メインメニューを開く

難波 宗勝(なんば むねかつ)は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての公卿権大納言飛鳥井雅庸の次男。官位従一位・権大納言。難波家13代・飛鳥井家14代当主。

 
難波宗勝/飛鳥井雅宣
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 天正14年12月6日1587年1月14日
死没 慶安4年3月21日1651年5月10日
改名 難波宗勝→飛鳥井雅胤→雅宣
戒名 潜龍院太素演雅
官位 従一位権大納言
主君 後陽成天皇後水尾天皇明正天皇後光明天皇
氏族 飛鳥井家難波家→飛鳥井家
父母 父:飛鳥井雅庸、養父:難波宗富
兄弟 飛鳥井雅賢宗勝飛鳥井雅章
宗種
養子:雅章
テンプレートを表示

経歴編集

天正14年(1587年)、飛鳥井雅庸の次男として誕生。難波宗富の死後断絶していた難波家を継ぎ再興した。慶長5年(1600年)に難波宗勝として叙爵、侍従に任ぜられた。

慶長12年(1607年)には左近衛少将となったが、翌慶長13年(1608年)に猪熊教利・兄飛鳥井雅賢らと共に御所の官女と密会して乱交に及ぶ事件を起こした(猪熊事件)。後陽成天皇の勅勘を被り、慶長14年(1609年)に伊豆国へと流された。兄・雅賢は隠岐国に配流されたまま寛永3年(1626年)流刑地で死去するが、宗勝は慶長17年(1612年)勅免により帰京。

翌慶長18年(1613年)8月3日、名を雅胤と改め、生家飛鳥井家の相続を赦された。難波家は子・宗種が継承した。寛永16年(1639年権大納言となるが、翌17年(1640年)には権大納言を辞す。寛永21年(1644年武家伝奏となる。慶安4年(1651年)3月16日には従一位に至ったが、同年3月21日、66歳で薨去。

飛鳥井家は弟・雅章が継いだ。

出典編集

  • 近藤敏喬 編『宮廷公家系図集覧』、東京堂出版、1994年
  • 橋本政宣 編『公家事典』、吉川弘文館、2010年