メインメニューを開く

雷神

日本の民間信仰や神道における雷の神
雷神図(尾形光琳

雷神(らいじん、いかづちのかみ)は、日本民間信仰神道におけるである。「雷様(かみなりさま)」「雷電様(らいでんさま)」「鳴神(なるかみ)」「雷公(らいこう)」とも呼ばれる。

神話編集

古事記』に記された神話の中では、火之迦具土神を生んだ事で女陰を焼いて死んだ妻の伊邪那美命を追って伊邪那岐命黄泉の国に下った際、伊邪那美命は黄泉の国の食物を食べた事により出る事が出来ないと伊邪那岐命に応じた。しかし自分を追って黄泉まで来た伊邪那岐命の願いを叶え地上に戻るために黄泉の神に談判すると御殿に戻った。その後に何時まで経っても戻られぬ伊邪那美命の事が気になり、伊邪那岐命は櫛の歯に火を点けて御殿に入った。

そこで伊邪那岐命は、体にが集かり、頭に大雷神、胸に火雷神、腹に黒雷神、女陰に咲(裂)雷神、左手に若雷神、右手に土雷神、左足に鳴雷神、右足に伏雷神の8柱の雷神(火雷大神)が生じている伊邪那美命の姿を見たとされる。

伊邪那美命の変わり果てた姿に恐れおののいた伊邪那岐命は黄泉の国から逃げ出したが、醜い姿を見られた伊邪那美命は恥をかかされたと黄泉の国の醜女に伊邪那岐命を追わせた。伊邪那岐命はそれを振り払ったが、伊邪那美命は今度は8柱の雷神に黄泉の軍勢を率いて追わせたとある。

民間伝承編集

 
風神と対で描かれることが多い - 風神雷神図(俵屋宗達)

菅原道真は死して天神(雷の神)になったと伝えられる。民間伝承では惧れと親しみをこめて雷神を「雷さま」と呼ぶことが多い。雷さまは落ちては人のヘソをとると言い伝えられている。日本の子供はに腹を出していると「かみなりさまがへそを取りにくるよ」と周りの大人から脅かされる[1]

雷さまから逃れるための方法は、蚊帳に逃げ込む、桑原(くわばら:菅原道真の亡霊が雷さまとなり、都に被害をもたらしたが、道真の領地の桑原には雷が落ちなかったと言う伝承から由来)と唱える、などが伝えられる。

対になる存在としては風神が挙げられる。

日本書紀推古天皇26年条には、天皇の命で船を造るため、安芸国において船材を探しに、山に入ったところ、良い材があっため、切ろうとしたが、ある人が「雷神の宿る木ゆえ、切ってはならない」といって止められるも、天皇の命ゆえといって、強行して切ったところ、大雨となり、落雷が起き、その後、天皇の民を犯すのは恥だぞといって雷神を鎮めると、小さな魚となった雷神が木の股に挟まれていたため、焼魚にして食べたという話が記述されている。

姿かたち編集

 
右上に風袋を掲げた風神、左上にリング状に太鼓を並べた雷神の姿形が見える。(6世紀、敦煌莫高窟 第249窟)

日本では俵屋宗達風神雷神図(屏風)を代表例に、雷さまはの様態で、を持ちふんどしを締め、太鼓(雷鼓)を打ち鳴らす姿が馴染み深い。この姿は鬼門=丑寅:うしとら)の連想から由来する。雷が落ちる時「雷獣」という怪獣が落ちてくるともいう。 大津絵のなかでは雷さまは雲の上から落としてしまった太鼓を鉤で釣り上げようとするなどユーモラスに描かれている。

寺社の祭神編集

 
雷神(英一蝶・画)

歴史・文学の中の雷神編集

  • 古事記:建御雷神ほか
  • 季語:雷神は 「雷」「霹靂神(はたたがみ)」「雷鳴」などと同じく「晩夏」の季語である。
  • 能「雷電」は後シテが雷神である。
  • 歌舞伎演目の「鳴神(なるかみ)」は「雷神不動北山桜(なるかみふどうきたやまざくら)」の一部

世界の雷神編集

シュメールイシュクルシュメール語: 𒀭𒅎または𒀭𒉎または𒀭𒅏 - DIM - Ishkur)、アッカドアダド英語版アッカド語: Adad)、ウガリットハッドゥ英語版ウガリット語: 𐎅𐎄𐎆 - hdw [haddu])、カナン/古代エジプトバアルヒッタイトen:Teshub/インドラヴェーダの宗教/ゾロアスター教/バラモン教/ヒンドゥー教インドラギリシア神話ゼウスローマ神話ユーピテル北欧神話トールなど、世界各地の神話に「雷の神」が現れる。

アイヌ文化では龍と雷は同一視されるため、雷神と龍神は同一の存在とされる。アイヌ民族の祖とされるアイヌラックルの父親カンナカムイも雷神であり龍神とされる。

中国では雷公(Lei Gong)、雷師、雷祖などと呼ばれている。(en:List of thunder gods)

脚注編集

  1. ^ ヘソを取られるという俗信が何から生じたものかは不明である。一説では雷に打たれて死んだ遺体は臍のあたりがあたかも奪い取られたように真っ黒に焼け爛れることから、こうした伝承が生じたといわれている。また別の説では、寒冷前線による雷雨の場合、前線通過後、気温が急激に下がることが多い。このとき子供が腹を出していると、下痢を起こしやすくなることから、それを戒めるためともいう。

関連項目編集