雪の進軍

日本の軍歌

雪の進軍」(ゆきのしんぐん)は、従軍軍楽隊員であった永井建子(ながいけんし)が日清戦争時に作詞・作曲した日本の軍歌。兵士の心情を生々しく綴った歌詞が特徴の歌である。

概要編集

 
『雪の進軍』の作者、永井建子

日清戦争が勃発すると永井建子は大山巌大将の率いる第二軍司令部附軍楽隊の軍楽次長として出征し、金州・旅順威海衛を転戦した[1]。その中でも威海衛の戦いに参加した際その体験をもとに1895年2月中旬ごろに作曲した軍歌が「雪の進軍」である。この時日本軍の兵士は雪中で飢えや寒さで苦しんでいて、永井はこの様子をつぶさに観察して作曲したとされる[注釈 1][3]

曲は軽快で、ヨナ抜き音階七七調である。また歌詞は明治の当時の軍歌としては異例の言文一致体が用いられている。のちには言文一致体を用いた軍歌も国民歌も登場しているが、当時は文芸作品にすら言文一致体が容認されなかった頃であった[注釈 2][5][6]。その歌詞では当時の戦意高揚のための主流作品とは異なり、戦場での兵士の愚痴や不満が赤裸々に綴られている[7]。このように兵士の苦難を扱った曲は「戦友」や「陸奥の吹雪」に先立ち日本では始めて登場したものである[8]

この曲は1895年8月に始めて『音樂雑誌 52号』に歌詞が掲載され、次いで同年10月に『大東軍歌 花の巻』で始めて軍歌集に掲載された[注釈 3][9][10]。曲はたちまち現地将兵の間に広まった。当時の第二軍司令官大山巌はこの歌を愛吟し、臨終の時も枕元の蓄音機でこの歌を奏でさせたとのエピソードがある[11]。明治時代後期には日清・日露戦争の影響で勇敢なる水兵などの軍歌と一緒に学校唱歌教材に用いられた。これらの曲はいずれも文部省の検定済で、戦意高揚の役目も果たした[12]

その後も長らく将兵に愛唱されていたが「勇壮でない」とされ、昭和に入り歌詞が一部改訂(「どうせ生かして還さぬ積り」が「どうせ生きては還らぬ積り」にされた)され、さらに太平洋戦争中には歌唱禁止となったがあくまで建前であるため終戦まで歌唱された。

旋律のバージョンについて編集

2020年現在はヨナ抜き音階で歌われることが多いが、明治時代の原曲はヨすなわちファも旋律に含まれていた。例えば「馬は斃れる」と「儘よ大膽」のところの旋律は、2020年現在は「ソソー ソ ラソ ミ ド」とヨナ抜き音階で歌われることが多いが、明治・大正期は「ソソー ファ ソ ラソ ミ ド」だった。明治から昭和前半までの楽譜を見ても「ファ」(ヒフミ唱法ではヨ、工尺譜では凡、数字譜では4と表記する)が出てくる。例えば、明治34年刊の工尺譜(秋庭縫司 (楓橋散士) 著『月琴胡琴明笛独稽古』明治34年=1901年刊、p.6) の「凡」(ファ)、大正4年刊のハーモニカ用の数字譜(橘実子, 斎藤笹舟 著『音譜ハーモニカ独まなび』(国華堂、大正4年=1915年)p.67)の「四」(ファ)の箇所を、現代の日本人はミに置き換えて歌うことが多い。

歌詞編集

下の歌詞は、明治44年(1911年)に『軍歌傑作集』に掲載されたもの。歌詞の最後は「どうせ生かして還さぬ積もり」とあるが、「どうせ生きては還らぬつもり」とも歌われる[13]

  1. ゆき進軍しんぐん こほりんで
    何處どこかわやら みちさへれず
    うまたふれる てゝもおけず
    此處こゝ何處いづこみなてきくに
    まゝ大膽だいたん 一服いっふくやれば
    たのすくなや 煙草たばこ二本にほん
  2. かぬ乾魚ひものはんめし
    なまじ生命いのちの あるうち
    こられない さむさの焚火たきび
    けぶはずだよ 生木なまきいぶ
    しぶかほして 功名こうみょうばなし
    「すい」とふのは 梅干うめぼひと
  3. のみのまゝ 氣樂きらく臥所ふしど
    背嚢はいのうまくら外套がいとうかぶりゃ
    せなぬくみでゆきけかゝる
    夜具やぐ黍殻きびがら シッポリれて
    むすびかねたる 露營ろえいゆめ
    つきつめたくかほのぞきこむ
  4. いのちさゝげて てきたゆゑ
    ぬる覺悟かくご突喊とっかんすれど
    武運ぶうんつたなにせねば
    義理ぎりからめた 恤兵じゅっぺい眞緜まわた
    そろりそろりと くびめかゝる
    どうせかして かへさぬもり

登場作品編集

八甲田山
八甲田雪中行軍遭難事件を題材とした戦後の映画で、劇中歌として使用された。
犬神家の一族
1977年TBS系列で放送されたテレビドラマ版で、劇中歌として使用された。
ガールズ&パンツァー
2012年のTVアニメで第9話とOVA5話でエルヴィンと秋山優花里のアカペラで歌われている他、ガールズ&パンツァー 劇場版では知波単学園のテーマ曲として使用された[14]

脚注編集

注釈編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 永井は「我が第二軍が清国山東省に転戦せしは明治二八年一月の末にて極めて寒気の烈しき時なり。かの威海衛は二月の初旬難なく我が手に帰せしが、劉公島には未だ敵の戦艦偶々砲撃を試みつつある故進む能わず、虚しく虎山と言える寒村に十四日間埋もれて駐留せり。この際戦地のこととて出放題に例の自然生的に詠じたる物すなわち本歌にて、ただ当時の実景を写生せしのみ。」と『大東軍歌』に記している[2]
  2. ^ 言文一致体七七調の歌詞は古来の日本民謡の系統を引くもので、和楽の伝統が取り入れられていると言える[4]
  3. ^ 2月に体験した戦闘の模様がすぐに作曲され、早くも6か月後には出版されていることからも実感されるように、軍歌が具体的な戦闘状況の描写と速報性により「報道メディア」の役割を担っていたことが日清・日露戦争期の大きな特徴だった

出典編集

  1. ^ 堀内 1969
  2. ^ 堀内 1969
  3. ^ 小村 2011
  4. ^ 堀内 1969
  5. ^ 堀内 1969
  6. ^ 小山 2005
  7. ^ 小川 2011
  8. ^ 李 有姫「明治・昭和軍歌にみる近代的特徴 -楽曲・テーマ・言語表現を中心に-」2016年12月、 doi:10.18910/61833
  9. ^ 長谷川 由美子、綿抜 豊昭「明治時代出版「軍歌集」にみる軍歌の変遷について」『図書館情報メディア研究』第7巻第1号、『図書館情報メディア研究』編集委員会、2009年10月、 doi:10.15068/00131194ISSN 13487884
  10. ^ 小川2011
  11. ^ 堀内1969
  12. ^ 浅野 常七「我が国唱歌教育の変遷」1968年3月、 doi:10.18998/00000028
  13. ^ 堀内1969
  14. ^ 『るるぶガールズ&パンツァー』 JTBパブリッシング〈JTBのMOOK〉、2015年。ISBN 978-4-533-10534-0 

参考文献編集

  • 堀内敬三『定本 日本の軍歌』実業之日本社、1969年9月、pp.132-135。
  • 小村公次『徹底検証・日本の軍歌 : 戦争の時代と音楽』学習の友社、2011年3月、pp.132-135。ISBN 978-4-7617-0671-5
  • 小川和佑『唱歌・讃美歌・軍歌の始源』アーツアンドクラフツ、2005年10月、p.85。ISBN 4-901592-30-0