メインメニューを開く
国道140号標識

雁坂トンネル有料道路(かりさかトンネルゆうりょうどうろ)は、埼玉県秩父市山梨県山梨市との県境付近を結ぶ有料道路である。路線の大部分を雁坂峠標高:2,082m)の下を通る雁坂トンネルが占めており、全線が国道140号に指定されている。1998年平成10年)4月23日に開通した。

雁坂トンネル有料道路
Karisaka Tunnel Toll Gate 2.jpg
山梨県山梨市側の料金所から。画像奥の鉄橋を越えた地点が雁坂トンネルの入口
概要
位置 埼玉県山梨県
座標 埼玉県側坑口: 北緯35度54分23.2秒 東経138度49分03.5秒 / 北緯35.906444度 東経138.817639度 / 35.906444; 138.817639 (雁坂トンネル埼玉県側坑口)
山梨県側坑口: 北緯35度51分52.4秒 東経138度45分55.8秒 / 北緯35.864556度 東経138.765500度 / 35.864556; 138.765500 (雁坂トンネル山梨県側坑口)
現況 供用中
所属路線名 Japanese National Route Sign 0140.svg国道140号
起点 埼玉県秩父市
終点 山梨県山梨市
運用
建設開始 1988年昭和63年)10月
完成 1994年平成6年)9月
開通 1998年(平成10年)4月
管理 山梨県道路公社
通行対象 自動車原付
技術情報
全長 6,625 m
道路車線数 片側1車線
設計速度 40 km/h(規制速度 : 40 km/h)
※原付は30 km/h
7.5 m
テンプレートを表示
料金所と管理事務所

概要編集

埼玉県秩父地方と山梨県甲府市のアクセス道路としての機能を持っている。雁坂トンネルの長さは6,625mあり、一般国道では最長である東京湾アクアトンネル国道409号)に次ぐ2番目の長さを有する[1]

本路線が開通する以前は埼玉県と山梨県を直接結ぶ車道が存在せず、国道140号も埼玉県と山梨県との県境区間は雁坂峠を越える登山道(旧秩父往還)が指定されていた。このため、埼玉県と山梨県を自動車交通により移動する場合は主に中央道などへの広域迂回を強いられ、雁坂峠を挟む区間は長らく「開かずの国道」と呼ばれていた。

1998年(平成10年)の供用開始以来、埼玉県及び山梨県相互の観光需要の高まりや、渋滞の頻発する中央道の回避ルートとしての利用があり、2006年(平成18年)までは計画の8割強の交通量があり順調な利用状況であった。しかし、2007年(平成19年)圏央道八王子JCTあきる野IC供用開始以降は利用が減少し、2017年度(平成29年度)では当初計画の4割強程度に交通量が落ち込んでいる。このような状況下、需要喚起を目的に2015年(平成27年)7月1日から11月30日までの期間、全車種の通行料金を無料とする措置がとられたことがある。

有料道路区間は埼玉県及び山梨県に跨っているが、管理は山梨県道路公社が行っており、管理事務所や料金所などの管理施設も山梨県側坑口付近にある。全線が国道140号に指定されており、地域高規格道路西関東連絡道路の一部を構成している。有料道路区間の延長は、雁坂トンネル埼玉県側坑口から山梨県側の料金所端点までの6,845m。通行料金は普通車730ETC設備はなく、料金精算は現金または回数券のみとなっている。料金徴収期間は供用開始の1998年(平成10年)4月から2028年(令和10年)4月までの30年間。

雁坂トンネル諸元編集

通行制限編集

歩行者自転車小型特殊自動車は通行不可(原付50 ccは通行可)。また危険物積載車も、5 kmを超える長大トンネルを含む区間であることから、道路法により通行禁止となっている。なお、本路線を運行して埼玉県と山梨県とを結ぶ路線バスなどの公共交通機関はない。

トンネル内再送信編集

同トンネル内ではTBSラジオ文化放送ニッポン放送J-WAVE山梨放送FM-FUJINACK5NHK第一甲府局東京局NHK第二東京局、NHK-FM甲府局・さいたま局の在京・山梨・埼玉の各ラジオが再送信されている。放送局が多いのでトンネル出入口に表示されているラジオ局一覧の看板は全局を羅列した表示にせず、山梨県側出入口では山梨のラジオ局、埼玉県側出入口では埼玉と東京のラジオ局のみを表示し、視認性を高めた形をとっている。同国道の他のトンネルに比べて再送信するラジオ局が多いのは、県境を貫いていることや峠付近で標高が高く受信が容易であったり、長大トンネルという防災面やドライバーのニーズに即すため、などである。なお、J-WAVEとかつて同じだった東京タワー送信のTOKYO-FMや現在同じ東京スカイツリー送信のNHK-FM東京局は同トンネル内で再送信されていない。

沿革編集

  • 1953年:構想発表。
  • 1968年:山梨・埼玉両県で調査開始。
  • 1984年10月:ルート承認。
  • 1985年度:建設省(現:国土交通省)が山梨・埼玉の両県に代わり直轄権限代行として事業化。
  • 1988年11月:山梨県側工事着工。
  • 1989年5月:山梨県側トンネル起工式。
  • 1990年11月:埼玉県側工事着工・起工式。
  • 1994年9月:本坑貫通。
  • 1997年度:直轄権限代行で施工した全ての施設を山梨・埼玉の両県へ引き渡しが完了。
  • 1998年4月23日:トンネル開通。供用開始
  • 1998年10月:大滝道路の開通に伴い大型車通行規制解除。

接続するバイパスの位置関係編集

(熊谷方面)国道140号バイパス - 皆野寄居バイパス皆野秩父バイパス - 秩父小鹿野バイパス - 大滝道路 - 雁坂トンネル有料道路 - 甲府山梨道路(甲府方面)

脚注編集

  1. ^ 浅井建爾『道と路がわかる辞典』日本実業出版社、2001年11月10日、初版、238-239頁。ISBN 4-534-03315-X

関連項目編集

外部リンク編集