メインメニューを開く

雇われ羊飼い』(やとわれひつじかい、: The Hireling Shepherd)は、ラファエル前派の画家ウィリアム・ホルマン・ハントの絵(1851年)である。

『雇われ羊飼い(The Hireling Shepherd)』
William Holman Hunt 001.jpg
作者 ウィリアム・ホルマン・ハント
製作年 1851年
寸法 76.4 cm × 109.5 cm (30 116 in × 43 18 in)
所蔵 マンチェスター市立美術館マンチェスター

これは、魅力的な田舎娘のためになるように群れをほったらかしにして、彼女にメンガタスズメ(death's-head hawkmoth)を見せている羊飼いを描いている。

イメージの意味は、おおいに論争されている。[1]

目次

構図編集

ハントは、ジョン・エヴァレット・ミレーと暮らし、協力していたときに絵を描いたが、彼は同時にサリー州ユーウェル(Ewell)の近くのホグスミル川(Hogsmill River)の近くで『オフィーリア』を描いていた。 両方の絵は、イングランドの田舎の場面を描き、その純真は、自然な調和の、捉えにくいしかし深く脅迫的な侵害によって乱されている。 ハントの絵において羊飼いは、自分のヒツジの群れを無視し、群れはみぞを超えて小麦畑のなかに歩き回っている。 この境界侵害は、羊飼いの、若い女性のパーソナルスペースへの物理的侵入と平行であり、彼女は、共犯としてあるいは知りながらの懐疑として解釈されるようにあいまいに反応している。 彼は、彼女にガ(蛾)を見せながら彼女の肩に片腕を回している。

ハントは、地元の田舎娘エマ・ワトキンス(Emma Watkins)をモデルにした。 彼女は、エキゾチックな顔立ちのためにラファエル前派によって「コプト人」("the Coptic")として知られていた。 ワトキンスは、ハントのモデルになって絵を完成させるためにロンドンに旅行したが、しかしモデルとして独立して自己を確立することができなかったあとうちに帰った。[2] 男性人物のモデルは、知られていないが、しかし十中八九、本職であった。[3]

これが、ロイヤル・アカデミーで初めて展示されたとき、『リア王』の引用が添えられた:

Sleepest or wakest thou, jolly shepherd?
Thy sheep be in the corn;
And for one blast of thy minikin mouth,
Thy sheep shall take no harm.

解釈編集

これが展示されたあと、ハントの敵らは絵を野卑であると非難し、赤い顔をして性的に禁じられていない田舎の人々の描写に反対した。 『Illustrated London News』は、「真っ赤な肌」("fiery red skin")と「針金のような髪」("wiry hair")に反対した(22 May 1852, p. 407)。 『Athenaeum』は、これらの、リンゴ酒を飲み過ぎて「真っ赤な顔をした...粗野な田舎者」("rustics of the coarsest breed...flushed and rubicund")に特に腹を立てた。 これは、「この二人組の赤らみと騒々しい遊びは、ジョン・エヴァレット・ミレーの絵[『オフィーリア』]の蒼白とペーソスとよい対照をなしている」("romp and rubicundity of this pair contrast with the pallor and pathos of Mr John Everett Millais’s picture [Ophelia].")と主張した(22 May 1852, p. 581-3)。

彼の支持者らは、絵は、社会的事実のワニスの塗っていないイメージであると主張した。 しかしながら、ハント自身は、自分はこころに隠された意味があるとほのめかしたが、絵がマンチェスター市立美術館によって入手されたとき彼が或る手紙で敷衍した主張である。 ハントは、「群れ」("flock")が適切な道徳指導の欠如のために迷ういっぽうで、キリスト教聖職者の心を占めた要領を得ない神学論争をカップルに象徴させるつもりであったと主張した。 これは、聖書的隠喩になるであろう。 よき羊飼いの話において(欽定訳聖書において)、よき羊飼いは、「雇われ」(hireling)羊飼いと明白に対照させられるが、彼はヒツジの世話をしない[ヨハネによる福音書10:11-15]

文学的意義編集

1859年にロバート・バーナバス・ブロフ(Robert Barnabas Brough)は、チャールズ・ディケンズの雑誌『Household Words』に「"Calmuck"」というショート・ストーリーを発表した。 これは、ハントの絵を描く体験の、そしてモデルのエマ・ワトキンスとの関係の、薄く変装した説明であった。 ハントの親戚の数人は、ワトキンスはハントとともに居るためにロンドンに来たという明白な関与にショックを受けた。[2] ハントは、ディケンズ宛てに憤激した手紙を書いたが、彼は、物語は実際の出来事に基づいているということを知らないと主張した。[4]

ブライアン・オールディスは、絵を、自分の小説『Report on Probability A(邦題「世界Aの報告書」)』のライトモチーフに用いた。

注釈編集

  1. ^ The Victorian Web
  2. ^ a b Amor, Anne Clark, William Holman Hunt: the True Pre-Raphaelite, Constable, London, 1989, p.160.
  3. ^ Bronkhurst, J., William Holman Hunt: a Catalogue Raisonne, Yale University Press, vol 2, p.39
  4. ^ M. C. Rintoul, Dictionary of real people and places in fiction, Taylor & Francis, 1993, p.325-6.