メインメニューを開く

雪が谷検車区(ゆきがやけんしゃく)は、東京都大田区に存在する東京急行電鉄車両基地池上線東急多摩川線の全車両が所属する。また世田谷線雪が谷検車区上町班が担当する。 2006年12月1日より業務が株式会社東急レールウェイサービスに移管され、東急レールウェイサービス雪が谷検車区となった。

敷地面積:8,980m2 建物面積:2,030m2 最大留置車両数:63両

目次

沿革編集

  • 1948年 - 目蒲線大井町線、池上線を管轄する目黒検車区として奥沢に創設。
  • 1951年(昭和26年)10月16日[1] - 目黒検車区から池上線を管轄する雪が谷検車区に分離[1]。雪が谷検車区発足。
  • 1988年(昭和63年)9月16日[1] - 目蒲線を管轄していた奥沢検車区を雪が谷検車区に統合し、奥沢検車区は雪が谷検車区奥沢班(奥沢列車検査班)となる[1]
  • 2000年(平成12年)8月6日[1] - 目蒲線の目黒線・東急多摩川線への系統分離に伴い、雪が谷検車区奥沢班が廃止される(目黒線車両は元住吉検車区に所属)。同時に世田谷線を管轄していた長津田検車区上町班が雪が谷検車区に移管され、上町班は雪が谷検車区上町班となる[1]。雪が谷検車区奥沢班のあった奥沢車庫は元住吉検車区奥沢車庫となる。
  • 2006年 - 業務が株式会社東急レールウェイサービスに移管され、東急レールウェイサービス雪が谷検車区となる。

所属車両編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 日本鉄道車両機械技術協会「R&M」2001年6月号「東急雪が谷検車区」記事。

関連項目編集