メインメニューを開く
顕花植物の分類例。左から雌雄両全株(Hermaphrodite)、雌雄異花同株(monoecious)と雌雄異株(Dioecy)

雌雄異株英語: Dioecy、ギリシャ語: διοικία、形容詞:dioecious)は植物の性によるの分類で、生殖器官の生殖器官を別個体の植物で持っているものを言う[1][2]。同一個体が持つ場合は、雌雄同株(monoecious)という。

動物で雌雄が別の種は、雌雄異体(英語では、Dioecyも使うが、それより同義語のgonochoryの方が使用される)という。

また、何かしらの条件で雄に雌の生殖器、または雌に雄の生殖器が出来る雌雄混株 (Subdioecious)というものもある。

雌雄異株のカテゴリ編集

出典編集

  1. ^ dioecious - Kew glossary”. 2014年5月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月4日閲覧。
  2. ^ Hickey, M. & King, C. (2001). The Cambridge Illustrated Glossary of Botanical Terms. Cambridge University Press. 

関連項目編集