メインメニューを開く
本来の表記は「隠山惟琰」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
隠山惟琰頂相

隠山 惟琰(いんざん いえん、1751年宝暦元年) - 1814年6月17日文化11年4月29日))は、江戸時代後期の臨済宗妙心寺派。峨山慈棹の法嗣で白隠慧鶴の法孫にあたる。卓洲胡僊と並び、現在の臨済禅の二つの法系のうち隠山系の祖となった。その禅風は峻厳と評される。

生涯編集

越前国大野郡石徹白村(現・岐阜県郡上市)に白山神社[1]の宮司の子として生まれた。 1759年(宝暦9年)に美濃国洞戸興徳寺(岐阜県関市)住持の老山辨愚の下で出家する。1769年明和3年)、岐阜の瑞昌寺に移り3年間修業した後、出遊して1772年(明和6年)に武蔵国宝林寺の月船禅慧の許で学ぶ。1776年安永5年)に西国を行脚した後、1781年天明元年)に老山辨愚が開山した洞戸梅泉寺の住持となる。その後、江戸へ上り峨山慈棹より白隠禅の薫陶を受け、39歳で大悟する。さらに1792年寛政4年)、印可を受けた。

その後は峨山慈棹に従い清泰寺(岐阜県美濃市)、梅龍寺(岐阜県関市)等へ移った。峨山慈棹の下を辞した後は梅泉寺、梅龍寺の住持を務め、堅相寺(岐阜県山県市)を再建して後進の指導に当たる。

1804年(文化元年)に播磨国松源寺に隠棲するが、1806年(文化3年)に瑞龍寺(岐阜県岐阜市)に入り、その再建を行った。1808年(文化5年)に紫衣の勅許を得て、翌年には妙心寺開山関山慧玄の450年遠忌の導師を務める。1811年(文化8年)、瑞龍寺鶴棲院にて遷化。墓所も同寺にある。正灯円照禅師と諡された。著書に『隠山録』、『正灯円照禅師偈頌』がある。

多くの法嗣がいるが、中でも太原孜元、棠林宗寿、雪関紹珠及び顧鑑古范の4人を特に「隠山下四哲」と呼ぶ。

参考資料編集

  • 『新版禅学大辞典』
  • 『妙心寺 650年の歩み』

脚注編集