メインメニューを開く

隔夜寺(かくやでら、かくやじ)は、奈良市高畑町にある華厳宗寺院興福寺末から1875年明治8年)に東大寺[1][2]

隔夜寺
Kakuya-dera-Nara-Gate.jpg
隔夜寺
所在地 奈良県奈良市高畑町1415
位置 北緯34度40分37.68秒
東経135度50分53.19秒
座標: 北緯34度40分37.68秒 東経135度50分53.19秒
宗派 華厳宗
本尊 十一面観音
開基 (伝)空也
法人番号 9150005000105
隔夜寺の位置(奈良市内)
隔夜寺
テンプレートを表示
空也上人の旧跡碑

目次

歴史編集

奈良坊目拙解」によると、この地には昔、「客養寺(きゃくようじ)」と呼ばれる寺院があったという[脚注 1][3][2][4]。いつ頃開かれ廃れたかは明らかではないが、拙解の頃には隔夜堂と呼ばれる堂宇のみが、興福寺勧修坊支配の元に残っていたという[2][4]。隔夜寺はこの隔夜堂を中心に再興されたと伝わる[2]

隔夜堂は空也上人が開祖とされ、本堂内に木像が今も安置されている[2][4]長谷寺に隔夜参りした修行僧[脚注 2]たちは、この隔夜堂を宿坊としたといい、大正期までこの風習は続いていた[2][4]山辺の道に沿って長谷寺までの道中、散見される隔夜僧の名が刻まれた名号供養碑や石碑は、この風習の存在したことを裏付けている[2]

鎌倉時代に入ると、時宗の開祖である一遍上人が、空也を慕いこの寺で修行したという[5]

境内編集

  • 本堂
    中坊美作守時裕[脚注 3]により寛文年中に建立されたが、大破したため享保14年(1729年)ごろに修復され再興した[2][4]。しかし再度荒廃したため、1935年昭和10年)に元興寺住職により再建されている[1][2][4]蟇股に空也上人が用いたという鉦(模造)が使われているという[6]
  • 庫裏
  • 空也上人の旧跡碑 - 門の外側すぐに建っている。

文化財編集

  • 木造十一面観音立像
    本尊として本堂に安置[2]錫杖を持つ長谷形と呼ばれる作風で、長谷寺本尊の10分の1の大きさとされる[2]
  • 空也上人像 - もとは門の内側傍らの小堂に安置されていたが、近年本堂に移された[2]

脚注編集

  1. ^ 江戸中期の絵図には、「客養寺丁」の町名のみ、福井町の東に残されている(奈良市史)。
  2. ^ 隔夜僧と呼ばれた。
  3. ^ 中坊氏旗本寄合奈良奉行の家系。

出典編集

  1. ^ a b 奈良町風土記, p. 21.
  2. ^ a b c d e f g h i j k l 奈良市史 社寺編, pp. 136-137.
  3. ^ 奈良坊目拙解
  4. ^ a b c d e f 日本地名大辞典 奈良, p. 292.
  5. ^ 産経新聞 2014年9月13日.
  6. ^ 根井 2008.

参考文献編集

  • 『奈良市史 社寺編』奈良市史編集審議会、吉川弘文館、1985年。
  • 『角川日本地名大辞典29 奈良県』角川地名大百科辞典編纂委員会、角川書店、1990年。ISBN 4040012909
  • 山田熊夫『奈良町風土記』豊住書店、1976年。ISBN 4886170056
  • 根井浄「原初的巡礼論 --特に隔夜僧安心をめぐって --」『龍谷大学論集』第471巻、龍谷大学、2008年1月、 130-163頁、 ISSN 0287-6000
  • なら再発見(73)天理市佐保庄の旭寺跡聖観音石仏 隔夜修行の開祖、空也上人”. 産経新聞 (2014年9月13日). 2016年5月28日閲覧。

関連項目編集