隻手の声

禅の公案

隻手の声(せきしゅのこえ)、隻手音声(せきしゅおんじょう)とは、白隠慧鶴(1686年-1769年)が創案したの代表的な公案のひとつ。

概要編集

狗子仏性」の公案に取り組んだ白隠が、狗子より疑団が得られやすいとして、それに替わる公案として用いたものである[1]

白隠が修行者たちを前に言った。

「隻手になんの声やある。隻手の声を拈提せよ」

(「両手を打ち合わせると音がするが、片手にはどんな音があるのか。それを報告しなさい」という意味。また「拈提」は、公案の解答を提出することをいう。)

脚注編集