メインメニューを開く

雪どけ』(ゆきどけ、ロシア語原題: Оттепель )は、ソ連作家イリヤ・エレンブルクの小説。1954年発表。スターリン死後、ソ連で顕著になった社会の自由化の雰囲気をいち早く反映した作品であったことから、この作品タイトルはそのままソ連史の一時期(主にフルシチョフ時代の初期)をさす言葉としても用いられるようになった。

中国共産党は同小説を「毒草小説」と罵倒し、スターリン批判を美化するものであるとして、激しく攻撃した。

日本語訳編集

外部リンク編集