メインメニューを開く

雑賀崎(さいかざき)は和歌山県和歌山市にある瀬戸内海国立公園の指定特別地域。

雑賀崎
雑賀崎集落の風景
雑賀崎集落の風景
日本
都道府県 和歌山県
市町村 和歌山市
人口
2015年(平成30年)10月1日現在)
 • 合計 1,278人
等時帯 UTC+9 (JST)
雑賀崎灯台(鷹ノ巣)からの眺望。
紀伊水道に浮かぶ双子島、中ノ島、大島と番所の鼻
番所の鼻

目次

概要編集

和歌山市南西部に位置する海岸和歌浦の一部で奥和歌浦(おくわかうら)とも呼ばれる。昭和8年からは和歌山市の大字名となる。 「新日本観光地百選(1950年)」で海岸の部第1位にも選ばれた古代からの景勝地である和歌浦は、1970年代から始まった「開発」という名の環境破壊によってその景勝海岸の大半を失った。当岬は和歌浦に残された唯一の自然海岸景勝地である。

戦国時代雑賀孫市を頭領とする雑賀党の本拠と伝わる地である。海上交通の要衝紀伊水道に面しており、「鷹ノ巣」と呼ばれる断崖に建つ雑賀崎灯台からは友ヶ島から淡路島四国まで一望できる。江戸時代には、リアス式海岸を構成する小さな岬の一つ「番所の鼻」に紀州藩の見張番所が置かれていた。

名所・施設編集

  • 雑賀崎灯台 - 鷹ノ巣に立つ灯台。紀伊水道と番所の鼻と大島、中ノ島、双子島を眼下に望む
  • 番所庭園 - 番所の鼻にある庭園
  • 雑賀崎台場 - 雑賀崎北端の岬、通称「トンガの鼻」の先端部に紀州藩が江戸時代後期に造った砲台跡であり、和歌山県の記念物(史跡)に指定されている。
  • 衣美須神社

利用情報編集

周辺編集

ギャラリー編集

関連項目編集