雷門助六

落語家の名跡。

雷門 助六(かみなりもん すけろく)は、落語家名跡。当代は9代目。3代目から4代目はつまびらかではない。

  • 初代雷門助六 - 後の2代目立川金馬
  • 2代目雷門助六 - 後の3代目立川金馬
  • 3代目雷門助六 - 俗称を金五郎。4代目三笑亭可楽の門下で古楽を名乗る。初代談洲楼燕枝の門下で團洲楼燕寿となるが再び4代目可楽の門下で3代目助六を経て4代目金馬となった。あだ名は「ヒョットコ」。1875年1876年の名簿には名前が出ている。若くして亡くなったらしく明治一ケタ代に没している。
  • 4代目雷門助六 - 3代目立川金馬の実子。6代目桂文治の門下で文魚となる。後の3代目古今亭志ん生が助六を襲名した後、当時横浜で塗師屋をしていたこの文魚が6代目文治を通して苦情を言い、2・3代目の墓を管理するという条件で、塗師屋をしていた文魚が4代目とし、後の3代目志ん生は5代目の助六とすることになったという記事が、雑誌『文芸倶楽部』24巻2号に残っている。
  • 5代目雷門助六 - 後の3代目古今亭志ん生

6代目編集

6代目 雷門かみなりもん 助六すけろく
本名 青木 鏡太郎
生年月日 1882年9月9日
没年月日 (1934-05-06) 1934年5月6日(51歳没)
出身地   日本・東京
師匠 4代目柳亭左楽
3代目古今亭志ん生
名跡 1. 柳亭左太郎(1897年 - 1902年)
2. 柳亭左市(1902年 - 1904年)
3. 3代目都家歌六(1904年 - 1910年)
4. 6代目雷門助六(1910年 - 1933年)
活動期間 1897年 - 1933年
家族 8代目雷門助六(息子)

6代目雷門 助六1882年9月9日 - 1934年5月6日)は、東京出身の落語家。本名は青木 鏡太郎。8代目助六は弟子で実子。

  • 東京本郷の生まれ。
  • 生家は水戸徳川家直属の請負師。
  • 一時沼津に住む。
  • 学校を出てすぐ11歳で伯父の草履屋に奉公に出ていたがまともに勤まらなかった。
  • 15歳の1897年ごろに母の弟であった4代目柳亭左楽(オットセイの左楽)の門下に入って左太郎となる。
  • 約5年ほど前座修行を経て1902年に二つ目で左市に改名する。
  • 1904年、5代目助六(後の3代目志ん生)門下に移って3代目都家歌六の名で真打に昇進する。
  • その後日露戦争に従軍したが復員。
  • 明治の末には上方にも出向いた。

兄弟子に後の4代目古今亭志ん生(当時:雷門小助六)がいた。本来この小助六が助六の名跡を継ぐべきところであるが、歌六は小助六に金二十円を支払って助六を名乗る権利を譲ってもらい、1910年12月に晴れて6代目助六となった。

関東大震災被災後は一時下谷佐竹通りに寄席「六三亭」を経営。1933年に引退を表明。引退興行名目で地方を巡業中に静岡入道館出演中に行われた地元新聞社主催の仮装大会出演のためにで着替え準備直後に脳出血に倒れ入院、そのまま意識を回復することなく亡くなった。満51歳没。墓所は杉並区立法寺。戒名は「本覚院法音日鏡居士」。

非常に艶福家で常に4、5人の女性を連れていて自宅はほとんど帰らなかったという、実子の8代目助六も幼いころほとんど一緒に遊んでもらった記憶がないという。

弟子編集

7代目編集

7代目 雷門かみなりもん 助六すけろく
本名 島岡 大助
生年月日 1899年11月24日
没年月日 (1961-11-19) 1961年11月19日(61歳没)
出身地   日本・東京
師匠 6代目春風亭柳枝
2代目三遊亭金馬
柳家金語楼
名跡 1. 春風亭遊枝
(時期不明)
2. 三遊亭金六
(? - 1922年)
3. 三遊亭金賀
(1922年 - 1924年)
4. 三遊亭小金馬
(1924年 - 1928年)
5. 柳家重楼(1928年)

6. 曲亭馬きん
(1928年 - ?)
7. 春風亭梅橋
(1940年 - 1942年)
8. 7代目雷門助六
(1942年 - 1961年)
出囃子 三下り鞨鼓
活動期間 ? - 1961年
家族 鏡味小次郎(息子)

7代目雷門 助六1899年11月24日 - 1961年11月19日)は、落語家。本名は島岡 大助出囃子は『三下り鞨鼓』。

晩年は横浜中心に独演会で活躍。また芸能斡旋をする興行師のようなこともした。一時池坊の華道の指南で生計を立てていた時期もある。

1961年に死去。満61歳没。

実の息子は太神楽鏡味小次郎である。

8代目編集

画像提供依頼:顔写真の画像提供をお願いします。2014年9月
8代目 雷門かみなりもん 助六すけろく
 
紋の杏葉牡丹
本名 岩田いわた 喜多二きたじ
生年月日 1907年4月22日
没年月日 (1991-10-11) 1991年10月11日(84歳没)
出身地   日本東京都
師匠 6代目雷門助六
5代目柳亭左楽
弟子 9代目雷門助六
4代目春雨や雷蔵
2代目雷門福助
雷門喜助ほか
名跡 1. 雷門小助六
(1912年 - 1921年)
2. 睦の五郎
(1921年 - 1928年)
3. 初代雷門五郎
(1928年 - 1962年)
4. 8代目雷門助六
(1962年 - 1991年)
出囃子 助六ばやし
活動期間 1912年 - 1991年
家族 6代目雷門助六(父)
9代目雷門助六(養子)
所属 日本芸術協会→落語芸術協会
受賞歴
勲五等双光旭日章(1981年)
文化庁芸術祭賞(1986年)

8代目雷門 助六1907年4月22日 - 1991年10月11日)は、東京都本郷出身の落語家喜劇役者。本名は岩田いわた 喜多二きたじ。旧姓は青木。出囃子は『助六ばやし』。愛称は「六さん」。

父は6代目雷門助六。5歳だった1912年から父の門下で小助六の名で人形町末広で初舞台、以降小噺やかっぽれで舞台に立った。

1917年には5代目柳亭左楽の門人となり、小学校の頃は一時中断していた時期もあったが1921年10月には16歳の若さながら睦の五郎の名で真打に昇進。この時睦ノ太郎睦の三郎とで若手三羽烏として売り出される。

1928年には父6代目が睦会を脱退し独立した際、自身は睦の五郎を返上し雷門五郎に改名する。このころ初代三遊亭歌奴柳亭芝楽6代目橘家圓蔵ら若手真打5人を集めて「五大力の会」を結成。

1934年に父の死去に伴い落語を離れ軽演劇に傾倒し「五郎ショウ」を結成し浅草などの劇場に進出。1937年ごろに雷門五郎劇団を結成、大阪にも進出、大阪では新興キネマ演芸部所属であった、戦中戦後は寄席を離れ軽演劇の一座を率いて全国を巡業。浅草松竹演芸場などを中心に喜劇役者として活躍した。1944年応召され1946年に復員し復帰。1959年より短期間ながら吉本新喜劇の座長として出演した。

1956年7月には8代目桂文楽の斡旋で落語に復帰、落語芸術協会(当時・日本芸術協会)に加入し、寄席に復帰した。1962年10月に父の名8代目雷門助六を襲名し、落語に専念。東京・名古屋・岡山にまたがる雷門一門の惣領として活躍した。

「あやつり踊り」「かっぽれ」「人形ばなし(二人羽織)」「住吉踊り」「松づくし」など踊りを中心とした寄席芸を確立した。

得意ネタは『長短』『虱茶屋』『片棒』『仕立ておろし』『宮戸川』など。

1981年に勲五等双光旭日章受章。1986年文化庁芸術祭賞受賞。

晩年は膝を悪くして正座が出来なくなったため、前に釈台を置き、胡坐で演じていた。

1991年10月11日、大腸がんのため死去。満84歳没。明治生まれで現役では最後の落語家だった。(4代目古今亭志ん好は健在だが高座は引退していた)

弟子編集

9代目編集

9代目 雷門かみなりもん 助六すけろく
 
紋の杏葉牡丹
本名 岩田いわた 孝允たかまさ
生年月日 (1947-01-13) 1947年1月13日(73歳)
出身地   日本神奈川県横浜市
師匠 8代目雷門助六
弟子 3代目雷門小助六
雷門音助
名跡 1. 初代雷門花助
(1965年 - 1981年)
2. 2代目雷門五郎
(1981年 - 1996年)
3. 9代目雷門助六
(1996年 - )
出囃子 助六ばやし
活動期間 1965年 -
家族 8代目雷門助六(義父)
所属 日本芸術協会→落語芸術協会

9代目雷門 助六1947年1月13日 - )は、神奈川県横浜市出身の落語家落語芸術協会所属。本名、岩田いわた 孝允たかまさ。旧姓:青木、後に8代目と養子縁組して岩田姓となる)。出囃子は『助六ばやし』。

略歴編集

人物編集

  • 8代目助六の芸を受け継ぎ、「松づくし」「あやつり踊り」の第一人者である。この芸は毎年9月上席新宿末廣亭の「吉例住吉踊り」で披露される。
  • 横顔が落語芸術協会会長桂歌丸に似ている(ように見えると強弁する)ことをマクラに使っている。

弟子編集

外部リンク編集

参考文献編集

  • 諸芸懇話会、大阪芸能懇話会共編『古今東西落語家事典』平凡社ISBN 458212612X
  • 古今東西噺家紳士録