家として活動している[16]

2018年(平成30年)には、約30年間の活動を紹介する個展「くまのもの」(会期:3月3日~5月6日)を東京駅構内の東京ステーションギャラリーで開催し[17]、これまで使ってきた10種類の素材(竹、木、紙、土、石、金属、ガラス、瓦、樹脂、膜・繊維)ごとに合計75件のプロジェクトの模型・資料などを展示した[18]

現在早稲田大学特命教授であり、兼ねてより親交の深い村上春樹の要請により、2020年(令和2年)4月オープン予定の早稲田大学国際文学館、通称村上春樹ライブラリーの設計を担当することが決定した[19]

栄典編集

受賞編集

著書編集

  • 10宅論
  • 新・建築入門
  • グッドバイ・ポストモダン
  • 建築的欲望の終焉
  • 建築の危機を超えて
  • 反オブジェクト(ちくま学芸文庫
  • 負ける建築
  • 隈研吾:レクチャー / ダイアローグ
  • 新・都市論TOKYO(清野由美との共著)集英社新書
  • 自然な建築
  • 素材の系譜(監修)
  • 三低主義(三浦展との共著)
  • 境界(監修)
  • 新・ムラ論TOKYO(清野由美との共著)集英社新書
  • 日本人はどう住まうべきか?(養老孟司との共著)
  • 対談集 つなぐ建築
  • 場所原論 - 建築はいかにして場所と接続するか - (市ヶ谷出版社

作品集・関連書籍編集

  • 隈研吾読本I・II / A.D.A. EDITA Tokyo
  • 隈研吾 マテリアル・ストラクチャーのディテール / 彰国社
  • JA The Japan Architect 38 : 隈研吾 / 新建築社
  • Kengo Kuma Selected Works / Botond Bognar著 / Princeton Architectural Press, USA
  • GA Architect 19 隈研吾 / A.D.A. EDITA Tokyo
  • Kengo Kuma : Works and Projects / Luigi Alini著 / Mondadori Electa, イタリア
  • Kengo Kuma / C3 / 韓国
  • Kengo Kuma Recent Project 隈研吾最新プロジェクト / A.D.A. EDITA Tokyo
  • Material Immaterial : The New Work of Kengo Kuma / Botond Bognar著 / Princeton Architectural Press, USA
  • Studies in Organic / Kengo Kuma & Associates 編 / TOTO出版
  • NA建築家シリーズ02 隈研吾 / 日経アーキテクチュア編 / 日経BP社
  • 隈研吾 極小・小・中・大のディテール / 隈研吾建築都市設計事務所 編著 / 彰国社
  • I Maestri dell’Architettura Kengo Kuma / Hachette Fascicoli, イタリア

建築作品編集

手掛けた建築作品を、竣工もしくは納品した時期の古いほうから順に記載する(内装など、厳密には「建築」ではない作品も含む)。ただし、月日の情報を欠く物件が多く、同じ年に完成した物件の記載順は甚だ不正確なものにならざるを得ない。月日の情報を確認できるものを先に記す。作品(物件)の名義も、なるべく正確性を期すが、一次資料の時点で不正確なものが珍しくない。また、依頼者と設計者で用いる名称が異なる場合は、前者を主、後者を副とする。

1980年代編集

1985年昭和60年)
  • バルブ・ショップ
1986年(昭和61年)
1988年(昭和63年)
  • 伊豆の風呂小屋 - 別荘
1989年平成元年)
  • 建築史再考
当年9月竣工。東京都港区南青山2-14-17に所在する[gm 1]テナントビル。設計:空間研究所(隈研吾)。施工:間組。用途:店舗事務所集合住宅

1990年代編集

1990年(平成2年)
  • De町屋
1991年(平成3年)
  • RUSTICビル(都住創ラスティックビル)
当年1月竣工。東京都新宿区天神町77に所在する[gm 2]オフィスビル(コーポラティブオフィスビルディング、cf. コーポラティブハウス)。施工:井上工業。用途:事務所。
  • ドーリック南青山ビル
   
ドーリック南青山ビル
M2ビル(東京メモリードホール)
当年9月竣工。東京都港区南青山2-27-14に所在する[gm 3]、事務所・店舗用の複合ビル。M2ビルと共に、活動初期を代表するポストモダン建築作品の一つで、ギリシア建築ドーリア式エンタシスに似たエレベーター塔が聳え立つ。■右列に画像あり
当年10月竣工[20]11月28日開業の、商業施設として建設されたビル。東京都世田谷区2-4-27に所在[gm 4]自動車メーカー・マツダ子会社であるデザイン・ラボM2」の本社ビルとして環状八号線沿いに建設された。「M2」は「第2のマツダ」を意味する。2002年(平成14年)に冠婚葬祭サービス業の株式会社メモリードに売却され、斎場「東京メモリードホール」となって今に到る[20][21]。デザインはほぼオリジナルのまま転用されており[20]、「M2ビル」という建造物名も継承されている[21]。ドーリック南青山ビルと共に、活動初期を代表するポストモダン建築作品の一つで、イオニア式ギリシア建築などを強く意識させる設計となっている。■右列に画像あり
  • マイトン・リゾート
タイ王国プーケット県のプーケット島の南東沖にあるマイトン島 (Mai Thon Island, Maiton Island) のリゾート施設。
1992年(平成4年)
  • 鬼ノ城ゴルフ倶楽部 クラブハウス [2]
岡山県総社市奥坂666に所在する[gm 5]、ゴルフクラブのクラブハウス。
 
檮原町地域交流施設(現・雲の上のホテル)
1994年(平成6年)
  • 梼原町地域交流施設(現・雲の上のホテル) [3]
高知県高岡郡梼原町太郎川3799-3に所在。■右列に画像あり
1995年(平成7年)
  • ATAMI 海峯楼「水 / ガラス」 [4]
静岡県熱海市春日町8-33に所在するリゾートホテル「ATAMI 海峯楼」[gm 7]内の一施設。
1996年(平成8年)
  • 乙字亭「川 / フィルター」
当年12月竣工。福島県石川郡玉川村大字竜崎滝山12-26に所在する飲食店店舗。[gm 8]
  • レイクウッドゴルフクラブ富岡コース「ガラス / 影」
群馬県富岡市小桑原432に所在するゴルフクラブのクラブハウス[gm 9]
宮城県登米郡登米町寺池上町42に所在する[gm 10]博物館能舞台の複合施設。第48回(1997年度)日本建築学会賞受賞。■右列に画像あり
1998年(平成10年)
1999年(平成11年)
  • ゲストハウス「森 / スラット」
当年3月竣工。神奈川県三浦郡葉山町に所在。
  • 北上川・運河交流館 水の洞窟
宮城県石巻市水押3-6-1[gm 11]に所在する博物館。建物は旧北上川の河川公園の土手に埋もれたように佇む。

2000年代前半編集

 
石の美術館
 
高崎駐車場 (WEST PARK 1000)
2000年(平成12年)
2001年(平成13年)
  • 高崎駐車場 (WEST PARK 1000)  ■右列に画像あり
  • 県南総合防災センター - 茨城県北相馬郡藤代町に所在。[8]
  • レストラン ソル・ポニエンテ「海 / フィルター」 [9]
  • 銀山温泉共同浴場「しろがね湯」 [10]
2002年(平成14年)
2003年(平成15年)
2004年(平成16年)

2000年代後半編集

 
長崎県美術館
2005年(平成17年)
2006年(平成18年)
  • 檮原町総合庁舎
当年10月竣工[22]高知県高岡郡檮原町檮原1444-1に所在[gm 12]。設計者:慶應義塾大学理工学部システムデザイン工学科、および、隈研吾建築都市設計事務所[22]
  • Y HÜTTE - 別荘。
  • ちょっ蔵広場 - JR宝積寺駅前に所在する、ホール・多目的展示場。
  • ほしのさと増築工事 - 山口県下松市に所在する特別養護老人ホーム。 [21]
  • 銀山温泉 藤屋 [22]
  • Z58 [23]
当年7月竣工[23]中国上海市長寧区番禺路58号(近延安西路)に所在する[23][gm 13]、オフィス・ショールーム複合施設[23]
 
サントリー美術館
2007年(平成19年)
2008年(平成20年)
 
根津美術館 本館(3代目)
2009年(平成21年)
当年2月28日竣工[26]東京都港区南青山6-5-1に所在[gm 14]。「根津美術館」名義で、第52回(2009年度)BCS賞を受賞[26]2010年〈平成22年〉に受賞)、第51回(2009年度)毎日芸術賞を受賞(2010年1月に受賞[27])。■右列に画像あり。
  • Cha Cha Moon(レストラン・ロンドン) [33]
  • 史跡金山城跡ガイダンス施設・太田市金山地域交流センター
  • ガーデンテラス長崎 - ホテル。 [34]
  • 玉川髙島屋S・C マロニエコート
  • ルシアン ペラフィネ 心斎橋店 - 大阪府大阪市心斎橋に所在。

2010年代前半編集

2010年(平成22年)
 
東急キャピトルタワー
当年7月31日竣工。東京都千代田区永田町2-10-3に所在[gm 15]ザ・キャピトルホテル 東急が核テナントとして当年10月22日に開業したビル。■右列に画像あり
  • まちの駅「ゆすはら」(雲の上のホテル別館 マルシェ・ユスハラ) [28][29][30]
同年7月竣工[28]。高知県梼原町梼原1196-1に所在する町営ホテル[28][gm 16]で、アトリウム市場マルシェ)になっている[28]。1994年(平成6年)に隈研吾建築都市設計事務所が設計した「梼原町地域交流施設(現・雲の上のホテル) 」の増築の一環。越えをする旅人を茅葺屋根の茶堂でもてなしてきた梼原の人々の昔話に触発され、地域の文化と伝統を茅葺の外壁でも表現している[28]
  • 梼原 木橋ミュージアム(雲の上のギャラリー) [31]
同年9月竣工[31]。高知県梼原町太郎川3799-3に所在する、「雲の上のホテル」と「雲の上の温泉」を連結する通路兼ミュージアム[gm 17]。1994年(平成6年)に隈研吾建築都市設計事務所が設計した「梼原町地域交流施設(現・雲の上のホテル)」の増築の一環。「雲の上のギャラリー」は、いわばサブタイトル。
  • 川棚の杜 山口県下関市川棚温泉交流センター [36]
  • 安藤百福記念自然体験活動指導者養成センター [37]
  • プロソミュージアム・リサーチセンター
  • 三里屯SOHO - 中国北京市に所在する複合商業施設。
  • Glass/Wood house - 別荘。
  • Bamboo/Fiber - 住宅。
  • 赤城神社 / パークコート神楽坂 - 神社集合住宅[38]
  • 上下 - 中国上海市に所在する店。 [39]
  • 玉川髙島屋S • C本館ファサードの改修
  • 華都飯店 - レストラン。
  • STONE ROOF - 別荘。
2011年(平成23年)
  • 巴馬ロハスカフェ - レストラン。
  • 京都国際ホテル 客室モデルルーム - ホテル客室。
  • 京都国際ホテル ステーキハウス近江 - レストラン。
  • Mesh / Earth - 長屋。
  • カフェ・クレオン - 飲食店。
  • Memu Meadows - 実験住宅。 [40]
  • Casalgrande Old House - イベントホール及びギャラリー。
  • Green Cast - 複合ビル。
  • スターバックスコーヒー 太宰府天満宮表参道店 - 飲食店。 [41]
  • 新津 知・芸術館 - 美術館。
2012年(平成24年)
当年3月31日竣工[33]。東京都多摩市和田1254-6に所在[gm 18]。設計:日本設計、隈研吾建築都市設計事務所。施工:竹中工務店。第54回(2013年)BCS賞受賞[33]
   
長岡市シティホールプラザ アオーレ長岡(内部)
浅草文化観光センター
当年3月竣工[34]4月1日開業。新潟県長岡市大手通1-4-10に所在する[gm 19]長岡市役所本庁舎などが入った複合交流施設。2012年度グッドデザイン賞、2014年度日本建築学会賞ほか、受賞多数[34]。■右列に画像あり
2010年(平成22年)着工[35]、2012年(平成24年)3月竣工[35]、同年4月20日開業[36]。東京都台東区雷門2-18-9に所在する[gm 20]、観光案内を主とする多目的施設。2012年度グッドデザイン賞受賞[36][35]。■右列に画像あり
  • ガーデンテラス宮崎ホテル&リゾート
当年9月納品[1]宮崎県宮崎市下原町247-18に所在[gm 21]。テーマは「竹とガラスと水」[1]。隈の母方の祖母は、国内民間パイロットの先駆者であった後藤勇吉の姉に当たり、後藤は宮崎県延岡市出身ということで[1]、係る縁は当ホテルの盛んに謳うところでもある[1]
  • マルセイユ現代美術センター(FRAC マルセイユ) [37]
当年12月竣工[38]、2013年(平成25年)1月開館。フランス南東部のマルセイユ (20 Boulevard de Dunkerque, 13002 Marseille) [gm 22]に所在する美術館
2013年(平成25年)
   
GINZA KABUKIZA
サニーヒルズ南青山店
当年2月28日竣工[39]歌舞伎座2月26日竣工、4月2日開館)。歌舞伎専用劇場「歌舞伎座」とオフィスビル歌舞伎座タワー」で構成された複合ビル。東京都中央区銀座4-12-15に所在[gm 23]。設計:三菱地所設計、共同設計:(意匠)隈研吾建築都市設計事務所[39]。施工:清水建設[39]。■右列に画像あり
当年2月竣工[41]4月12日開業[42]長崎県西海市大島町1577-8に所在するリゾートホテル。設計監理:隈健吾建築都市設計事務所[41]。施工:鹿島建設[41]
当年3月21日開業。東京都千代田区丸の内2-7-7-2に所在[gm 24]。内装環境設計を手がけた。
  • サニーヒルズ南青山店 [43]
当年9月竣工[44]。東京都港区南青山3-10-20に所在[gm 25]台湾資本のケーキ屋「微熱山丘(サニーヒルズ)」の東京第1号店舗[44]。日本伝統の木造建築技法である組木格子「地獄組み」を全面的に使用[44][45]。■右列に画像あり
2014年(平成26年)
当年春に改装完工[46]石川県金沢市橋場町2-17に所在[gm 26]。ギャラリーや茶室など館内施設の改装を設計監理[46]
  • ダイワユビキタス学術研究館
2012年(平成24年)10月着工[47]、2014年(平成2年)5月14日竣工[47]東京大学本郷キャンパス内の東京都文京区本郷7-1-2に所在する[gm 27]東京大学大学院情報学環の研究棟[47]大和ハウス工業の寄付で建てられた[48]。総合監修:坂村健ユビキタスコンピューティング提唱者、東京大学大学院情報学環 教授)[47]。設計:隈研吾(東京大学大学院工学系研究科 教授)[47]及び設計事務所。施工:大和ハウス工業[47]
 
としまエコミューゼタウンビル
 
高尾山口駅 駅舎

2010年代後半編集

2015年(平成27年)
  • 十和田市 市民交流プラザ「トワーレ」[49](設計事務所での名称:十和田市民交流プラザ[50]
当年1月竣工[50]10月14日開館[49]青森県十和田市稲生町18-33に所在する、市の多目的交流施設[49][gm 28]
当年3月2日竣工、5月7日開業の超高層ビル。東京都豊島区南池袋2-45-1に所在[gm 29]豊島区役所本庁舎と商業施設超高層マンションがテナントとして入っており、マンション一体型本庁舎として日本初。隈研吾建築都市設計事務所は、外観と一部内観のデザインを協力担当。2015年度グッドデザイン賞受賞、第58回(2017年度)BCS賞受賞。■右列に画像あり
当年4月24日に改築完工。東京都八王子市高尾町2241に所在[gm 30]2016年(平成28年)9月29日グッドデザイン賞を受賞。■右列に画像あり
2013年(平成25年)5月着工、2015年(平成27年)5月9日一部竣工、6月8日開業、8月完工[51]富山県富山市西町5-1に所在[gm 31]富山市ガラス美術館富山市立図書館本館、富山第一銀行本店が入る複合施設[51]。設計:アール・アイ・エー (RIA)、隈研吾建築都市設計事務所、三四五建築研究所共同企業体 (JV)。施工:清水建設佐藤工業JV。
  • 中国美術学院民芸博物館
当年7月12日開館[52]中国美術学院中国語版中国杭州市にあるキャンパス内に所在する博物館。中国初の民芸博物館[52]茶畑であった山の斜面の地形を生かして、菱形の屋根をつづら折りに連続させた多面体の建築物。
2011年(平成23年)11月着工、2015年(平成27年)10月竣工[54]中国上海市虹口区吴淞路575号に所在するオフィスビル[53][gm 32]
   
KITTE博多
1階通路・セットバック、2階デッキの天井
2016年(平成28年)
2017年(平成29年)
  • 成城木下病院
東京都世田谷区成城6-13-20に所在[gm 33]2012年(平成24年)受注、2017年(平成年)2月竣工[55]、同年12月納品[56]病院の設計はこれが初。
出身校という縁もあり、隈が設計監修。2017年度グッドデザイン賞受賞。
2018年(平成30年)
2019年(平成31年/令和元年)

進行中編集

進行中の主な建築プロジェクトを記載する。

パビリオン作品編集

  • CIDORI(チドリ)
  • 水ブロック
  • Tee Haus
  • ストーン カード キャッスル [54]
  • Two Carps [55]
  • 浮庵(フアン)
  • カサ・アンブレラ
  • Water Branch House [56]
  • ポリゴニウム [57]
  • Con / Fiber(コンファイバー)[58]
  • CERAMIC YIN YANG [59]
  • Air Brick [60]
  • セラミッククラウド [61]
  • 泡でつつむ [62]

出演編集

隈事務所出身の建築家編集

その他編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 「GINZA KABUKIZA」は歌舞伎座と歌舞伎座タワーという2つの施設が合体した物件の名称であって、「GINZA KABUKIZA = 歌舞伎座タワー」ではない。
Googleマップ
  1. ^ 南青山2-14-17(地図 - Google マップ) ※該当施設は赤色でスポット表示される。基本的に以下同様。
  2. ^ 都住創ラスティック(地図 - Google マップ
  3. ^ ドーリック南青山(地図 - Google マップ
  4. ^ 東京メモリードホール(地図 - Google マップ
  5. ^ 鬼ノ城ゴルフ倶楽部(地図 - Google マップ
  6. ^ 亀老山展望台(地図 - Google マップ
  7. ^ 海峯楼(地図 - Google マップ
  8. ^ 玉川村竜崎滝山12-26(地図 - Google マップ
  9. ^ 富岡市小桑原432(地図 - Google マップ
  10. ^ 伝統芸能伝承館森舞台(地図 - Google マップ
  11. ^ 石巻市水押3-6-1(地図 - Google マップ
  12. ^ 檮原町檮原1444-1(地図 - Google マップ
  13. ^ Z58(地図 - Google マップ
  14. ^ 南青山6-5-1(地図 - Google マップ
  15. ^ 東急キャピトルタワー(地図 - Google マップ
  16. ^ まちの駅「ゆすはら」(地図 - Google マップ
  17. ^ 梼原 木橋ミュージアム(地図 - Google マップ
  18. ^ 帝京大学小学校(地図 - Google マップ
  19. ^ シティホールプラザ アオーレ長岡(地図 - Google マップ
  20. ^ 浅草文化観光センター(地図 - Google マップ
  21. ^ ガーデンテラス宮崎ホテル&リゾート(地図 - Google マップ
  22. ^ FRAC Marseille(地図 - Google マップ
  23. ^ 銀座4-12-15(地図 - Google マップ
  24. ^ JPタワー(地図 - Google マップ
  25. ^ サニーヒルズ南青山(地図 - Google マップ
  26. ^ 大樋美術館(地図 - Google マップ
  27. ^ ダイワユビキタス学術研究館(地図 - Google マップ
  28. ^ 十和田市 市民交流プラザ(地図 - Google マップ
  29. ^ 南池袋2-45-1(地図 - Google マップ
  30. ^ 八王子市高尾町2241(地図 - Google マップ
  31. ^ TOYAMAキラリ(地図 - Google マップ
  32. ^ 虹口SOHO(地図 - Google マップ
  33. ^ 成城6-13-20(地図 - Google マップ

出典編集

  1. ^ a b c d e “隈研吾さん、後藤勇吉と親戚 本県ホテルも設計”. 宮崎日日新聞 (宮崎日日新聞社). (2015年12月23日). https://www.the-miyanichi.co.jp/special/happynews/detail.php?detailid=1510045289 2019年7月1日閲覧。 
  2. ^ a b “新国立競技場 迷走ようやくピリオド「和の大家」デザイン”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2015年12月22日). https://mainichi.jp/sportsspecial/articles/20151222/k00/00e/050/240000c 2019年7月1日閲覧。 
  3. ^ 長崎倶楽部 No.31 巻頭インタビュー22 私と長崎 2006.8.1
  4. ^ a b c 外苑の森に「杜のオリンピックスタジアム」をつくる(上) - NIKKEI STYLE、2016年8月4日
  5. ^ a b ほぼ日刊イトイ
  6. ^ 『三低主義』
  7. ^ a b Com-et TOTO
  8. ^ キーマンが語るトウキョウ地図 第1回 建築家 隈研吾氏「都市を前に進める新たなエンジンが必要」 - 社団法人東京建設業協会
  9. ^ 自分の道が分からずもがき苦しむ、隈研吾氏に聞く(1) - ケンプラッツ
  10. ^ 「負ける建築」を体で覚える、隈研吾氏に聞く(3)(新しい建築の鼓動2010) - 日経アーキテクチュア、2009年12月1日
  11. ^ [1]
  12. ^ テレビ東京『カンブリア宮殿』2011年8月4日放送
  13. ^ プレステージジャパン、隈研吾氏デザインの家具『日本経済新聞』朝刊2018年2月14日
  14. ^ 【隈研吾】生物に重要なのは「粒状感」 日本建築文化保存協会で創作の原点語る - 建設通信新聞の公式記事ブログ、2016年12月7日
  15. ^ 再発見、日本建築の底力─『自然な建築』(隈研吾著)JBpress 隈研吾インタビュー)
  16. ^ http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/06/08/2014060800461.html
  17. ^ くまのもの 隈研吾とささやく物質、かたる物質 東京ステーションギャラリー(2018年3月26日閲覧)
  18. ^ 隈研吾さんの30年「くまのもの」展/環境との調和 新境地開けた『読売新聞』朝刊2018年3月22日(文化面)
  19. ^ 村上春樹ライブラリー構想による国際文学館を設置 設計は隈研吾氏 - 早稲田大学オフィシャルサイト、2019年6月19日
  20. ^ a b c M2”. 公式ウェブサイト. 隈研吾建築都市設計事務所. 2019年7月3日閲覧。
  21. ^ a b 東京メモリードホール”. メモリード東京(公式ウェブサイト). 株式会社メモリード. 2019年7月3日閲覧。
  22. ^ a b 梼原町総合庁舎 (PDF)”. 公式ウェブサイト. 公共建築協会. 2019年7月1日閲覧。
  23. ^ a b c d Z58”. 公式ウェブサイト. 隈研吾建築都市設計事務所. 2019年7月3日閲覧。
  24. ^ 美術館略年表”. 公式ウェブサイト. 根津美術館. 2019年7月1日閲覧。
  25. ^ 施設概要”. 公式ウェブサイト. 根津美術館. 2019年7月1日閲覧。
  26. ^ a b BCS賞 第52回受賞作品(2011年) 根津美術館”. 公式ウェブサイト. 日本建設業連合会. 2019年7月7日閲覧。
  27. ^ 隈研吾”. 文学賞の世界(個人ウェブサイト). 個人. 2019年7月1日閲覧。
  28. ^ a b c d e まちの駅「ゆすはら」”. 公式ウェブサイト. 隈研吾建築都市設計事務所. 2019年7月3日閲覧。
  29. ^ 梼原町役場. “まちの駅「ゆすはら」”. 梼原町×隈研吾建築物(公式ウェブサイト). 梼原町. 2019年7月3日閲覧。
  30. ^ マルシェ・ユスハラ”. 公式ウェブサイト. 雲の上のホテル別館 マルシェ・ユスハラ. 2019年7月3日閲覧。
  31. ^ a b 梼原 木橋ミュージアム”. 公式ウェブサイト. 隈研吾建築都市設計事務所. 2019年7月3日閲覧。
  32. ^ 隈研吾建築都市設計事務所: 帝京大学小学校”. 公式ウェブサイト. MakeSeen (2013年6月11日). 2019年7月2日閲覧。
  33. ^ a b 帝京大学小学校”. 公式ウェブサイト. 一般社団法人日本建設業連合会. 2019年7月2日閲覧。
  34. ^ a b アオーレ長岡”. 公式ウェブサイト. 隈研吾建築都市設計事務所. 2019年7月2日閲覧。
  35. ^ a b c 浅草文化観光センター”. 公式ウェブサイト. 隈研吾建築都市設計事務所. 2019年7月2日閲覧。
  36. ^ a b 複合文化施設 [浅草文化観光センター]”. グッドデザイン賞(公式ウェブサイト). 公益財団法人日本デザイン振興会. 2019年7月2日閲覧。
  37. ^ 隅研吾建築都市設計事務所 : FRAC マルセイユ”. 公式ウェブサイト. MakeSeen (2013年6月11日). 2019年7月2日閲覧。
  38. ^ マルセイユ現代美術センター”. 公式ウェブサイト. 隈研吾建築都市設計事務所. 2019年7月2日閲覧。
  39. ^ a b c d GINZA KABUKIZA 歌舞伎座・歌舞伎座タワー”. 公式ウェブサイト. 三菱地所設計. 2019年7月1日閲覧。
  40. ^ GINZA KABUKIZA ~設計監理~”. 公式ウェブサイト. 三菱地所 (2016年3月7日更新). 2019年7月2日閲覧。
  41. ^ a b c d 鈴木諭(菱電エレベーター施設株式会社 福岡支店 設計部) (2014年4月20日). “オリーブベイホテル - 『Elevator Journal』No.1 2014.4.20 (PDF)”. 公式ウェブサイト. 一般社団法人日本エレベーター協会. 2019年7月2日閲覧。
  42. ^ a b 特別企画 オリーブベイホテル開業 オリーブの入江に、理想郷を築いた開拓者たち (PDF)”. 公式ウェブサイト. オリーブベイホテル、HITS (2013年5月17日). 2019年7月2日閲覧。
  43. ^ サニーヒルズ南青山店”. 公式ウェブサイト. 2019年7月1日閲覧。
  44. ^ a b c サニーヒルズ南青山”. 公式ウェブサイト. 株式会社 佐藤秀. 2019年7月1日閲覧。■良質な画像と映像あり。
  45. ^ 地獄組について”. サニーヒルズGM日記(公式ブログ). 株式会社佐藤秀. 2019年7月1日閲覧。
  46. ^ a b c d e f “[教育研究棟『ダイワユビキタス学術研究館』竣工に伴う報道関係者向け内覧会開催について]” (プレスリリース), 東京大学, (2014年5月14日), https://www.u-tokyo.ac.jp/focus/ja/press/p01_260514.html 2019年7月2日閲覧。 
  47. ^ ダイワユビキタス学術研究館”. 建築パース.com(公式ウェブサイト). メガソフト株式会社. 2019年7月2日閲覧。
  48. ^ a b c 市民交流プラザ「トワーレ」”. 公式ウェブサイト (2016年4月27日). 2019年7月3日閲覧。
  49. ^ a b 十和田市民交流プラザ”. 公式ウェブサイト. 隈研吾建築都市設計事務所. 2019年7月3日閲覧。
  50. ^ a b c TOYAMAキラリ”. 公式ウェブサイト. 隈研吾建築都市設計事務所. 2019年7月3日閲覧。
  51. ^ a b 今関忠馬 (2016年7月13日). “それでいいのか! 中国初の「民芸博物館」、設計したのが日本人だった=中国メディア”. エキサイトニュース (エキサイト). https://www.excite.co.jp/news/article/Searchina_20160713015/ 2-19-07-03閲覧。 
  52. ^ a b 虹口SOHO”. 公式ウェブサイト. SOHOCHINA. 2019年7月3日閲覧。
  53. ^ 虹口SOHO”. 公式ウェブサイト. 隈研吾建築都市設計事務所 (2016年6月29日). 2019年7月3日閲覧。
  54. ^ 成城木下病院”. 公式ウェブサイト. 隈研吾建築都市設計事務所 (2017年8月23日). 2019年7月1日閲覧。
  55. ^ 成城木下病院”. TIME & STYLE(公式ウェブサイト). 株式会社プレステージジャパン. 2019年7月1日閲覧。
  56. ^ スコットランドに美術館=新国立の隈研吾氏設計AFP時事通信(2018年9月13日)2018年9月24日閲覧、。
  57. ^ 隈研吾氏監修のANA国内線ラウンジがリニューアルANAプレスリリース(2019年6月11日)2019年7月24日閲覧。
  58. ^ 国際線の機内空間を一新し、最上級のくつろぎ空間を実現しますANAプレスリリース(2019年7月11日)2019年7月24日閲覧。
  59. ^ ジャパンハウス=パ大通り52番に開設決定!=18年度までに予算25億円?=事務局長に平田アンジェラ=コロニア連携は未知数… - 『ニッケイ新聞』2016年1月19日
  60. ^ ジャパンハウス=和風で奇抜な玄関が特徴=原、隈氏が外観を説明=伊勢神宮付近のヒノキ使用 - 『ニッケイ新聞』2016年2月27日
  61. ^ 『毎日新聞』. “新国立競技場 選ばれたA案 - 首相「誇れるレガシーに」”. 2015年12月22日閲覧。
  62. ^ 米原駅東口周辺まちづくり構想を語る (PDF)”. 米原市役所 (2016年2月1日). 2017年7月18日閲覧。
  63. ^ 第47回 隈研吾 “負ける”ことから独創が生まれる(2007年4月10日放送) NHK プロフェッショナル 仕事の流儀

外部リンク編集